爆上げ日経平均、移動平均乖離率5.5%でも過熱感なし!

スポンサードリンク

フランス大統領選挙でマクロン氏が勝利したことで、リスクオンの状態が継続しています。

選挙結果を踏まえ、日経平均が爆上げしました。

予想通りで、2017年5月は20,000円台を奪取はほぼ間違いないでしょう。

今週はSQ週で、20,000円のコールの売買がものすごい。

これは、金曜を待たずして、20,000円超えを見込んでいる投資家が多いことを意味します。

そして、トランプラリー第2章はまだ始まったばかりですので、これから数週間は買いの一手で行っても問題ないかもしれません。

移動平均乖離率は5.5%と昨年のトランプラリー以来の5%台なわけですが、今回は、ラリーが始まってまだ2週間程度ですから、今後の日経平均の上昇に期待したいところです。

夜間の現時点でも、日経先物225はほとんど下げていません。

というよりも上げたくて仕方がないような動きを見せています。

GW前に買いそびれた方も、明日は買わないと「押し目待ちに押し目なし」という状態になると思います。

今日買えなかった時点でその可能性もありますが、これからトランプラリー第2章が始まると思えば、今週早い段階で仕込んでしまえばよろしいかと思います。

ここで、好材料が出れば、一気に20,000円を達成してしまいますので、買う場合は早い方がよいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ