日経平均23,900円へ、2017年5月はバイ・イン・メイ

スポンサードリンク

フランス大統領選挙の第1回目が終了した後、市場はリスクオンに入っています。

4月14日(金)の日経平均は18,335円でした。

その後、選挙結果を受け、急激に日経平均は上がり始めます。

4月17日の週 18,620円

4月24日の週 19,162円

5月1日の週 19,720円(5月5日(金)CMEの金額)

3週間あまりで、日経平均は1,400円も上がっていることになります。

このペースでいきますと、1週間で約500円上げると見込んで、

5月8日の週 20,220円

5月15日の週 20,720円

5月22日の週 21,220円

6月の末ごろには、23,900円に上がるということです。

ゲンダイの記事ですが、

「1ドル=115円、PER17倍だと、日経平均はナント、2万3900円まで駆け上がる。現状より4000~5000円高い水準だ。GW明けこそ、安値で買える最後のチャンスかもしれない。」

とあります。

5月8日(月)の週が仕込みとしては、最後のねらい目かもしれませんが、銘柄選びは慎重にいきたいところです。

S&Pも堅調な雇用統計を受け、過去最高を更新しました。

4月半ばから始まったトランプラリー第2章ともいうべき株価の上昇は5、6月に本格的に始まるのかもしれません。

日経平均23,900円へ、2017年5月はバイ・イン・メイを合言葉に投資を。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ