年収1,000万円 vs. 貯金1,000万円、どちらが幸せへの切符なのか

スポンサードリンク

1,000万円の大台。年収にしても貯金にしても1,000万円は多くの人が一つの目標としている数字ではないでしょうか。では、年収と貯蓄で1,000万円を達成するのはどれくらい難しいのでしょう?  今回は、それぞれどの程度の人が達成しているのかを見ていきたいと思います。

年収1,000万円超は全国に約200万人

2016年9月に国税庁より公開された「民間給与実態統計調査」によれば、1年を通じて勤務した給与所得者4,794万人のうち、年収が1,000万円超の人は全体の4.3%の約200万人です。

「年収が1,000万円を超えるのが200万人もいるのか!?」と意外に思うかもしれません。

ただ、該当する層が全体の約4%なので、たとえば高校時代の1クラスが50名だったとすると、その中の2人が年収1,000万円超をもらっているにすぎません。そう考えると年収1,000万円はそう簡単に達成できる水準ではないと言えるでしょう。

世帯別貯蓄の全国平均値は1,820万円

一方、貯金で1,000万円以上を実現する難易度はどれほど高いのでしょうか。

総務省が2017年5月に発表した「家計調査報告(貯蓄・負債編)」では、2人以上世帯における2016年の1世帯当たり貯蓄現在高の平均は1,820万円とされています。

「はて、みんなそんなにお金を持っているのか?」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、実はこの数字をちゃんと理解するためにはいくつか注意点があります。

まず「貯蓄」の定義には、預貯金の他に有価証券や生命保険、個人年金なども含まれています(社内預金や勤務先の共済組合などは含まず)。したがって、「貯金」と「貯蓄」が異なるということはあらかじめ認識しておきたいところです。

統計上の注意点とは

とはいえ、「株式投資等はほとんどしていないし、保険を加えても1,800万円はいかないぞ」という方も多いでしょう。

そこで2つ目の注意点ですが、統計上、平均値と中央値とは分けて理解する必要があるのです。

平均値とはデータの値の合計をデータの数で割った数字ですが、中央値というのは、データを順番に並べてちょうど真ん中にくる数値です。今回の貯蓄の「中央値」は貯蓄保有世帯で1,064万円、貯蓄「0」の世帯を含めると中央値は996万円となっています。

こう言うと、「なに?  貯蓄の中央値でも1,000万円なのか!」と驚かれるかもしれません。

ただ、最頻値と呼ばれる最もデータの数が多い層は「貯蓄100万円以下」です。「みんなそんなに持っていないでしょう?」というイメージは、おそらくこの最頻値からくるものでしょう。

年収1,000万円 vs. 貯金1,000万円、どちらの達成が難しいのか

こうしたデータからすると、年収1,000万円よりも「貯金」1,000万円の方が簡単なのでは? と思いがちですが、ここでも注意が必要です。

貯蓄水準が高いのは高齢者です。現役のビジネスパーソンではなく、60歳から69歳、70歳以上の貯蓄水準が全体を大きく引き上げています。

つまり、現役世代が資産をいきなり貯めるのは簡単ではないのです。現役世代としては、まずは年収1,000万円という目標にチャレンジするのが現実路線でしょうか。

年収1,000万円と貯金1,000万円はどちらが幸せか

ここまで見てきたように、現役世代にとってはまず年収1,000万円を達成しようと努力する中で資産形成をしていくのが第一歩ではないでしょうか。

仕事で自分が評価され、市場価値が上がるプロセスを体験・体感することには大きな充実感があるものです。ただし、収入が増えるにつれ、所得税、住民税、社会保険料も増えていきます。

年収1,000万円の満足度は、税金等の額とそれらを差し引いた手取り金額、そしてそれで実現できる生活水準など、様々な要素を考え合わせた上でのバランスに過ぎません。

年収が上昇する中で生活水準を極端に上げてしまうと、年収1,000万円をもらっていたとしても、貯金に回したり運用に向けたりする資産が残らないという残念なケースもあります。年収が1,000万円あっても、ゆとりのある生活は必ずしも保証はされていないのです。

では、貯金1,000万円の場合はどうでしょうか。

貯金が1,000万円あったら何ができるのか

資産形成をするのには、当然ながら運用する資産が必要です。ここで認識しておきたいのは、初めにそこそこの規模の運用資産がなければ、それに対するリターンには大して満足できないという点です。

たとえば、株式投資で年間に20%のリターンを上げるのは簡単ではありませんが、仮に運よく20%のパフォーマンスが出たとしましょう(ここでは手数料や税金などは考慮しません)。すると、100万円の投資なら1年のリターンが20万円、1,000万円なら200万円になります。20万円と200万円では、当然使い道も違うものになるでしょう。

「200万あっても、それだけでは生活できないぞ」という方もいると思います(一人暮らしの自分はできる、という方もいるとは思いますが)。ただ、現役世代であれば、ほとんどの場合は仕事を持っていて、そこからの所得があると思います。この所得に加えて、投資・運用で資産形成していくというのは悪い話ではありません。

株式投資以外に、住宅ローンや不動産投資の頭金にする人もいるでしょう。それによって自分の住みたい家を建てて満足度を高めることもできますし、配当収入を手にすることもできます。

このように、貯金1,000万円という水準があれば様々な資産運用に挑戦できますし、自分の生活スタイルを変えることも含めて、選択肢が増えることでしょう。

まとめにかえて

いかがでしたでしょうか。統計上の数値で年収1,000万円、貯金1,000万円をどれくらいの人が手にしているのかを見てきました。決して多くはありませんが、それらを実際に手にしている人もいます。

収入を(できれば)増やして、支出を減らし、余った分を資産形成に向ける。この基本動作を意識して個人個人で工夫する余地を増やしたいものです。

最終更新:6/16(金) 23:00
投信1

Sponsored Link





名無しさん
1日前
達成する人はどっちも達成してる。
できない人はどっちもできない。

名無しさん
1日前
貯金は基本使うしかないから減るのみ。収入なら使っても入ってくる。投資でタラレバ言ったらきりがない。当然収入1000万円の方が幸せ。これだけで言えばね。収入1000万円でもうまくいっていない人もいれば、年収300万円でもうまくいっている人もいる。一概には言えない。

名無しさん
1日前
自分は貯金1000万もないし、
年収1000万もないけど、
家族もいて、今、結構幸せ。
儲からない職業だけど、自営業で一人で楽しく出来てるし。

名無しさん
1日前
年収1000万の方が幸せやろ。貯蓄1000万って無くなるのあっという間やで。

名無しさん
1日前
20代で貯蓄1000ならすごいけど
54歳で貯蓄1000だと危険なような

名無しさん
1日前
収入も貯金も多いに越したことはないですね

名無しさん
1日前
お金があるのは余裕を生む。でも楽しいとか幸せとは別。

名無しさん
1日前
高齢者の方が貯蓄が多いのは、単純に退職金を貯蓄しているからでしょ?

名無しさん
1日前
どっちも幸せでしょ…とはならないよね。心の状態が一番大事。お金も大事だけど、心の状態が大事。ま、その為にはお金も大事かもしれないけど、まずは心身。

名無しさん
1日前
大前提はローン、奨学金、借金が0円なら両者とも幸せ
なな

名無しさん
1日前
年収1000万の方が将来的に預金を増やす事は可能ですので、収入が安定してるならその方が良いと思う。
貯金1000万なんて、家購入の頭金や子どもを大学に行かせたら消えちゃう程度です。
貯金1億ならまだしも、1000万では満足できない。

名無しさん
1日前
貯金1000万円と年収1000万円を比べるのって、無理な気がするなー。

名無しさん
1日前
貯金1000万程度では別に裕福ではない。
毎年1000万の収入がある方が良いに決まってる。

名無しさん
1日前
ジャンボ宝くじかロト6で当選して、
「働かないで年収1000万円」で30年ぐらい暮らしてみたい

名無しさん
1日前
稼ぎの多い人は浪費家の人も多いからね。
やっぱりほどほどに質素に節約しないとなかなかお金は貯まらないでしょ。

名無しさん
1日前
年収の方はどうにもなりにくいが、貯金はやりようによってはなんとかなる

名無しさん
1日前
くだらない記事。

名無しさん
1日前
年収1000万あってもパワハラで悩んでいるより、安いけどのんびりしてる市役所職員の方がいいんじゃないの?

名無しさん
1日前
生活レベルによると思うが…
桜花

名無しさん
1日前
年収1000万の方が遥かにいいだろ
信用が桁違い

Sponsored Link





名無しさん
1日前
年収1千万あれば貯蓄はすぐにできる。それで貯蓄できないようなら、1千万あってもすぐになくなる。

名無しさん
1日前
年収1000万は大手企業社員ならザラ。
私の周りにもウヨウヨいる。
だから特別高給取りには見えないんだよね‥
結構みんな子供の学費でヒーヒー言ってるし。

名無しさん
23時間前
貯金1千万は超えてた筈なのに、子供達が高校、大学ってなってきたら、みんな大学卒業する頃はほとんどなくなりそう・・・。また一から老後資金貯めなくちゃです。

名無しさん
21時間前
貯金はしようと思えば誰でもできる。
年収を上げるのは誰でもできることじゃないと思う。

名無しさん
23時間前
昨年1000万超えたけど、700万の頃とあんまり変わらない。

名無しさん
23時間前
年収1000万円あっても、貯められない人はあるだけ使ってしまう。
1000万円貯金できる人なら、今後も堅実に蓄えができる。
そして1000万円貯金できるなら、収入もそれなりにあるはず。

名無しさん
1日前
年収や預貯金が幸せへの切符ねぇ…。
そのスゴイ切符で乗った特急列車が、ぎゅうぎゅうの満員で、終点まで長く孤独に息苦しさに耐え、早く旅よ終われと願うはめになるかもしれない。
安い鈍行の切符だけど、大切な人と共に乗り様々な景色をみながら終点まで心から楽しめるかもしれない。
お金(幸せへの切符)はあると良いけれど、
目指す駅、乗る路線、自身の受け止め方などにも寄るのではないかと思います。

名無しさん
1日前
どちらも幸せですやん
har*****

名無しさん
22時間前
一般人が株でコンスタントに年間20%のリターンなんてあり得ない。

名無しさん
1日前
貯金1000万作って、やっとスタート地点。年収1000万は住んでる地域、クラスによって価値観が違いすぎる。

名無しさん
1日前
幸せとは何もこの2択ではないよ。
どちらも達成しても幸せを感じられない人もいれば、どちらにも満たなくても幸せに暮らしている人もいる。

名無しさん
1日前
なんとも不毛な内容の記事だな。

名無しさん
12時間前
年収も貯金もないが、少しわがままだが素直な奥さんと結婚できて幸せだ。
頑張って少しでも多く給料もらおう。

名無しさん
15時間前
年収1000万オーバーより年収600~800万の方が幸福度は高いです。毎月の税金年金社会保険が半端なく引かれ手取りは全然増えない。負のスパイラル状態。

名無しさん
1日前
年収だって、家族構成にもよるし、大学生2人いたら、1000万でもたいへんだわ。だから、意味ないない記事ですね、

名無しさん
1日前
捻出1000万円あったとしても30パーセントくらいは税金でもってかれるし、結局、あまり贅沢はできない。
普段はユニクロ。
1年に1回程度贅沢できるくらい。
普段はみんなと同じ。

名無しさん
1日前
貯蓄1000万の方が圧倒的に簡単
使わなきゃ貯まるんだから
持ち家独身で普通の収入があれば5年もあれば達成できる
ak**mk**

名無しさん
14時間前
私は両方達成してるから言うけど、両方共に気を付けないとアカン事がある。
まず年収、私の場合は仕事より家族との時間を最優先にしてるからエエけど、年収が高ければ高いほど仕事や付き合いでどんどん時間を割かれる。当然無駄遣いも増える。自分のペースで仕事するのはホンマに難しいで。
次に貯蓄、がむしゃらに貯めれべば大した額やない。けどね、使うこと遊ぶ事を我慢して貯めても全く意味がない。何故か?思いでの貯蓄は0になるし、お金の使い方を知らない人になってまう。即ち、つまらない人生と、お金を使う時は無駄遣いしてまうって事や。
私は言い切りたい、幸せや思いでの貯蓄の方が絶対に大事やとね。

名無しさん
23時間前
年収1000万でちゃんとしてる奴は資産も1000万どころじゃないでしょ、根本的に比較対象がおかしい。

名無しさん
15時間前
幸せへの切符にはならないね
第一この数字を一度でも達成したことがある人なら誰でも分かる
幸せへの切符にはならないのだよ
大事なことは年収1000万円なり貯金1000万を続けること
10年以上続けることが出来れば幸せになれるんじゃないか
ただ幸せはお金では買えないけどな

名無しさん
1日前
年収1000万円でしょう。貯金1000万円ぐらいでは幸せになんかなれない。ただし、お金で買えない幸せもあるわけで、どっちを得ても幸せになれないこともある。

名無しさん
1日前
これvsで語る必要あるのか。

名無しさん
1日前
貯金は可能。節約癖があればね。

名無しさん
1日前
この記事はどちらが幸せか?ではなく
どちらが金を増やせるか?ですね。
だいたい人の幸せは、人それぞれですからね。
他人には計りようがない。

Sponsored Link





名無しさん
1日前
財産や収入より、心の満足度が決め手。
お金が有れば不便な生活は免れるが、楽しいや幸せは、金で買えないからね。
貧乏でも幸せな人もいれば、大金持ちでも、不幸な人もいるし。

名無しさん
23時間前
貯金は無いけど貯金のつもりで個人年金に入ってるから
60歳になったら1800万はゲット出来る。
atu*****

名無しさん
13時間前
2年で達成できる。ただし、幸せは金ではない。貯蓄がなくても生活保護費で十分幸福な人は多い。愚問。

名無しさん
14時間前
年収1000万円の貯金300万円or年収300万円の貯金1000万円だと婚活市場でモテるのは前者

名無しさん
12時間前
貯金もあり、収入もあり、自分の時間もあってこその幸せ。

名無しさん
23時間前
発信元が発信元なだけに、どちらも積極的に投資しましょうってことになるのかな。

名無しさん
14時間前
比較の意味がさっぱりわからない。

名無しさん
14時間前
いつも思うが、1000万が4%だからって納得するなよ。20代が0%に近い一方で50代、男性なら10%近いんじゃないか?貯蓄だって最頻値が100万って下ばかり見るとか。
上を見ろよ。

名無しさん
16時間前
貯金1000万vs貯金0で生活保護受給の方が知りたい

名無しさん
13時間前
一概にはいえない

名無しさん
5時間前
大手企業、マスコミ、官僚、議員、医者、弁護士等なら年収1000万なんてゆうに超えてる人なんてザラだろうね。庶民だと簡単ではない。
ただ高給取りでも節制できない人はいつまで経っても貯金なんてできない。
blowjob

名無しさん
7時間前
自分はアラサーで年収300万。貯金は1、000万円超えてるけど一ミリも幸せを感じない。

名無しさん
23時間前
しょせん幸せは金では買えんけどな。
1000万の収入が永遠続く保証はないし
ほんで会社が永遠続く保証もない。
貯蓄にしても貯めるだけでは能がない。
質問が幼稚すぎ。


名無しさん
4時間前
1000万で激務より700万くらいでまったり働きたいな。
奥さんがパートしてくれたら余裕もあるだろうし。

名無しさん
6時間前
一クラス50名、っていつの時代ですか?
しかし、年収1、000万が全体の4.3%って、思ったより少ない。

名無しさん
21時間前
貯金10百万円なんてそんなに対した額じゃ無いでしょ、
あたりまえに年収10百万円の方が大変ですよ!
それと、高齢者がお金持ちなのは金利が7%とか今からすれば夢のような高金利が長く続いたからだよ、貯金しとけば10年で約2倍になったんだから、なのでいまの若い人は高齢者になっても金持ちにはなれないことを覚悟するべき。

名無しさん
11時間前
びんぼー人はびんぼーな人と結婚してびんぼーを維持する。
これ、貧乏保存の法則。

名無しさん
13時間前
仕事だけの年収1000万は基本的に無理
貯金1000万は浪費をしなければ貯められる

名無しさん
15時間前
老後の年金額考えたら1000万じゃないの?
まあ貰えるまで生きてりゃの話だけど笑

名無しさん
10時間前
どっちも達成すればいいんじゃない?
Ara*****

名無しさん
10時間前
どっちも達成すればいいんじゃない?

名無しさん
12時間前
残業少なくしっかり休み取れる年収1000なら幸せだろうな
そんなのごく一部だろう

名無しさん
14時間前
どちらもほど遠いが、休日前の珠玉の夜を楽しみに生きている

名無しさん
1日前
年収1、000万に到達するのは、サラリーマン人生の後半がおおい。
とすると、単純化して40代・50代に絞れば、発生確率は倍の8%、
すなわち12人に1人が到達できる。
さらに、パートとかそもそも高年収めざしてるわけじゃない層を
除外して考えれば、その率はもっとあがる。

名無しさん
23時間前
年収1000万をどう稼いでいるかだな。
1億時点で一抜け前提と、磨耗しまくりで10年1000万とでも違うし、
カス議員みたいにヘラヘラで3000万とかイレギュラーがあるから日本の金の価値は難しいよなw
健康をある程度失っても、金で完全復活出来るならまた金の価値感は変わるだろうがな。

名無しさん
17時間前
話が小さすぎて心が貧しくなるな
大衆にたかが1000万円をグレートだと思わせたいのか?

名無しさん
1日前
年収一千万超えて貯金も一千万超えたけどお金の使い方がわからん…
気づいた時には貯まってたから今からも気にしない。

名無しさん
14時間前
なんで1000万なのか?
1億以上もってても
一人身で不幸そうな人間知ってるしなあ~
結局、金なんぞ道具でしかないんやから
その人が って話やろ?

Sponsored Link





名無しさん
15時間前
その考えを持っている方々、そういう愚かな視点からの価値観を広めようとする方々の心では、一生幸せは掴めないのです。
そのお金を他のために、活かせるようになった時幸せが訪れるでしょう。
他を贅沢散漫させる為ではありませんよ。
「他を助ける為」にです。
たくさんのお金を持っていても、何故幸せになれないのか。
それは、そのお金の使い方によっては、魂の波動をどんどん下げてしまうからです。
あとは、負の因果というものがありまして、お金の余裕がある時に、贅を尽くしていると、気づけない場合、必ず未来に、「お金で苦しむ」ことになるからです。
物的なことでは、本当の幸せは掴めませんが、たくさんのお金を所持している場合は、「どう活かすのか」しっかり考えて、きちっとすることです。
///

名無しさん
5時間前
価値観の問題。年収と貯金に絞った幸せの議論自体、意味がない。

名無しさん
16時間前
では、逆に他の96%の大半は、別のものに幸せを感じられる人達でしょう。

名無しさん
8時間前
貯金1000万円なんて幸せにはほど遠い。

名無しさん
13時間前
貯めたいです

名無しさん
9時間前
月15万で雇われてる身からすれば、どうすればどちらも想像できない。お金が欲しいな

名無しさん
12時間前
幸せの定義が無いから測れない。
そんなことも、分らない記者

名無しさん
23時間前
だからなんだっけ?

名無しさん
11時間前
個人自営業
申告年収1000あっても経費引いたらなんも残らん

名無しさん
4時間前
年収1000万円以上の人のコメントが少なくて草
tak*****

名無しさん
5時間前
食費以外ほとんど使わないから年収1000万なら一年で貯金1000万になる

名無しさん
1日前
貯金一千万ってたいしたことない。一年300万貯めればすぐ。

名無しさん
11時間前
年収1000万円を目指そうとかかれてるけど、4%しかいないことでも分かるように、自営業とか超一流企業にいるとか一部の特殊な人しかもともと達成出来ない
でも貯金は頑張れば1億円までは一代で貯められるからね
年収1000万円と貯金1億円ならようやく対等に比較できるものかなって思う
この記事を書いた人はもう少し一般的なことを言うべきだと思う

名無しさん
6時間前
自分の場合は貯金で1300万あるけど、40前半にしてもうすぐ無職になる予感。。。
1300万で何ができるんやろ。

名無しさん
1日前
都会の方の方が年収1000万超えは多いだろうな
田舎はそんなおらん
医者くらい

名無しさん
6時間前
貯金だけだったら、使えば減る一方じゃないの?

名無しさん
1時間前
貧乏人は大変ですね

名無しさん
2時間前
今の世の中、今がどうであるか?
なんて事に意味があるとは思えませんが?
例え、今億を持っていても、騙されたり、投資商品の損失が多額になったり、預けていた銀行が破綻したりと、食い潰すのはあっという間でしょう。
逆に言えば、そういう事に拘っていても、不安の解消は、一生見えて来ないという事です。

名無しさん
12時間前
とてもプロが書いた記事は思えんわ(笑)

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ