創価学会は僧侶なし、香典なし 友人葬という先端〈AERA〉

スポンサードリンク

日本人がなじんできた「お葬式のかたち」がいま激変している。従来型のお葬式ではなく、「家族葬」が広く受け入れられ、弔いの形は家から個へ――。葬儀費用の「見える化」と価格破壊は何を生むのか。AERA 8月7日号で、新しい葬式の姿と、大きく影響を受ける仏教寺院のいまを追った。

家族葬が一般的になる前から、「身内」だけの葬式にこだわってきた宗教団体がある。公称会員数827万世帯を擁する創価学会だ。学会は25年以上、「友人葬」と呼ばれる独自の葬式に取り組んでいる。

 一般的な仏教葬との最も大きな違いは、僧侶がいないこと。僧侶の代わりに、「導師」という古参の学会員が進行役を担い、遺族、親族、参列している学会員たちも一緒にお題目の「南無妙法蓮華経」を唱える。導師は創価学会の「儀典部」に所属。信仰歴が長く、教義に造詣(ぞうけい)が深く、葬儀方法を熟知しているベテランが多いという。友人葬は僧侶がいないため、お布施が必要なく、戒名もない。原則として香典も必要ないとされる。

●僧侶なし戒名なし

 友人葬がスタートしたのは1991年。創価学会が宗門の日蓮正宗から「破門」された年だ。それ以前は、学会員の葬儀は日蓮正宗式にならい、僧侶が執り行っていた。

「宗門からの破門により、『後ろ向き』な改革の結果として生まれたのが、友人葬なのです」

 創価学会に詳しいジャーナリストの山田直樹氏は言う。破門されたとはいえ、創価学会は、教義上は日蓮正宗を引きずっている。最も困ったのが、葬儀問題だった。宗門と決裂したことで、葬式では僧侶を呼ぶことができない。“苦肉の策”として生まれたのが、学会員自らが「聖職者」の代役を担う「友人葬」だったという。

 創価学会広報室は友人葬についてこう回答した。

「(友人葬のスタートは)本格的には91年ですが、一部ではそれ以前にも行われていました。香典は、ご遺族の意思を尊重しています」

 友人葬の公式ホームページにはこう記述されている。

<「葬儀で僧侶が引導文を読み上げないと成仏しない」、また「故人に戒名が必要である」という考え方は、仏教の開祖である釈尊(釈迦・仏陀)の考えにはありませんし、仏教の本義に照らして正しいものとはいえません>

<仏法では成仏はあくまでも故人の生前の信仰によるものと考えられています。創価学会は、葬儀でなによりも大切なのは故人を悼む、「まごころ」からの題目による追善回向だと考えます。そうした意味から、友人葬こそ仏法の精神にもっともかなった、仏法の本義に則った葬儀であるといえるのです>

●非学会員から相談も

 現役の学会員は、どう感じているのか。関西地方に住む学会の中堅幹部(70)はこう語る。

「友人葬は、創価学会の『まごころ』が最も表れる。故人のことを知らない人までも、地域の学会員が有志で集まって、真心をもって弔ってあげる。私は何十回も友人葬に参加していますが、いつも『爽やかでいいお葬式でした』と感謝されます」

 ときには、創価学会員以外からも、「友人葬」をやりたいという申し出があるという。

「お寺がない地域にお住まいの方、葬儀にあまりお金をかけたくない方から『学会員ではないが、友人葬をしたい』と言われるケースもある。実際、私の近所に住む非学会員の方から相談を受けたので、導師を招いて友人葬をしたのですが、300万円くらいかかるはずだった葬式代が80万円弱になったと非常に喜んでくれました。友人葬は学会に対する理解を深めてもらえる場にもなっている」(中堅幹部)

 だが、当然ながら、友人葬でも葬儀会場代などの最低限の経費はかかる。香典が必要ないというスタイルゆえ、その大半が遺族の持ち出しとなる。とはいえ、「なるべくお金をかけたくない」「家族に迷惑をかけたくない」と、派手な葬儀より、今の時代は身内の家族葬がもてはやされている。はからずも、池田大作名誉会長は91年11月12日付の「聖教新聞」でこう述べている。

<学会の友人葬は『時代を先取り』している。“先端中の先端”を行っている。その誇りを強くもって、堂々と進むべきだ>

 これぞ、先見の明というべきか。

(編集部・作田裕史)

※AERA 2017年8月7日号

 

Sponsored Link




【コメント】

日本においては、宗教というと避けがちなものです。

特に若者であればあるほどです。

しかしながら、人間が人生を送るうえで、生老病死の問題は避けられることができません。

個人的には、人は何かを信じないと生きられない生き物だと思っています。

主義主張、思想のない人間などいないということです。

キリスト教、イスラム教、仏教の世界三大宗教をはじめとした宗教だけが宗教とは言えないのです。

例えば、冷戦時代、資本主義と社会主義の2大勢力がアメリカとソ連を中心にせめぎあいを続けていました。

「資本主義が世の中をよくする」「社会主義こそ人類を幸福に導く」とそれぞれの陣営が信じ切って争いを続けていたのです。

これは、資本主義という思想、社会主義という思想のどちらが正しいのかという議論であって、キリスト教とイスラム教のどちらが正しいのか議論するのと本質的には変わらないということです。

日本人のなかにも、マルクス主義に傾倒する人もいれば、いまだ靖国神社を信じている人もいるわけです。

なだいなだ氏の書かれた「民族という名の宗教―人をまとめる原理・排除する原理 (岩波新書)」という本があります。

これを読むと、今の日本人は無宗教が多いのではなく、精神を日本民族に依存していると理解できます。

日本という国家を自分のアイデンティティ、拠り所としているわけです。

小単位でみれば、家族とか友人とか、はたまた、自分自身を信じて生きていくなんて方もいますが、この森羅万象複雑怪奇な世界を生き抜いていくうえで、自分の行動原理となる思想、哲学は必ず必要です。

友人なんか中には平気で裏切る人いますし、家族ですら自分が真に絶体絶命の場面でどういう行動を取るのか?

かといって、宗教は自分という人間を依存させ、おすがりするべきものでもありません。

日本では伝統的におすがり信仰が多く(江戸時代の幕府の政策の影響もあるでしょうが)、神社や寺も骨抜きにされ、単なる葬式宗教に成り下がってしまった経緯もあります。

ところが、世界的にみると、宗教というものは、個人の内面に変革を起こし、その変革を起こした個人個人が社会に積極的にかかわり、世の中を変えていこう流れを起こすものです。

たとえば、ドイツでは、ドイツキリスト教民主同盟という政党が政権を担っています(メルケルが首相として率いている)。

「キリスト教」という名前を冠した政党が国を治めています。

当然、政党の政策にもキリスト教の宗教哲学が反映されているわけで、それにより今のEUのけん引力ともなっています。

日本では、宗教というとアレルギーがある人が多いのですが、誰しも無意識に何を信じて生きています。

自分の生き方の中に何かしらの本尊があるということです。

今の日本の政治家を見ると、本尊は「権力」になっています。

かつての民主党議員がそうでしたが、「政治権力」に群がる輩が、なんら人生哲学もなく、日本を混乱に陥れました。

自民党の場合は、「国家神道」といって良いでしょう。

あれだけ批判されても靖国に参拝するのを見れば、思想の根底に国家神道がこびりついている感じです。

第二次世界大戦の敗戦で、天皇を神と崇める国家神道は、国を治める指導原理にはなりえないことを証明したはずなのですが、いまだに執着する人間は多いということ。

それだけ、思想の力はすごいということです。

政治家という分野で申し上げましたが、庶民の世界でも同じようなことが言えるでしょう。

公務員であれば自分の属する省庁、会社員であればその企業、自分という人間、アイデンティティを説明できるものを本尊として人生を送っています。

その日本の中でも、創価学会は、変革を起こしていると言って良いでしょう。

葬式仏教と化した寺院とは一線を画し、また、ドイツキリスト教民主同盟のように、社会を変革しようというエネルギッシュに満ちた団体です。

いまだ戒名つけるだけで100万円ぼったくるような宗教とも違います。

かつて、キリスト教の伝道師が迫害を受け続けたように、また、イスラム教も世界に広がる過程で弾圧を受けても屈しませんでした。

創価学会も仏教であり、昔も今も批判されてきたにもかかわらず広がってきた歴史があります。

批判にも屈しない思想、哲学であり、将来は、日本をよりよく変革する存在になるはずです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ