「過労」はサイレントキラー 体力がある人ほど注意?

スポンサードリンク

花の香りに風ぬるむ今日このごろ、皆さまの心と身体はお元気でしょうか? 精神科医の奥田弘美です。今日は前回の「危険な『睡眠不足』 こんな兆候は要注意!」に引き続き、長時間労働をテーマにお話ししたいと思います。

 前回は、長時間労働によって睡眠不足が続くと睡眠の負債(借金)がたまり始めるとともに、パフォーマンスの低下やアクシデントの原因になることを主に話しました。また良質な睡眠をとって疲労を回復させるためには、正味の睡眠時間だけではなく、心身の緊張を解きスローダウンする時間が重要であることについてもお伝えしました。

 実は我が国の労働法には、このような睡眠をはじめとする医学的知見も加味されていることはご存じでしょうか?

 俗に36(サブロク)協定といわれる「時間外・休日労働に関する協定届」があります。これは労働基準法第36条が根拠となっている協定で、第36条では「法定労働時間(1日8時間、1週40時間)を超えて労働させる場合や、休日労働をさせる場合には、あらかじめ労使で書面による協定を締結しなければならない」と定められています。そのため雇用している労働者がたった1人であったとしても、雇用者は、法定労働時間を超えて時間外労働をさせる場合、この届け出が必須となります。あなたの職場でもきっとこの協定が締結されているはずです。

■月45時間の時間外労働が、健康を維持できる残業ライン

 この36協定さえ届け出るといくらでも残業させられるのかって? いやいやそんなことは絶対にありません。「時間外労働の限度に関する基準」(労働省告示)により、延長時間の上限がしっかり定められているのです。
・1カ月の場合は45時間
・1年の場合は360時間
というのが限度基準です。
 この36協定の月45時間以内という基準は、健康的な睡眠時間や心身をスローダウンする時間も考慮されており、精神医学上も非常によく考察された合理的な基準だと思います。

 1日24時間のうち、法定労働時間が8時間、昼休憩が1時間、そして平均的な通勤時間が1時間、食事や入浴、身支度、家族との団らんなどの生活時間を最低限で4時間とみなした場合、残りは10時間。この10時間の中で7~8時間の健康的な睡眠をとるためには、残業できる時間はおのずと1日2~3時間ほどになります。通勤に1時間以上かかる人もいるでしょうし、睡眠に8時間必要な人もいるでしょうから、万人が無理なく残業できる時間は1日2時間程度となります。つまりひと月で考えると、36協定の45時間におおむね一致するのです(※ただし、36協定に特別条項を付帯すれば月45時間を超えて年間6カ月まで時間外労働させることができます。この特別条項は、長時間労働の悪因として医学的にも非常に問題であり、早急な検討が望まれます)。

 また、脳・心臓疾患による過労死の労災認定基準については、様々な疾病の統計データから「発症前1カ月間ないし6カ月間にわたって、1カ月当たり平均45時間以内の時間外労働は発症との関連が弱いが、45時間を超えて長くなるほど関連性は強まる。発症前1カ月間に100時間、または2~6カ月間平均で80時間を超える時間外労働が認められる場合は、業務と発症との関連性が強い」などの目安が示されています[注2]。つまり月45時間の時間外労働が、医学的にも労働衛生学的にも「健康をおおむねキープして働くことができる残業ライン」と考えることができるのです。
[注2]脳・心臓疾患の労災認定 -「過労死」厚生労働省

 繰り返しますが、月45時間の時間外労働というと、単純計算では1日2時間程度の残業となります。あなたの残業時間はこの範囲で納まっているでしょうか?

 おそらく多くの方がこの45時間ラインを大幅に超えているのでは?と危惧します。2017年2月中旬、政府は「働き方改革実現会議」において、罰則付きで時間外労働の上限設定を最大で月平均60時間、年間720時間までとするなどを柱とする上限規制案を提示しました。まだまだ45時間ラインには近からずといったところですが、併せて「勤務間インターバル制」を導入した中小企業には助成金を与える制度の導入を検討しているのは良い兆しといえるでしょう。

 勤務間インターバル制というのは、時間外労働を含む1日の最終的な勤務終了時から翌日の始業時までに、一定時間のインターバル時間を設ける制度です。欧州連合(EU)加盟国ではすでに導入されていて、このインターバルを11時間としています。繁忙期で残業が多くなり深夜に帰宅したとしても、翌朝は11時まで出社しなくてもよいとなると、健康の要となる大切な睡眠時間が確保しやすくなるので、医学的にも理にかなった制度だと思います。私が担当している企業にも、ぜひ導入を検討されるようにと勧めているところです。

■睡眠負債や疲労が蓄積すると、体はどうなる?

 さて睡眠負債と疲労に話を戻しますが、長時間労働が続いてスローダウンの時間が消失し、睡眠の負債がどんどん蓄積していくと、当然ながら体にも心にも疲れがどんどんたまってきます。

 この疲れの蓄積、すなわち「過労」は非常に怖い健康被害を生み出します。医学知見に私の産業医としての経験も加味しながら、その恐ろしい健康被害を列挙してみたいと思います。

 まず疲労がたまり始めると、初期症状として次のような状態が現れやすくなります。

【疲労がたまったときの初期症状】

○夜遅くに食事をとるようになると、睡眠が浅くなるため朝の寝覚めが悪くなる。また、朝に胃もたれが残り朝食を抜きがちとなるため、午前中の仕事の能率が落ち始める。
○疲れのため代謝が悪くなり、体の重だるさが連日とれなくなってくる。
○記憶力・ヒラメキ力が低下する。機転が利かなくなる。そのためうっかりミスや初動の遅れが出始める。
○精神状態が不安定となりイライラや不安が高じやすくなり、仕事やプライベートの人間関係がぎくしゃくしてくる。
○夜になっても仕事のことが頭から離れなくなり、寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなって夜に何度も起きたりと睡眠の質が劣化し始める。

 さらに疲労の蓄積が長期間にわたって高じていくと、次のような深刻な症状が表れます。

【疲労が長期にわたって続いた場合の症状】

○全身倦怠感がひどくなり、頭も体もボーっとして思うように働かなくなる。仕事の効率は大幅に低下する。また大小様々なミスや人間関係トラブルがしばしば発生する。
○食事を楽しむ気力がなくなり、食欲が低下してやせてくる。
○免疫機能が低下し、風邪や感染症にかかりやすくなる。
  →長期的にはがんを発症しやすくなる。
○糖尿病、高血圧、心臓病、脳血管障害になるリスクが高まる。
  →最悪の場合は過労死。
○自律神経の働きが崩れ、動悸(どうき)、めまい、胃腸障害など体調不良が本格化してくる。
○正常な思考力、判断力が低下し前向きな発想ができなくなる。本格的な不眠症やうつ病が発生する。
  →最悪の場合は自殺。

 このように疲労の蓄積がもたらす恐ろしい悪影響は枚挙にいとまがありません。しかもこれは男女の別なく、誰にでも起こり得るれっきとした医学的な事実なのです。

■過労は「サイレントキラー」

 さらに恐ろしいことに、過労はいわば「サイレントキラー」です。本人が気付かないままじわりじわりと疲れが蓄積していき、元来が丈夫で健康な人ほど決定的な症状が出てくるまで時間がかかります。そのためぎりぎりの状態になるまで気付かない人も多く、実際、過重労働面談をしていると、体力や気力がなまじある男性ほど、先述の過労の初期症状が起こっていても無頓着でまったく気付いていないとことがよくあります。

 そして最も怖いのが「過労死」です。疲労が高度に蓄積すると、何の持病も持っていなかったはずの人が急に不整脈、心筋梗塞や脳出血、脳梗塞といった致命的な病気を発病して頓死してしまうことがあるのです。

 そんな事態を防ぐためには、働く人自身のセルフケアだけではなく、経営者や管理者の安全配慮に対する意識改革が大変重要になってきます。次回は主に経営者や管理者が知っておかねばならない重要事項についてお伝えしたいと思います。
奥田弘美 精神科医(精神保健指定医)・産業医・作家。1992年山口大学医学部卒。精神科臨床および都内18カ所の産業医として日々多くの働く人のメンタルケア・ヘルスケアに関わっている。執筆活動にも力を入れており「1分間どこでもマインドフルネス」(日本能率協会マネジメントセンター)、「一流の人はなぜ眠りが深いのか」(三笠書房)など著書多数。日本マインドフルネス普及協会を立ち上げ、日本人にあったマインドフルネス瞑想(めいそう)の普及も行っている。

(引用元)NIKKEI STYLE 3/28(火) 7:47配信

Sponsored Link






2017/03/28 08:47
経営者は、駒はいくらでもある!って感覚だな

名無しさん
2017/03/28 08:52
経営者は、駒はいくらでもあるって感覚やね。

名無しさん
2017/03/28 09:02
好きで残業してる人もいるから厄介。何か、その人の頑張りを基準に評価されやしないかと思うと、居心地が悪い。

名無しさん
2017/03/28 09:09
一度心が折れると元に戻らない

名無しさん
2017/03/28 09:12
日本が生み出した言葉「過労死」。
働くことが正義だった時代から、ちょっとずつ変わってきている。
現代は無理なく働くのが、一番心にも身体にも良いのではないでしょうか。
もちろん、それができずに悩んでいる人が多いからこそ、過労死なんてものもあるんでしょうけどね・・・。
難しい問題です。

名無しさん
2017/03/28 09:03
理屈はよく分かるが、現実はそんなに簡単ではない。職を失っては元も子もないのが正直なところです

名無しさん
2017/03/28 08:58
怖いところはゆっくりでなく急にくるってこと

名無しさん
2017/03/28 08:54
しかも体調不良があるのに検査で異常がないと精神病にされるのが今の医療
医者は機械に頼りすぎだし過信しすぎ

名無しさん
2017/03/28 08:54
身体が壊れる前に、前の会社辞めて良かった。
今の会社はほとんど残業ないので。
給料は安いけどね(笑)

名無しさん
2017/03/28 09:20
ほとんどの場合はストレスが問題。
色々な圧力は仕事のパフォーマンスを低下させる。
ita*****

名無しさん
2017/03/28 10:10
多くの方はこの記事読んでもどうにもできないのが現状なのでは?

名無しさん
2017/03/28 09:14
長時間労働は嫌だな。

名無しさん
2017/03/28 09:32
私の職場は、なんとか仕事をやりくりして定時で帰ると悪口言われます。仕事してないって。
そういうこと言う人はベテランに多いです。ベテランの意識改革が必要な気がします。確かに終わらないときはやるしかないけど、なるべくなら残業したくないです。無理だけど。

名無しさん
2017/03/28 08:57
私は自営業ですが、
以前は週80時間仕事していましたが、疲労とストレスが溜まるので半分に減らしました。
心と体は休まるのですが、お小遣いが無くなり遊びに行けません。両立は難しいです。

名無しさん
2017/03/28 09:00
体力がない人はそこまで耐えられないですからね

名無しさん
2017/03/28 08:49
昭和40年代の高度成長期とどう違うのかも説明してくれよ
労働時間が伸びて成長してないってことなの?

名無しさん
2017/03/28 10:14
私も最近腰をやってしまった(運送業)知らず知らずに疲れが溜まってたんだと思う。本当に健康第一が重要です。

名無しさん
2017/03/28 09:40
有給とりたいなー

名無しさん
2017/03/28 12:24
月の超過稼働時間が45時間でも通勤時間が1~2時間の人と30分の人では、かなりの差が出ると思うんだが…
tak*****

名無しさん
2017/03/28 19:42
頑張ってる人が普通。
これが今の経営者

名無しさん
2017/03/28 09:43
どこの業界も人手不足で大変だね。

名無しさん
2017/03/28 10:16
2人働かせるより
1人を2倍働かせる方が経営者はだからな

名無しさん
2017/03/28 08:53
健康が第一だから残業なんてしないけどw

名無しさん
2017/03/28 08:57
だから100時間残業なんかは、医師や公務員と民間を一緒にするなって

名無しさん
2017/03/28 10:11
確かに若い頃はいくらでも働けるつもりでいたが
結局休日ひたすら寝て過ごしてあまり健康的では
なかったような気がする。
今は出張は多いが残業はほぼないか短いので
日々の体調管理はしやすくなったかな…

名無しさん
2017/03/28 09:47
だから法律厳しくしなきゃダメだって。残業自体が仕事の例外なのに例外の例外のそのまた例外まであるからな

名無しさん
2017/03/28 13:58
画像のパソコンが古い

名無しさん
2017/03/28 09:12
それでも働かないといけない人がいっぱい居るって事を安倍晋三に理解して貰いたい。
jel*****

名無しさん
2017/03/28 08:56
力ないものは労働力を売って生活するしかない。
無力だなぁ。

名無しさん
2017/03/28 15:44
こういう記事を何度か読んでて毎回思うのは…自分もこういう状況だわ…とわかってるけど、残業しなきゃ終わらないし、稼げない。
人それぞれ事情あると思うけど…

名無しさん
2017/03/28 09:55
これでも、残業100時間OKだなんていってる奴らがいるのがおかしい。

名無しさん
2017/03/28 09:26
これはホント思う。
何回か体調崩して初めてその違和感の正体に気づいた。

名無しさん
2017/03/28 08:54
仕事以外の生活を充実させることも大切ですね。仕事一本になるとそのエリアだけの人間としか関わらないため、責任感と視野が狭くなりがち。あとは食生活と睡眠も想像以上に心に安定をもたらします。世界はもっと広いです。

名無しさん
2017/03/28 15:15
疲れすぎで
ため息するよ!

名無しさん
2017/03/28 09:04
派遣を正社員にするべきでしょう。これには日本の未来もかかっています。

名無しさん
2017/03/28 08:45
うつや自律神経失調症自律神経失調症は、本当に怖い病気ですから。
過労は本当だめ

名無しさん
2017/03/28 08:54
残業なんかしないで自分の仕事終わらせて、
部下の仕事も手伝って帰っています。
残業しても一日30分くらい。
部下とはお互いに月に一度は有休を取ろうと
話して必ず休むようにしています。
今のところ、会社では必要らしいので・・・。
部下は30分でもちゃんと残業ついてますので。
FcatandFshid

名無しさん
2017/03/28 12:18
そんなクリーンな会社に勤めたことないから、わからない。

名無しさん
2017/03/28 12:28
世界に活躍する日本の最大の自動車メーカーのとある工場ですが、朝9時から働いて終わるのは夜中0時です。
ほぼ、最近は毎日です。残業に換算したら月に160時間ほど

名無しさん
2017/03/28 09:17
「残業する=頑張っている」、「男は平日の全てを仕事にあてるべき」と勘違いする老害がいなくなって欲しい
私のまわりにいるそういう老害は、家庭や友人や趣味のない寂しい人達ばかりです

名無しさん
2017/03/28 09:00
人口減少社会では成長はない。働いても儲からないのは当たり前。だったら適当に仕事してるフリするのがいちばん。

名無しさん
2017/03/28 10:20
時間内に職場に拘束して仮眠 休憩なんてシステムをとってる会社は違法だと思うけど。。。

名無しさん
2017/03/28 09:24
テキトーにがんばってテキトーに手を抜きましょう。

名無しさん
2017/03/28 20:38
俺はこれでうつ病になった。気をつけて!

名無しさん
2017/03/28 10:16
私は週休二日、それをもらえるならそれで十分です。

名無しさん
2017/03/28 11:21
実際、人材不足が凄まじい。
mpr*******

名無しさん
2017/03/28 11:14
一般労働者の無理で成り立っている、日本経済に未来はあるのか?

名無しさん
2017/03/28 12:51
俺はスマホの見過ぎで寝不足になってるよ。

名無しさん
2017/03/28 16:16
私の事ですね

名無しさん
2017/03/28 09:02
労働時間ばかりがクローズアップされますが、時間よりも内容、状況による事の方が大きいと思うのですが・・・

名無しさん
2017/03/28 09:26
結局のところ人間関係、労働者間でも不公平は存在する。いい人で最低限の仕事ができる人間が色々押し付けられる。仕事が出来る人間は、雑用のような仕事が割り振られないので残業も少ないんだよね。経営者にも問題はあるが、それだけじゃないよ

名無しさん
2017/03/28 09:23
正直勤勉に働くのが正義!休みなんて以ての外!って風潮をどうにかしないと始まらない
まぁ現実は人件費削る為に人員を大幅にカットしてギリギリの体制で仕事させてるんだけど
うちも有給なんで自発的に取った事はないです…今年度も15日くらい消えていきます

名無しさん
2017/03/28 16:24
長いだけで全然説得力のない記事。

名無しさん
2017/03/28 13:08
法律で決まっています!
と言っても、守っている企業なんか、無いよ!

名無しさん
2017/03/28 13:42
ちゃんと寝れてますか?
これが一番大切。
yh0*****

名無しさん
2017/03/28 10:18
残業しないと仕事が終わらない。
残業しても仕事は終わらない。
お金も出したくないのに良いサービスは受けたいという日本人の概念がサービス残業だとか非正規雇用を生み出すんだと思いますよ。
「おもてなし」はタダではいけないと思うんです。

名無しさん
2017/03/28 13:40
実際には会社側が都合よく解釈して、いかに法律をすり抜けるかの基準になっている。

名無しさん
2017/03/28 09:45
目途のたたない残業の連続に限っては、家事育児にキリがないのと同じで大変。だから逆にいえば目途がたつなら仕事や残業してる方が家事育児より楽。この記事は男目線だから自分のことだけしてればいい話だから気楽な人です。

名無しさん
2017/03/28 21:22
はい…はい…
そしてなぁ〜んにも変わらない。

名無しさん
2017/03/28 10:21
サービス業はそんなものじゃないくらい残業してるよ。勤怠きって仕事してる(笑)
とはいえもう私は限界。
異動があって本当に良かった。
給料減ってもいいから、仕事とプライベート両方両立させたい。
10年外回りは無理です。

名無しさん
2017/03/28 14:04
介護業界は駒が無いので残業当たり前、です。
そりゃ人来んわな。orz

名無しさん
2017/03/28 10:06
思い当たる節がいくつもある。
毎日仕事の夢を見るし、上司と話すのが憂鬱だ。

名無しさん
2017/03/28 12:20
大して機能しない協定より、無意味に基準やルールをこねくり回して自慰に浸っている偉いっぽい人をなんとかするとか、実際に手を動かさず外野視点の無茶振りを采配とありがたがる風潮をなんとかするとか、技術とお金があれば時間がなくても何かができあがるという、偉い人にありがちな酔った発想をなんとかするほうがいいんじゃない?

名無しさん
2017/03/28 10:29
強制労働の時代じゃあるまいし。。自営業に時間は無いし。。働いた分の報酬が見合わないからでしょ? 楽して儲けたいが先なのかな? 働き方なんて、自己責任で法律で縛る問題なの? 稼ぎたい人は?
pre*****

名無しさん
2017/03/28 08:49
気づかずに身体蝕む過重労働
今日のゆとりが明日の活力

名無しさん
2017/03/28 11:39
うつや精神障害が多い会社はろくなもんじゃない。そういうとこに働いてたけど皆気遣いもない自分勝手で同僚が怪我をしても、悪口を叩くのは普通。社会全体がそうなっていくのでは?

名無しさん
2017/03/28 08:49
私は最低7時間以上は寝ないと無理です。
8時間、

名無しさん
2017/03/28 10:25
特に、若いうちは無理が利くからねぇ。
歳とってくると、ちょっとのことでもシンドくなるから、その点は判り易いわ。

名無しさん
2017/03/28 09:53
平均的な通勤時間が1時間なんて東京では考えられない。
90分が平均ですよ、東京勤務の場合。

名無しさん
2017/03/28 10:26
都市部では、長距離通勤者が多いというのも重要なポイント。
通勤時間10分の人にとっては、
毎日3時間の残業くらいはどうってこともないだろうが、
通勤時間が片道1時間半を超えると、
毎日2時間の残業でもかなり厳しい。
というより、睡眠時間を削らざるを得ない。
実際には企業がそこまで忖度することはむりなので、
通勤時間の問題こそ
国がしっかりと監視しなくてはならない部分のはずだが、
今のところ無視されていますね。

名無しさん
2017/03/28 09:25
使われてる側は、せめて生命保険にがんばって入ろう、労災裁判で使おう。
労働の提供とは、疲弊するもの。
ギブアップは自分で決めよう。

名無しさん
2017/03/28 10:20
そもそも2交替はできないの?

名無しさん
2017/03/28 09:26
次は残業がかなり削られ給料がなくなる。
そしてまた残業させてくれる会社に人が集まる。
残業をそんなにしなくてもいいくらい給料があれば問題ないけどな。
強制サービス残業と給料の為にやむなく残業と様々あるだろうな。
kzk*****

名無しさん
2017/03/28 09:25
過労を防ぐ手だてはあっても実行できない事情がある。かつて睡眠時間が4~5時間の時が15年くらい続き、最後には帯状疱疹が3年連続してあり、全身疲労が改善されなかった。会社の都合、家庭の事情からそうせざるを得なかったのだが、自分を追い込みすぎていたと反省しています。

名無しさん
2017/03/28 11:57
ポジティブシンキングを心がけてる人も危ない。
うつ病になってからの進行も早い。

名無しさん
2017/03/28 13:40
働きすぎて体を壊したとき、会社はしばらくは気遣ってくれましたけど、本心は戻るか辞めるか早く決めてって感じでしたよ。自分の身は自分で守らないと。

名無しさん
2017/03/28 10:14
月100時間を4か月。これが私の限度だったな。
いやさ、一度体を壊すというか、下り坂に入ると一気に行くね。
これまでは、なんでそうなるまで放っておくのかと不思議だったけれど。
ありゃあ、一度転がると止められないわ。

名無しさん
2017/03/28 15:20
それに家事育児やると、残業する時間はどこにもない。

名無しさん
2017/03/28 11:25
書かれてある同じ症状が、身の上に起きました。
なまじ健康と体力に自信がありました。でも ある日突然病はやって来るのです。気を付けましょう。

名無しさん
2017/03/28 13:51
リーマンもそろそろ年俸性に変えていくべき。
当然プロ野球などと同じで、出来ない者は降格。

名無しさん
2017/03/28 09:10
過労なので記事が長すぎて読めません。

名無しさん
2017/03/28 12:41
1日4時間も寝れば良いほうだろう
ui1*****

名無しさん
2017/03/28 12:50
仕事とはいえ楽しくない残業は辞めるべきだ。仕事が楽しい人にとって月100時間なんてなんでもない。休みたい人は休んで働きたい人は働く、それでいい。一律強制するのでおかしくなる。

名無しさん
2017/03/28 11:59
大手広告代理店の下請けしてると19時とか20時とかに「これ明日の朝までにやっておいてね」って仕事を投げられることが多々あった。
受けないと取引辞めるって脅されるし、徹夜せざるを得ないんだよね。

名無しさん
2017/03/28 09:01
輸送関係は除外されてますが

名無しさん
2017/03/29 00:05
この記事を上長に読んで欲しいと思っている人、けっこういるだろうな。
私は働きすぎて自分の名前を忘れたことがあった。

名無しさん
2017/03/28 12:39
突然、体が動かなくなったときは焦った。

名無しさん
2017/03/28 09:12
当の医師が守ってないじゃん。
俺は仕事したいし。65歳くらいでぽっくり逝きたい。

名無しさん
2017/03/28 15:50
前の仕事の時は、寝たら次の日が来てしまうから寝るのが怖かった。だから毎日寝落ちで、疲れなんて取れるわけもなく、仕事の効率は悪かったな。
今思うと、軽い鬱病だったのだろう。

名無しさん
2017/03/28 15:34
変形定時はどうなる?オンシーズンなんて毎日10時間働いても残業付かないよ。

名無しさん
2017/03/28 09:49
誰だって残業なんてしたくないよ。
lok*****

名無しさん
2017/03/28 15:51
バーテンダー見習いです。毎日12~13時間働くことに疑問を持ち始めてます。目にクマができ、朝は不安で目が覚め、夜はメシ食べて寝る。そんな毎日です。修行10年と言われましたが、身体が持つ気がしません。ここで辞めたらどうせ根性無しとか言われるんでしょうけど、しんどいです。

名無しさん
2017/03/28 15:50
経営者は社員=人件費としか考えてないよ。

名無しさん
2017/03/28 20:55
クロージングがマインドフルネスかよw

名無しさん
2017/03/28 09:00
我々は所詮、歩ということですかね…

名無しさん
2017/03/28 09:50
一応確認はしてるがほぼ36協定結んであったけど、労働者代表がなぜか会社よりの人間になってたw

名無しさん
2017/03/28 09:56
先週忙しくて、気がついたら帯状疱疹・・・
初めてのことでびっくりした・・・

名無しさん
2017/03/28 09:23
3~40年前までは週休二日制も一部にしかなく、休日は日曜だけなんて職種はザラだった。
当時が良かった悪かったは別にして、現代と比べ物にならないくらい労働時間は多かったと思うんだが、あの頃と何が違うんだろう?

名無しさん
2017/03/28 16:36
何度も経営陣に社員の半分近くが過労働だと伝えて
策を練って欲しいと伝えていても
一向に改善されない。
総務のトップは自分には関係ないと思っているし
会社のトップは自分たちの業界は仕方ないと言う。
平社員の自分にはこれ以上はどうにも出来ない。
労働基準監督署も何かおきなければ動かない。
社員は社畜なんだろうね。

名無しさん
2017/03/28 11:29
残業代っていうその場の金額を取るか、健康損ねて将来払わなきゃならなくなる出費を抑えられるように健康を維持できるくらいの仕事量でこなすか・・・好きで残業している人ってなんなの?これみよがしにこんなに残業してますってアピール。時間内で仕事終えられる人の能力の高さを評価する必要があるのではないでしょうか?
kan*****

名無しさん
2017/03/28 10:34
長文読むのに疲労した

名無しさん
2017/03/28 22:39
ろくな仕事もできない奴も権利を主張出来るいい世の中になったね

名無しさん
2017/03/28 08:46
ワークシェアリングが生かされていないのもあるだろう。

名無しさん
2017/03/28 10:19
36協定なんかあってないような物。
それ以上に働かされている方はクリック!

名無しさん
2017/03/28 11:19
経営者は働く人達のことは考えず、数字しか見えてない。改善して行かなくては会社や社会も駄目になるのが目に見えている。あ、駄目になってるか…

名無しさん
2017/03/28 09:14
36協定には、通勤時間が考慮されていない。
長時間通勤の労働者には、残業時間以上の疲労が蓄積されている。

名無しさん
2017/03/28 11:21
いくらサイン出しても意図的にサイレントにされているだけ

名無しさん
2017/03/28 18:49
生活時間が4時間で間に合うのは、家事育児をしてくれる配偶者もしくは同居人がいる人のみでは?

名無しさん
2017/03/28 10:19
36協定だの45時間/月だの、理想と現実を分かってないのは政治家とこの記事書いてる人だよね
tow*****

名無しさん
2017/03/28 09:22
私は月300時間の残業を続けた結果、脳梗塞を発症しました。後遺症無く職場復帰してますが、会社からの扱いは悪く、収入が半減しました。

名無しさん
2017/03/28 09:17
1度体調崩したら(入院を要し回復迄に時間がかかる)その後は大変だよ!

名無しさん
2017/03/28 09:19
45時間が健康維持できるラインだとしたら
この前決まった100時間はいったいなんなんだ?

名無しさん
2017/03/28 10:23
この記事では残業は45時間/月がラインだと言うのに国は100時間(未満)/月だと決めた。
国が向いているのは常に経営者/金持ちの方。

名無しさん
2017/03/28 10:05
政府が残業規制を100時間以下だか未満だかにしようとしているのはどうなねかって話になるよね。

名無しさん
2017/03/28 08:46
優秀な人材とは、最低賃金で長時間働き、文句を言わない、ハイスペ能力の持ち主のことである。
日本経団連•電通

名無しさん
2017/03/28 09:47
労働者は、まずいと思ったら辞める勇気を、私は、これで、2度辞めて何とか55年生きてます。

名無しさん
2017/03/28 09:49
体を壊す前に休むのが大事なのに、それが認められない。どうしてこうなった…

名無しさん
2017/03/28 09:02
時間外45時間、、、。
倍は普通なんすが、、、。
chi*****

名無しさん
2017/03/28 09:22
加重労働から統合失調症も発症します。

名無しさん
2017/03/28 09:49
>正常な思考力、判断力が低下し前向きな発想ができない。
うちの社長が疲れているとは
思えないのだがな。

名無しさん
2017/03/28 09:56
働けるうちにバンバン働いてお金貯めたいんだけど、ダメなの?

名無しさん
2017/03/28 09:34
毎日終電まで働いてた1ヶ月の間で、体重が8kg減ったことあった。3食ちゃんといつも通り食べてたのに。あれがサイレントキラーだったのかな。

名無しさん
2017/03/28 09:15
45時間が合理的と言い切れない。
通勤時間よって変わる。

名無しさん
2017/03/28 11:45
逃げるは恥だが役に立つ。

名無しさん
2017/03/28 13:23
疲れは、一番怖いですよね。
なのに、能力の無い上役はそれを知らずに非効率に運用してしまう。
駒はいくらでもあっても、経験を積んだ駒は、限られてるんだけどね。
実務経験を積んだ社員は宝だよ。それを優遇せず、大切にしないで、彼等すらも駒扱いする会社や上司は、憐れに思う程無能。
そんな場所には、未来は無いと思うんだが。

名無しさん
2017/03/28 21:40
残業に対する対価が低すぎる。

名無しさん
2017/03/28 08:53
自分も20代半ば(現在は40代前半)に当時の職場のムチャクチャな労働環境(連日終電が終わっても帰れず、翌日は普通に8時45分に始業)の影響で燃え尽き症候群になりましたが、疲労が蓄積すると何も考えられなくなります。辞めればいいとか逃げ出せばいいとか言う人がいますが、経験者として疲労が溜まると思考停止状態になります。マインドロックがかかっているようなものです。20年近く前の話なので当時はまだブラック企業という言葉もない時代でしたが、今思い出しても確実にブラックです。その時のトラウマで、今の職場でも未だにフルタイムでバリバリ働こうという心境になれず労働時間をセーブしてしまっています。心身の疲労は後々まで尾を引きます。身体は健康になってもボロボロになった心の傷は癒えないのです。
fuk*****

名無しさん
2017/03/28 23:11
能力成果効率、皆個人差有ります出世も時間も短期集中型や持続力の違いで長短は個人差が有ります。

名無しさん
2017/03/28 08:48
俺にはキラーなんていう能力無いぜよ

名無しさん
2017/03/28 09:19
ん?100時間は最低残業でしょう

名無しさん
2017/03/28 14:25
退社時間が0時越えても次の日8:30出社
36協定があっても有給消化もできない。
頭が回らなくて非効率になる。

名無しさん
2017/03/28 08:57
社長、もしくは
その場の責任者次第で
労働条件が変わる

名無しさん
2017/03/28 12:07
いくら残業しようが知っていながら見て見ぬふりだもんね。
悪どいよ。

名無しさん
2017/03/28 09:03
一日2時間残業くらい余裕じゃないですか?

名無しさん
2017/03/28 09:46
まあそんなわけないと思うけどね!
仕事終わってから資格の勉強したり、運動やったりしてるからね!
要はストレスと生活習慣の乱れだろう!

名無しさん
2017/03/28 09:01
「花の香りに風ぬるむ今日このごろ」の出だしがイイね!
bok*****

名無しさん
2017/03/28 09:19
経営者をうらやむ声が多いけど、中小零細クラスだと経営者でもあんまりな・・・。
ちなみに自分の場合、月40時間以上残業すると心身に来る。
ありがたいことに自分の裁量で調整できるので、平均30時間前後までやる感じ。
50代でアーリーリタイアしても問題ないようにする予定。

名無しさん
2017/03/28 10:07
ナニこの記事?絶賛ブラック企業推奨バンザイ記事???

名無しさん
2017/03/28 09:49
アフターファイブ第一なので
残業などしたことない。。。

名無しさん
2017/03/28 09:02
当時、うちの親父も元気だったのに、急に胸を押さえて倒れた。助かったから良かったけど

名無しさん
2017/03/28 10:06
勤務時間内に終わらない仕事もあって、サービス残業しなきゃ上司から言われ、引き継ぎの人に迷惑もかかるとなるとせざるを得ない。
サービス残業に関してはタイムカードに証拠すら残らないから良いように使われるだけだよね。
サービス残業を強制する会社は如何なものかと。

名無しさん
2017/03/28 10:19
過労の蓄積に比例してお金も蓄積されれば良いのですが、世の中そんなに甘くありませんね。

名無しさん
2017/03/28 09:11
そうなのかなぁ。
モーレツ団塊世代なんかみな元気してるけどな。

名無しさん
2017/03/28 10:40
過労死にしろ何にしろ問題は、単発であるわけでなく複雑な環境と多くの要因が絡んでいるってこってしょ。その人に合った環境改善と要因除去が必要なんだろうけど、意外に興味一つで大幅改善なんてあるかも・・・

名無しさん
2017/03/28 11:50
てかさ、36協定とか法律で設けたりするから例外とか勘違いするやつでてくるんちゃうかな。
統一して1日8時間ぴったり、完全週休二日制にすべての仕事をしたらまだ守られそう。
なによりも労働者の無知が非常に多い。
gis*****

名無しさん
2017/03/28 09:31
ブラック経営者「ほーーーーん。で?(鼻ホジ)」

名無しさん
2017/03/28 08:47
全ては その人の運次第
天命とも言う

名無しさん
2017/03/28 13:14
休みを取れれば労働を大切にしている企業と言われるが、休みを取れてない人ほど会社の中で重要な人材だとも言える。

名無しさん
2017/03/28 09:48
45時間がぎりぎり健康ラインということならば、
100時間は、完全にアウトだな。
まあ、会社からすれば、
安い賃金で若い人足を補充すれば、
健康を損なった従業員は、首にすればいいだけ。
の感覚なんだろうなぁ・・・
そういう会社ばかり増えたから、
バブルはじけて何十年経っても、
日本経済が回復しないんだろうなぁ・・・

名無しさん
2017/03/28 09:08
過労=労働が日本のマスト。皆が耐えて家族を支えていますよ。もう日本だけではないでしょ?

名無しさん
2017/03/28 10:30
路線バス運転手は三時間ほどの睡眠が多いです。
居眠り運転して事故らないように毎日必死です。
インターバルが8時間で組まれますが、出発前と、帰ってきての作業はみなし時間として最低限の時間を考慮してるだけなので実際には8時間もありません。もちろん遅れもあり、その分、睡眠時間は減ります。
やっぱこうゆう実態など政府はどうにかしてほしいです。

名無しさん
2017/03/28 10:13
今を無理して、金はあるのに不健康な老後を迎えるか。
健康的な生活をして、金は無いけど生涯現役の老後を迎えるか。
私は、前職で身体を壊したため、仕事を辞めました。そして後者を選びました。今しかできないことを存分に楽しみながら、健康的で介護知らずな老後を目指すことにしました。

名無しさん
2017/03/28 08:49
その職場にもよるとは思いますが雰囲気のいい楽しい職場だと残業あっても時間経過するのは早く感じ、雰囲気の悪いストレスだらけの職場は体と精神の疲労は凄くありますね。

名無しさん
2017/03/28 09:55
なんか長時間だけ独り歩きしてるけど
長時間仕事するから病気になるんじゃなくて
プレッシャーやストレスを与える仕事を長時間やるから病気になるんだよ
寝る時間削って1日中ゲームばっかりやっても鬱病にならないだろう
蠅王

名無しさん
2017/03/28 10:07
うーん…基本給高くて、定時の時間割がきちんとなされてる環境なら45時間で良いんでしょうけど…
そうではない環境、会社や工場勤務やドライバーさん等々で時間外での稼ぎを加味した給料体制の場合は?
残業といっても色んな形の残業があるのも事実
そういったカテゴリーのワーカーさんのケアもきちんと考えてくれなきゃ困る
一口に残業を減らせだの給料上げてもらえだのでは無くてきちんとした基礎を作って欲しい

名無しさん
2017/03/28 10:48
若いころ海外拠点の応援で出張した。2月の1ヶ月間の予定だったが、業務が難航し結局ビザの期限いっぱいの6ヶ月間帰国できなかった。
その6ヶ月間は土日も1日も休むことなく、毎朝8時には出勤しホテルに戻るのは翌3時頃。同じ仕事の4、5人のチーム全員がそういう状況だった。
ビザの期限のため業務に無理やりケリをつけなんとか帰国した。来た時は2月だったのにもう7月になっていた。冬服で帰りついた日本はとても暑かった。7月というのに手にはコートを持っていた。
計算してみると、この期間の残業は毎月300時間を超えていた。同じチームから過労死が出なかったのは、とてもラッキーなことと思える。
残業代は出なかった。1日数千円の出張手当だけだった。
今はもうその会社は辞めた。キツかった時期の後遺症か、その後なぜか仕事が手につかなくなったからだ。辞めて数年経つが、いまだに無職だ。

名無しさん
2017/03/28 10:07
今の時代の人間はヒトでは無く物さえ豊富なら生きていかれるのを知っているせいで、正確には慣れていて、ヒトのありがたみなんかでありがたく思えないのだ、もうロボットをたくさん造ろう。

名無しさん
2017/03/28 12:36
週1~2日だけど残業始めてからは体のだるさがとれない。朝起きるのもキツい。
ただ20時以降の残業をしないか?と聞かれた時は断った。何時に終わるかわからないらしいから。
残業始めたばかりの頃に責任者に「やめるなよ」と言われてこの人にとって社畜当然なのかなと
「頑張ってね」だけでも言われたら素直に頑張ろうと思えるのだが
今の責任者は今年1月にきたばかりで副責任者に「楽できる環境を作ろう」なんて言うてたけど…
新しい仕事をいろいろさせているのも責任者が楽したいだけだと思っている
前の責任者は自分がやるのが当たり前のごとくやってたのに
話がずれたな…

名無しさん
2017/03/28 09:03
睡眠不足は一番大敵です。身体だけで無く、精神も不安定になり鬱にもなる。寝る前に体を動かしてまずはぐっすり寝る事です。

名無しさん
2017/03/28 10:39
修学旅行で海外に行った経験があります。ホストファミリーは6人家族で皆社会人。ホストマザーは小学校の校長先生でやはり忙しいのか、私の学校が終わってからもホストマザーのお仕事が終わるのを待っていた事があります。それでも帰宅はだいたい17時くらい。1番遅く帰宅してきた20代の息子さん(建築関係)でも18時くらいでした。
そこから皆でお夕飯を食べ、食後にちょっとおやつも食べながらの皆でテレビを見て談笑。そして驚く事に20時くらいで皆就寝。それぞれの部屋にお風呂がついていたので、皆寝る前についでにお風呂に入るって感じだったけどそれでも早い。寝るの早過ぎやろ(笑)って思って聞いてみたら、これがその国では当たり前との事。何時間寝るねん(笑)と思いながら一応私もベッドに入りましたが、日本人の私は日付が変わるぐらいまで寝れず…ただひたすらテレビを見ていました。
あぁ、日本の労働環境の悪さを痛感。

名無しさん
2017/03/28 09:54
今の子育て世代のサラリーマンにしわ寄せし過ぎ。仕事、学校の行事、地域の行事と色々有る。お母さんは子供が中学になると部活で更に早く起き旦那の事かまってられない。いっぱいいっぱい。旦那も言ってるけど体力の有る若い連中に仕事回せよって言ってる。経験の有る世代に仕事がどんどん入る。旦那の体調悪いけど病院に行く事出来ないほど。
体壊すと仕事出来なくなるよね。そこの所かわいそうだなと感じます。

名無しさん
2017/03/28 10:05
長時間労働の劣悪な環境に警鐘・・は、わかるとしても、この記事内容は信用に足りると思えない。労働といっても、その種類はこの記事が暗に想定するようなデスクワークから、肉体労働(歩き回る営業)、自動車運転など様々、そして、休日や休憩時間の過ごし方も、座ることが多いかスポーツか・・で、労働条件と健康問題とをストレートに関連させるのは無理ですよ。(「過労」はサイレントキラーとの見だしはよいとしてミスリード)

名無しさん
2017/03/28 10:15
じゃあ有識者が45時間以上の時間外労働は健康を損なうって経済界と厚生労働省に噛みつけよ、絶対しない癖に口触りのいいことばっかり言いやがって
yan*****

名無しさん
2017/03/28 08:59
そもそもみんな定時で帰るのが正常なのに、残業○時間まではOKなんて議論せざるを得ない状態がおかしいといえばおかしい

名無しさん
2017/03/28 08:55
これきついんですよね。
<過労
一度身体を壊すと、9時5時の通常勤務ですら満足にこなせなくなる。
休日は12時間ぐらい眠らないと動けなくなりますからねぇ…

名無しさん
2017/03/28 08:55
言うは易し、行うは難し…やんこの記事…
現状では、被雇用者で取れる対策ないやんけ…
せいぜいやれて、内部告発ぐらいしかないが…それやると職を失い路頭に迷いかねないしな…

名無しさん
2017/03/28 09:31
残業していると疲労状態を継続しすぎていてそれが当たり前だと感じていた者が多数いた。素の状態でも物足りない人らが疲れてて頭脳労働はできんだろと常日頃から会議に出しても無駄かなと信用してなかった。

名無しさん
2017/03/28 12:37
特に睡眠不足はヤバイぞ。
疲れを感じなくても抵抗力とかが落ちるから、普段かからないような病気になったりする。

名無しさん
2017/03/28 16:00
システム開発を担当していたころは2か月くらい自宅に帰る時間が
無く、着替えは宅急便でした。
さすがに女房も40日目には子供を伴って昼飯を持って会社まで
押し掛けてきた。
残業時間は200時間を超えて、寝るのは会議室テーブルの寝袋で4時
間程度、残業手当も凄かった、給与を合わせると月収80万円位。
そんな生活が6か月続いた。
連続休暇2週間、金のあるメリハリ生活・・・懐かしい。^^

名無しさん
2017/03/28 09:29
綺麗事で生きていけたら誰も苦労や過労死しません。私のまわりは失業者ばかりです。アホの経営者にコキ使われ、ボロ雑巾のように捨てられてかわいそう

名無しさん
2017/03/28 09:22
会社の一部の人間だけが、まともな生活を送っている。

名無しさん
2017/03/28 09:13
ちょっと待ってくれ!食事の良し悪しは食べる時間帯ではなく、一週間刻みでの摂取量の良し悪しだぞ?胃腸の働きと睡眠は別。それに夜遅く食べたら朝は食べる必要はない。医学的根拠がないよ。この記事は!
ge*****

名無しさん
2017/03/28 08:46
「人は財産」を謳い文句にしてる会社もあるけど所詮使い捨て

名無しさん
2017/03/28 08:50
何時の世も労働者が幸せだったことはないよ。

名無しさん
2017/03/28 11:26
人間扱いされない、サービス残業だらけ、そんな会社でも働いてしまう人達がいる限り無くなりません。
自ら奴隷になり、後の世代にも々理不尽なシステムを残しているという自覚がない社畜が多すぎます。

名無しさん
2017/03/28 10:44
精神科医ほど信用できない医者はいないぞ。オカルトに近い診療科。

名無しさん
2017/03/28 09:50
自分も経験あるが、社会ではどうやら見た目頑張る人が肯定されやすい。
(与えられた時間を必死に頑張って)時間内に業務をこなし定時で退社する人間より、(だらだら手抜きで)仕事をこなし定時を何時間も過ぎて残業する人間、()内は外からは見えない。正直、定時に終わらせようと必死に頑張る程、なんの意味も無くなる。定時内は頑張る意味がない・残業を2~3時間組み込んだオリジナルの定時を作り、それにのっとって楽に仕事をする方が社会での評価も高く、残業代が出るなら給与も高くなる。なんと摩訶不思議な社会だ。経営者側も、これで「うちの社員は頑張っている」と思いニコニコだろうw・・・実際は生産・作業効率+能率はダダ落ちで、会社に様々な悪影響を与えているのに気づかないのだろうな。

名無しさん
2017/03/28 08:32
労働者なんかいくらでも替えはいる、くらいの認識しかないよ。経営者なんて。

名無しさん
2017/03/28 09:32
残業しただけ実入りになるからやめられない人間だっている。

名無しさん
2017/03/28 10:30
45時間でも働きすぎだよ。
理想はゼロ。さらには1日6時間労働週休2日制。
一回経営者とかそこまでいかなくてもリーダー的なポジション経験するとわかるけど
人間の心理的に大半の人は親心が出てきて部下のことが可愛くて仕方なくなるもんなんだよ。
もちろん口に出しては言わないけどね。
だから無理やり働かせたい経営者ってのは実はそういない。
それでも残業が多いのは社会全体の機運、労働礼賛体質、真面目すぎる文化のせい。
悪質な経営者よりこっちのほうがよっぽど厄介。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ