「ひきこもり」過半数が40歳以上!?親子共倒れ危機の衝撃

スポンサードリンク

岩手県洋野町が「社会的ひきこもり」状態にある人の過半数を40歳以上が占めるといった、訪問調査の結果を、3月11日に学会で発表する。「ひきこもり期間」は長期化し、ひきこもる人たちの高齢化が進んでいる。彼らの親も年老いていく中、全国で何十万もの世帯が“親子共倒れ”の危機に直面している。(ジャーナリスト・池上正樹)

 「社会的ひきこもり」者は40歳以上が過半数を占める──。岩手県洋野町の調査から判明したデータとその分析結果が3月11日、岩手公衆衛生学会で報告される。

 ひきこもり実態調査は内閣府も昨年9月に公表したが、こちらは調査対象が39歳まで。ひきこもり現象が社会問題化する中、中高年層で状況が一層深刻化していることを、国でなく、小さな町が明らかにしたのだ。

 三陸海岸と山に面した洋野町は人口約1万7000人。地方にある他の市町村と同様に高齢化が進み、65歳以上人口の割合(高齢化率)が35%に上る。

 同町の地域包括支援センターは15歳から64歳の町民を対象に、ひきこもり調査を実施した。

 きっかけは、保健師が介護保険サービスの情報を提供するために70代の高齢者宅を訪ねたところ、すでに要介護の認定を受けているにもかかわらず、介護サービスの利用を辞退したことにある。

 玄関先に立つその高齢者は汚れた服を着ていて、生活に支障が出ている様子。それでも「必要ない」「大丈夫」と言うばかりで、なかなか玄関から先に入れてくれなかった。

 それでも何度も訪ねて事情を聞き出してみると、実は働いていない40代の子どもが同居し、10年以上ひきこもっていることが分かった。その子どもに将来の生活費を残すために、お金を使いたくなかったのだ。

 「周囲に迷惑を掛けられないから」「家の恥だから」と、困っていても声を上げることができず、家族ごと孤立していく──。同町はそうした現実を目の当たりにして、同じような家庭が多いのではないかと、大きな危機感を抱いた。

 調査を実施するに当たって、同町は「ひきこもり該当者」を「社会参加(就労、家庭外での交遊)を回避し、原則的には6カ月以上にわたって概ね家庭にとどまり続けている状態の者(他者と関わらない形での外出をしている場合も含む)」と定義した。

民生委員から寄せられた「気になる人」の情報も加味した上で、町の地域包括支援センターの担当者は1軒1軒訪問して聞き取りを行い、該当者71人を把握。このうち6割強が40歳以上だった。

 詳細な調査によって、該当者のうち、精神疾患や身体疾患により社会参加できないケースなどを除いた「社会的ひきこもり」状態にある人の人数も捉えた。

 戸別訪問の結果、2017年1月時点で71人のうち「社会的ひきこもり」状態にある人が45人(男性37人、女性8人)。統合失調症、そううつ、アルコール依存症などの精神疾患を持つケースが10人、身体的疾患を持つケースが7人、その他のケースが9人だった。

 「社会的ひきこもり」状態にある人の過半数は40歳以上(図参照)。ひきこもり状態になった年齢は30歳以上が多く、ひきこもり状態の期間は10年以上が約5割(同)。最も多かった理由は「職場になじめなかった」というものだ。

 都会の職場の人間関係などが要因で、実家に戻ってきてそのまま外に出られなくなってしまうというケースが目立った。

 同町は事業報告書で「本人に問題があったのか、それとも職場や学校に問題があったのか、一歩踏み込んだ詳しい状況把握が必要」と明記。従来の「個人の問題」という発想ではなく、社会の側の要因や障壁も検証すべき時にきていることを示唆した。

● 内閣府の調査で中高年は対象外 支援は若者ばかり

 洋野町の調査によれば、ひきこもり問題は中高年層においてとても深刻なものだった。秋田県藤里町もひきこもり問題に先駆的に取り組んでおり、同町の調査でもやはり、ひきこもっている人の半数近くを40歳以上が占めていた。

 にもかかわらず、国や行政はこれまで、若者の就労支援にばかり目を向けてきた。国の調査では40歳以上のひきこもっている人の存在は黙殺され、支援の枠組みからも置き去りにされている。

 昨年公表された内閣府の15年度調査によれば、15~39歳のひきこもり者の人数は全国で推計約54万人。6年前の10年度調査より15万人余り減少したことから、公表時の会見で内閣府政策統括官の石田徹参事官は、「改善があったように思われる」と発言し、支援の実績をアピールしてみせた。

 しかし、10年度調査で「ひきこもり」層に占める割合が23.7%と最も多かったのは35~39歳。15年度調査では40歳を越えている彼らのその後については、「調査対象から外れていますので、正直言って分かりません」(石田参事官)と説明した。

 結局、6年前に35~39歳だった約17万人は、どこかに消えてしまったということになる。

 洋野町の調査は、その経緯や高齢者の多い土地柄であることを鑑みると、ひきこもっている人の年齢層が高くなりやすかった面はあるかもしれない。

 ただ、都市部の調査でも、愛媛県松山市では40歳以上の割合が65%を占めていた。そうした現状から推測すると、全国のひきこもり該当者数は、推計100万人を超えるとみられる。

 40歳以上を除外して実態から大きく懸け離れた「54万人」という数字だけが独り歩きして、地方自治体では「ひきこもりの人数が減った」からとして、予算が削られるなどの弊害も生じている。

 その間にも「ひきこもり期間」は長期化し、ひきこもる人たちの高齢化は進んでいる。

 ひきこもる本人が40代、50代になるにつれ、すでにほとんどが年金生活に移行している親も70代、80代と年を取る。親が病気や介護の対象になれば、あるいは亡くなれば、生きるための力を身に付けられなかった子どもだけでは家計が破綻したり、生活が成り立たなくなったりする可能性は高い。

 親亡き後の将来を悲観して心中したり、残された子どもが後を追うように自然死したりといった悲劇も起きている。

 「家の恥だ」とする考え方から、自ら支援を望まない「セルフネグレクト(自己放任)」も多く、表面に出てきている問題は氷山の一角だ。

● 70~80代の親が子を支える生活にタイムリミット

 前出の洋野町の高齢者はその後、町の地域包括支援センターのサポートの下、貯金に食い込まない範囲の金額で介護サービスを受け始めた。

 ひきこもっていた子どもは、支援なしで自立できる状態ではなかったため、障害者自立支援制度を利用して医療費を安くしてもらい、障害年金の受給も始まった。そうして生きていける希望を得たのである。

 親が元気なうちに、子どもが一人になっても生きる意志や能力を持ち続けられるよう、地域での関係性づくりが不可欠である。洋野町は調査を支援へとつなげており、学ぶところは多い。

 洋野町の地域包括支援センターで訪問活動をしている保健師の大光テイ子さんは、問題を抱える家庭について、「1回目ですぐ会えることはまずない。そうした難しさを行政も知っているから、“これからの問題”と言って手を掛けたくない分野なのかもしれない」と言う。

 訪問して「用はありません」と言われても、大光さんは「次、また来ていいですか?」と根気強く話し掛ける。「駄目って言われたきりだと、もう二度と行けなくなってしまうから」。

 何かあったときにすぐ動けるよう、家族とつながることが重要だ。先日も親が90代、ひきこもる子どもが50代という親子がいて「危機一髪だった」という。

 中高年のひきこもり本人を抱えて放置された「限界家族」の問題は、特定の町だけのものではなく、全国共通のものだ。水面下には、“親子共倒れ”予備軍が数多く存在している。国、行政は、喫緊の課題として、まず現実に即した実態の把握と関係性づくりを急がなければいけない。

 70~80代の親世代がひきこもる子どもの生活を維持するという状態は、そろそろタイムリミットを迎える。年老いた親たちは「自分に万一のことがあったら、子どもはどうなるのか。わが家はどうなるのか」と頭を抱えている。

 何十万もの世帯の崩壊へのカウントダウンは始まっている。

(引用元)ダイヤモンド・オンライン 3/7(火) 6:00配信


名無しさん
2017/03/07 07:51
氷河期世代がズッポリハマる(ㆀ˘・з・˘)当時求人倍率が0.3とかで、3人に2人は職がなかったのに、仕事につけないのは本人の自己責任とし年齢上がる度にさらに厳しくなる世の中で、経験もできないままクズとか言われたら嫌になるわな。

名無しさん
2017/03/07 08:28
自分も大人になって一時期引きこもっていたが、幸運が重なり今は仕事と親の介護ができている。でも高齢引きこもりになる可能性は十分あった。というかもうそうなるなと自分でも諦めていた。
でもその時思ったのは「助けてほしい」「支援してほしい」ではなくて、「苦しまずに死にたいな」という事だった。

名無しさん
2017/03/07 06:27
今の若者は無関係、という話ではないと思う。どの会社も人手不足で、一人一人にかかる仕事の負担も大きいし、コミュニケーションも希薄。特に今の若者の中には、(あくまでイメージだけど)大人しくて、人間関係になじめない人が増えてきてると思う。そんな若者がうつ病になって、引きこもりになって、そのまま年を重ねるって普通に起きてると思う。
社会的に、会社的にそういう人への年齢問わずサポートが必要なんじゃないかな。

名無しさん
2017/03/07 06:35
長年引きこもっていて、職歴もスキルも無い40過ぎのオッさんオバさんを雇おうとする所なんてほぼ皆無と言っていいだろう。
ましてや田舎はただでさえ仕事無い。
俺もしんどくて辞めたい時も何度もあったけど、辞めたらジリ貧になるのは分かってたから必死でしがみついて何とかやってきた。
正直、人生は何度でもやり直せるなんて嘘だと思ってる。
1度レールから外れると復帰するのはほぼ絶望だろう。

名無しさん
2017/03/07 12:20
10代からずっと引きこもっていたとしたら、本人も家族も負担はすごいものでしょうけど、40代になって突然引きこもりになった場合は、まだ社会に適応していた経験もあると思えるので、何とかカムバックして欲しいものです。

名無しさん
2017/03/07 06:30
引きこもりは、その環境もあるんだろうなぁー
引きこもれる、引きこもっても生活が出来るから引きこもれるんだろう
誰もが精神的、肉体的に強い訳じゃないだろうから、そうなってしまうのも全くわからないわけではないけど、でも今は歯車がうまくかみ合わないだけなんだから、なにか少しでもできる事から始めた方がいいと思う。
引きこもりのままじゃ、誰も幸せにならない本人も含めて家族も

名無しさん
2017/03/07 12:29
一度社会のレールから外れたら、社会に戻れなくなる問題。総活躍をうたうのであれば、ドロップアウトしても立ち直れる社会にして欲しい。

名無しさん
2017/03/07 08:52
親が丸抱えするしかないのでこうなるのはとうぜん。

Sponsored Link





名無しさん
2017/03/07 07:26
若い人の引きこもりだと親がどうにかしようと必死になるけど、40代以上で親が高齢だと、記事にもあるように「お上の世話になりたくない」みたいな気持ちがあって隠そうとしてしまうんだよね。
こうやって、社協などが地道に一軒ずつ対応していくしかないのかな、やっぱり。

名無しさん
2017/03/07 06:08
インターネットで誰でもいい話、悪い話を知れちゃう時代だからね…
気持ちが弱い人は怖くなってしまうのもわからなくはないかな
not*****

名無しさん
2017/03/07 12:35
親戚にもいる。多分もうすぐ40歳。
大学出た後就職した会社が超就職氷河期でブラックだった。
身体を壊すまで頑張ったが、結局辞めてそれ以来引きこもり。
バブルや今の時代のように就職が楽ならこうはならなかったはず。
だから当人の問題であると同時に社会全体の問題。
真面目に働いてきたその人の親も心労なのか老け込んでしまい見ていられない。
もう一度社会に出るために、偏見をなくし受け入れ体制を整備した方がいい。

名無しさん
2017/03/07 12:43
以前、人材系の仕事に従事していたものですが、若い子に限らず他人とのコミュニケーションをとる事が難しい人がどうしても一定数いる。
育った環境、学校でのイジメとか、色々な要因はあるのでしょうが、本人にとってはたぶんどうすることも出来ない、もがいてる人もたくさんいるはず。
単にだらしない人は二の次として、こういった頑張りたいけど難しい人達に対して、カウンセリングも含めた何かしらの支援が出来ないものだろうか。
何かきっかけがあれば変われる人もたくさんいるはずなのだが。。

名無しさん
2017/03/07 06:42
一生懸命に会社に尽くして
プライベートを裂き、サービス残業
能力不足は体をはり気合いでカバーしてきた
体がボロボロになり疲れきった頃
ある日、会社から使えない宣告される
世の中はなんか間違っている

名無しさん
2017/03/07 08:21
年齢に関係なく、なぜ引きこもるのが?
この辺を解明しないと解決しない気がする。

名無しさん
2017/03/07 08:21
転職してなかなか採用が決まらない人はひきこもる気持ちは理解する。

名無しさん
2017/03/07 12:38
10、20代ももっといると思うよ。40代だと親も引退してるからこの記事のように分かるかもしれないけど、親が現役世代だと表面化してないだけだと思うよ。

名無しさん
2017/03/07 12:25
このままではいけない。
当事者も親も、そう思ってはいるんだろう
けどね・・・・。

名無しさん
2017/03/07 12:14
今は普通に働いている人もひょんなことから簡単にこうなる可能性だって充分にある。
他人事ではないし、身内にこういう人がいたらと、思えば切り捨てればいいみたいな意見は出ないはず。

名無しさん
2017/03/07 12:38
私も不登校の時はあったけど、1回外に出なくなると人の目が怖くて出れないんだよね。
ita*****

名無しさん
2017/03/07 12:20
これはもう社会問題だね。

名無しさん
2017/03/07 12:30
コミュニケーションが希薄になるのは嫌な感じがしますが、コミュニケーションがうまく取れなくても、その人の能力を活かせる形(在宅勤務など)を作っていくことが大事だと思います
人材難はどこでもあるので、もったいないと思うのですが…

名無しさん
2017/03/07 12:29
ひきこもりの多くは精神病を抱えてると思うが、病院に通ってるから治るものでもない。
ひきこもりを一括りにせず、原因ごとに対策をしていくようにしなければ解決には向かわない。

名無しさん
2017/03/07 13:09
俺はしっかり働いて安定しているので、
そんなの関係ないとか思っている人、
それはちょっと甘いかもしれません。
例えば、働き盛りの時に、初期の癌が見つかった。
で、入院、手術、療養で、会社を1か月近く休んだ。
1か月も休むと、クビにする会社は日本にはゴマンとあります。
で、再就職が全然全く決まらない。つらい。
はい、ひきこもりの出来上がり。
政府は本腰を入れて対策をしていただきたい。

名無しさん
2017/03/07 12:45
せめて月10万円でも収入がある在宅ワークを行政が斡旋すべきだと思う。

名無しさん
2017/03/07 12:26
氷河期世代のつけだな。

名無しさん
2017/03/07 12:42
何がきっかけになるか分からない。
難しい問題だと思います。

名無しさん
2017/03/07 12:50
引きこもる自分に悲観し、自ら命を絶ってしまった方達もいるんだろうな。その方達も集計すればもっと悲観的な数字が出そう・・・。

名無しさん
2017/03/07 12:22
海外で引きこもりが取りあがられたことがあるが日本独特のものかもしれない。村社会の考え方が引きこもりを引き起こしているのではないか?日本は型に入れるところがある。それが大きな間違いだということだ。
bee*****

名無しさん
2017/03/07 12:41
40歳以上でずっと引きこもっていた人を雇用する会社は多くはないと思う
対策はとても難しい
引きこもる理由や働く意志も人によって違うし

名無しさん
2017/03/07 12:49
この問題はもっと大きく取り上げてほしい。
行政はこういう人達が死ぬのを待ってるだけのような気がしてならない。
派遣が推奨された法律ができたのは本当に致命的だった。
身内にいないと、実感できない話である。

名無しさん
2017/03/07 12:37
引きこもりの理由で最も多かった「職場になじめなかった」に注目すべきだと思う。普通の社会人として働いていた人たちでも、パワハラ、セクハラ等でうつ病になってドロップアウトしてしまった場合、再び社会に復帰できなくなって、誰でも引きこもりになる危険はある、ということだ。つまり、引きこもりは決してひとごとではない。

名無しさん
2017/03/07 10:50
親のある程度の経済力が、問題を深刻化しているように思います。

名無しさん
2017/03/07 12:37
家庭内暴力付きの引き籠りだと高齢化するほど親はなす術がない気がする…

名無しさん
2017/03/07 07:14
介護でも何でもそうだが、社会から孤立化していくことで、最悪な事態に至ることが多い。
本人の問題も大切だが、まわりの環境から解きほぐしていくことが必要だと思う。

Sponsored Link





名無しさん
2017/03/07 14:02
引きこもりが解決できればそれに越した事はないが、自宅で出来る仕事等があれば良いと思う。
会社勤めだけではなく、色々な働き方があれば自分に合った仕事が出来る。またそれが転機となって会社勤め問題出来る様になるかもしれない。
本人も大変だが国としても働き手がいないのは大きな問題。

名無しさん
2017/03/07 13:27
弱い者イジメする奴多いからね。

名無しさん
2017/03/07 06:16
以前から言われていた事だが、引きこもりの長期化により、引きこもり者も益々高齢化していくが、親も亡くなり独居生活となれば、行政側も知りようがなくなる。
どこの行政にとっても悩みのタネだな。
yuk*****

名無しさん
2017/03/07 10:01
日本が可笑しくなっているのは事実だね!では、日本を可笑しくしたのはいつ誰がこのような日本を造り上げて来たのか?全国的に観ても数人だったら個人の問題だろうけど100万人って云うのは驚異的な数字ですよね!しかし、この数字にはビックリですよ!

名無しさん
2017/03/07 17:00
引きこもりのの人に対して、何年も働いてない人に対して、社会が寛容じゃないんですよ。社会が寛容じゃないから、受け入れ口が少ない。
雇う側があまりにも、完璧な人を求めすぎる。
みんな自己責任とか、本人が悪いって言う人もいるけど、受け入れ側の問題でもある。そんな過去や環境、今の置かれてる状況が完璧な人、ってもう今の時代、あまりいないと思います。
社会全体が、価値観を変えていかないとダメな気がします。

名無しさん
2017/03/07 12:52
一度外に出てみりゃ案外なんとかなるものだが、
きっかけが難しいのだろうね

名無しさん
2017/03/07 06:22
引きこもりの子供に少しでもお金を残すために節約って…その姿勢が子どもの引きこもりを助長してるのになぜ気づけないかなぁ。

名無しさん
2017/03/07 12:31
まずは、責任の軽いアルバイトから始めたらどうかな?って思う。
経緯はどうであれ、最初は、家族以外の人と接する事が重要だと思う。
お金を貰えるようになれば、自分の好きなものを買ったりできるし。

名無しさん
2017/03/07 06:55
今の社会は昔に比べると陰湿なイジメとか嫌がらせが結構あるからしんどいんだろうな
生きていくというのは大変なことだと改めて思うけどちょっとしたキッカケで軌道に乗ることができれば何とかなるもんだよ

名無しさん
2017/03/07 12:37
うちも中学生から引きこもりでもう30歳の弟がいます。親も還暦迎えました…まだ働いてはいますが自営業ですし年金は少ないはずなので今後の不安があります。親が動けなくなった時、兄弟である私に負担が来るのかと思うとなんとも言えない不安があります。障害のある人が働ける場所のような引きこもりが働けるような施設があると助かるなと思います。

名無しさん
2017/03/07 13:32
四十代、五十代にもなると親も高齢になる。せめて身の回りの事は自分でできるようにならなければ。

名無しさん
2017/03/07 12:39
>親子共倒れ危機の衝撃
衝撃ではない。
koj*****

名無しさん
2017/03/07 12:20
うつ病なんじゃないかな

名無しさん
2017/03/07 13:00
うちの親も、仕事を辞めて家の中にいてくれというんだよね。お金を使わないようにすれば、大丈夫なんていうけど。老いた親なんて、そんなもんだよ。身勝手だよ。

名無しさん
2017/03/07 16:23
仕事で精神やられたとかあるからずっと引きこもりではない場合もある

名無しさん
2017/03/07 15:56
ひきこもりは自分が悪いと簡単に片付ける問題では無いと思います。大変難しいとは思いますが。

名無しさん
2017/03/07 13:24
何でも自己責任と言って片付ける人が多いが、明日は我が身かもしれないし、それって未来の家族や友人ひいては自分を叩くことにもなりかねないと思う。
なりたくてなってる人なんていないと思うし、自己責任なんて一言で突き放さず多少は寛容になってあげてほしい。
自分の今の位置は普通と引きこもりの中間くらいかな…
byギリギリ生活できてるフリーランス

名無しさん
2017/03/07 12:55
ひきこもりの多くが学生時代にイジメを経験してるって聞いたことあるから、本人だけのせいにしないでほしい。
それと要因は一つじゃないから問題解決は難しい。
キツイ状況なのに相談出来ない状況とか。
精神的な支えが家庭に無かったり。
学生時代イジメられてたら相談出来る親友とかいないし。
ようするに、人は一人じゃ生きられないってこと。
誰か支えてくれる人がいれば、ひきこもりなんてならないと思う。
社会人になる前にそういう人間関係を築くことが一番大切なのに、そんなこと学校で誰も言わないし、気にしてない教育がダメだと思う。

名無しさん
2017/03/07 13:21
親の介護で会社を辞めて
それを切っ掛けに
ひきもりになる人は多いと思う

名無しさん
2017/03/07 12:52
僕自身も、実は社会的引きこもりだった。今は何とか立ち直ったけど、世の中にはまだまだたくさんの引きこもりがいるんだね…何とかサポートできると良いんだけど。

名無しさん
2017/03/07 14:48
もし働く気があったとしても、何も経験積み重ねてこなかった40代を雇えというのはかなりきつい
ima*****

名無しさん
2017/03/07 12:46
子は宝ではないな

名無しさん
2017/03/07 12:40
年を重ねるにつれ、容姿も老いてくる。ただでさえ社会と関わることに躊躇している上、そういう老いた自分を他人に見せることも恥ずかしくなってさらに自信を無くしていくんだと思う。元々プライドが高い人が多いこともあるかもしれない。

Sponsored Link





名無しさん
2017/03/07 13:40
これは確かに引きこもりの年齢を限定し勝手に減ったことにした行政にも問題はあるな

名無しさん
2017/03/07 12:31
時間って速いから10年ってあっという間だもんね。
2007年に30歳や40歳で引きこもってた人達が、今40歳や50歳になっているという事実、なんだよね。
あの頃そんな身内が引きこもってて悩んでいた親兄弟も同じく10年歳をとっているから、そりゃ切実よね。
今40や50の人達の親はほとんど60代以上の高齢者だろうし。
そして2027年もすぐやってくると。
その人達はまた今から10歳年月を経るんだよね・・・。

名無しさん
2017/03/07 13:03
かなり前はテレビのドキュメンタリーで大人の引きこもりってやってたけど最近はやらないね

名無しさん
2017/03/07 12:39
ドラマでしか見たことないけど、実際は大変だろうねー

名無しさん
2017/03/07 19:43
超氷河期で本当に仕事がなかった
今も正社員になれる道はほぼ絶望的
ひきこもりの人だけを責めるのはどうかと思う
社会がそうしたのだから

名無しさん
2017/03/07 16:58
切り捨てられるんでしょうかね結局……。自己責任と言えない部分もあるとは思いますが。自力ではどうしようもない事もあるんじゃないかと思います
ひきこもっていなくても、アルバイトとかの低給料の職にしか就けてなくて将来が怖いって人もたくさん居ると思う

名無しさん
2017/03/07 18:29
アジアでは、働かない男なんていっぱいいるけど、日本で引きこもるメリットはないと思う。
物欲とかないのかな?
gat*****

名無しさん
2017/03/07 13:12
今の70代が若い頃とかはひきこもりってなかったんだろうか?

名無しさん
2017/03/07 15:30
正直自分も紙一重だった。もしかしたら当てはまってたかも知れない。
色んな理由はあると思うけど、失敗しても何度もチャレンジ出来る社会にして欲しい。
誰しも引きこもりになるなんて思っていなかったはず、40代でスキルも無く会社に入れる訳もない。この方たちが更に年齢を重ねて社会生活から遠のいて行くのを何とか改善して欲しい。

名無しさん
2017/03/07 12:44
普通に働いていても将来不安なのに、
ひきこもりなんかしてたら、絶望しかないだろ。精神論じゃないのはわかるけど、やっぱり一歩踏み出す勇気。勇気なくても踏み出すしかない。この先、辛いことしかないだろうけど、今よりいいぜ!

名無しさん
2017/03/07 13:21
老老介護、認認介護も 共倒れの危険があるよねー
ほんとに 大変な時代になってきたなぁ

名無しさん
2017/03/07 12:42
問題提起だけして終わりかよ。

名無しさん
2017/03/07 13:15
明日は我が身

名無しさん
2017/03/07 12:57
失敗した、上手くいかなかった。でも、またチャンスはある。
今の日本は良くも悪くも競争社会。一度失敗したら、なかなかチャンスは貰えない。
いいじゃん。失敗したって。またチャンスは巡ってくるさ。
そのような優しい社会ならいいのにな。

名無しさん
2017/03/07 12:45
無責任な極論だけど結局両親が亡くなるという現実が訪れないと、引きこもり本人も親も社会も答えが出ないと思う。みんなが成人なんだからどーにもならんでしょ。

名無しさん
2017/03/07 21:13
自分に合わない仕事を無理して続けると、精神が参ってくる。そんな状態で仕事を変えても長続きしない
ひとりでも出来る仕事を探そう、問題はお金より長く出来る仕事だ、もう十分苦しんだだろう?
sei*****

名無しさん
2017/03/07 12:33
まさに現代の闇。綺麗事ばかりの政策でなく、こういうことをもっと突き詰めて欲しい。

名無しさん
2017/03/07 13:16
家族だけではもう抜け出せない、どうしたらいいのかわからない家庭がかなりあるだろう・・・・

名無しさん
2017/03/07 12:35
引きこもりの良し悪しは別として、
岩手県洋野町の調査された方、
よいお仕事をされたと思います。

名無しさん
2017/03/07 21:49
誰がいけないの?ってことになると本人だが
国が困ってるとしたら国のせい
どんな教育したらどんな人が増えるとかわかってたはず

名無しさん
2017/03/07 16:16
元気に見えてる人でも弱ったりするときあるし、
引きこもりまでいかなくても、鬱みたいなったりするし。元気と鬱って紙一重だなと思う

Sponsored Link





名無しさん
2017/03/07 13:04
引きこもりを放置してきたツケがまわってきた感じだな…

名無しさん
2017/03/07 12:32
まあ、氷河期以降の世代を見捨てたのだからこうなるのは当然
特に40代はバブル期を多少なりとも見ているから、現実とのギャップに苦しむ人も多かったと思う

名無しさん
2017/03/07 13:05
大丈夫か!

名無しさん
2017/03/07 16:25
かもねっ、アメリカ見れば当たり前ですよ~
mljhvgt

名無しさん
2017/03/07 13:02
もうベーシックインカムの導入を考える時代になっていると思う。

名無しさん
2017/03/07 13:52
まだ「ひきこもり」なんて言葉もなく、ネットもなかった時代の話だけど、私の高校時代の先生が一人息子さんと無理心中しました。
「大学も行かず、一日中部屋でコンピューターばかりかまって困ったもんだよ。」と苦笑いしていたそうですけど、まだ大学生くらいの年齢なら、何も死ななくても・・・と思いました。

名無しさん
2017/03/07 15:35
おっしゃる通りです。
この事実を知らない人が多いと思います。

名無しさん
2017/03/07 20:25
以前秋田県藤里町の例が取り上げられNHKでも放送していたが、あれからまた年月が過ぎ、他の自治体でも調査を上げてくれた。現、40~50代もっと数字は高いはずです。とくに田舎は仕事もなく、支援が受けられない。もっと国は目を向けるべき。 

名無しさん
2017/03/07 12:58
この問題を個人の甘さとするのはあまりにも酷い気はする
当時、就職氷河期で1人当たりの求人倍率は本当に低かった
その後数年の間で、団塊の世代が一斉に退職することは明らかにわかっていたのだから、政府から各々の会社に対して団塊の世代が退職するまでの間の一時的な給付金などあればまた状況は違ったはず。
時の政府が何も対策をしてこなかったことに批判が少ないのは残念
今後行われる予定の京都府の調査なんて何のために行うのか
今大変な状態にある人を救うのは並大抵のことではない。

名無しさん
2017/03/07 17:18
職歴が多かったり、年齢が若くないと企業がとりたがらない。能力や適性があう仕事があるのに社会が受け入れようとしないのをなんとかしないとがんばれだけでは解決しない

名無しさん
2017/03/07 12:36
ひきこめる場所があるのは居心地良くそこが頼りになる恵まれてる証拠。一人暮らしだったらそんな余裕すらないわけで。

名無しさん
2017/03/07 12:37
年齢は関係ないというようなコメントもあるけど、今の若い子は確かにスマホばかりでコミュニケーションはヘタだけど、そもそも空気読んでトラブルにならない、面倒だからあまり悩まないって世代になってるから、うつ病減るんじゃないかという予想。
30代40代の不景気とエリート教育経験者のうつ病患者って男女共に深刻な気がする。
今だけに限らず、10年前の20代、30代のうつ病患者は症状が重い傾向にあった。
今は40代が最多という。
よくうつ病は元々のコミュニケーションの問題と勘違いされるが、むしろコミュニケーションがよくでき、明るく朗らかな完璧主義な人ほどなると言われている。
bat*****

名無しさん
2017/03/07 15:07
これ、社会問題として表面化したら、社会保障費がどうなるかわかったもんじゃない。引きこもりの40代以上の人たちは、国から社会のお荷物として黙殺されたってことか。酷い話だけど弱い者は生き残りが厳しい時代ですね。

名無しさん
2017/03/07 12:47
ひきこもりなんていつの時代にもいたはず。
そういう言葉がなかったり、話題にならなかっただけだと思う。

名無しさん
2017/03/07 14:14
「甘えだろう」という意見が出てると思ったら、意外にも共感の声が多いことに驚いた。

名無しさん
2017/03/07 13:05
引き込める場所がある奴はまだいい。ただ気の毒なのは親のほう。肩を押してくれる人がいても動くのは本人の意思。

名無しさん
2017/03/07 12:58
ある意味、職場~自宅の行動パターンのワシも該当かもな。

名無しさん
2017/03/07 21:11
40代以上で
引きこもりじゃないけど
仕事にも行ってるけど
実家に住んでいて
親が年金でごはん作ってくれて
生活費一円も入れてないって人もだいぶんいると思う

名無しさん
2017/03/07 13:31
若い頃ニートだったときもあるから
気持ちは分からなくもないけども
俺も正直紙一重だし
金さえあれば通販生活で家から出ないだろうし

名無しさん
2017/03/07 13:54
この問題については、正直、あまり知識、定見がないけど、国にとって切迫した危機だということはひしひしと感じる。
この問題だけじゃないけど、我が国は、色々なことを、一度、根本から見つめ直して、できる限り多くの人が協力して、制度の再設計をする必要があると思う。
正直、今の多くの政治家のように、率先して自らが歩み寄ったり、何かをするのではなく、敵を仕立てあげて、大衆の支持集めに血眼になってる御仁達では、どうしようもないように思うよ。

名無しさん
2017/03/07 07:54
今の30-40代って就職氷河期なんだよね。本当に仕事ないし、正社員募集あってもブラックばっかり。割に合わない世代。個別の対応が必要だけど、長期化すると益々社会に出ずらくなる。親も心配で元気な内はいいからと甘やかしすぎた。かといって親の資産と生活保護で生きていかれるのも、真面目に頑張っている人たちは不公平感がない訳ではなく…
******

名無しさん
2017/03/07 12:51
これは岩手県全体ではなく、町という小さな単位でのこと。大都市圏でどれだけいるか想像すると、国が本当に取り組むべきは、こういう人たちのケアではないか?

名無しさん
2017/03/07 12:40
もっと行政が現実を知ってアクションしてほしい。
自立支援と自律訓練が必要

Sponsored Link





名無しさん
2017/03/07 12:46
ひきこもりって
みんな他人事だと思ってるでしょうが
誰だってなる可能性はあると思う。
たよってる親が高齢になり
共倒れの可能性は高いだろうけど
親がいなくなった時に
ひきこもりってる人が
どう行動するかだと思う。
誰も助けてくれないなら
なんとか自分でしないと
生きていけないからな

名無しさん
2017/03/07 21:25
敗者復活が出来る社会になってほしいです

名無しさん
2017/03/07 19:35
職業で人を判別する現状も問題な気がする。
俺も20代で3年篭ってたが、「仕事何やってんの?」って質問はいまだに返答に躊躇するわ。
そういう質問する人とは交友関係を絶っていった

名無しさん
2017/03/07 12:46
引きこもりの気持ち分からなくはないが、親が死んだらホントどうするつもりなんだ?

名無しさん
2017/03/07 12:32
とっても良い記事ですね。

名無しさん
2017/03/07 13:43
最後の方の、『90歳の親に50歳の引きこもり』って・・

名無しさん
2017/03/07 12:51
引きこもれる環境があるというのは、個人の部屋があったりして、裕福な家庭が多いのかな?
自分の部屋の無い人はリビングで引きこもれるわけもなく。我が家はリビングが寝室にもなっていたから、引きこもれる場所なんて皆無だった。
qgk*****

名無しさん
2017/03/07 20:31
病気が多く、引きこもりではないんじゃない

名無しさん
2017/03/07 12:27
昔は、こういう人を『良いとしした大人が引きこもりとか』って思ってたんだけど、何がきっかけでそうなるかなんて分からないんだよね。
実際、お隣のお姉さんは、職場でうまくいかず、引きこもりになって、最終的には部屋で首吊って亡くなった。
自殺云々まではいかなくとも、こうやって大人が引きこもりになってしまったら、それがもしも長引けば親も本人も年老いて、結果共倒れっていうのはあるんだろう。
うまくサポートするのも難しそう。

名無しさん
2017/03/07 13:00
だから企業は年齢制限を撤廃し、新卒ばかりを取らなければこういう問題は発生しにくくなる

名無しさん
2017/03/07 13:17
夫婦共働きで子供達も独立し、何ら問題はない我が家でも、そのような境遇になる可能性は0ではない。他人事ではないと気づくのだけどどうしたらいいのかわからない。

名無しさん
2017/03/07 13:15
同情は簡単だが、いざ自分の同僚に引きこもりがちのコミュ障がいて自分より簡単な仕事でも出来なくて、給与が年齢水準でほぼ同じとかだと凄く嫌な気分にはなる

名無しさん
2017/03/07 13:42
こういうひきこもりにリモートでデータ入力の仕事でも振ればいいのに
人によってはプログラム組んだりとかできるんじゃないの?

名無しさん
2017/03/07 13:02
学生の時からと、社会に出たが何らかの…で引きこもりになるパターンなんですかね。後者は誰でもなる可能性がありますね。私も10ヵ月ニートだった事あります。今思うと大した失敗とかでなくとも、人のせいにすると言うよりかはそれにより自分の可能性とかそう言うのを信じられなくなり諦めてしまったりするんですよね。一度こもると、その内外に出るのが怖くなってきて…そう言うとき、誰か自分が敬う人の言葉1つで自分のように立ち直れる人もいれば、とことん駄目になる人もいる。一度狂い始めた歯車って本当に戻すの大変なんですよね…。
恥をかくのはしょうがないので、外に出る事がまず第一歩ではと思います。後、日本の家庭ってそう言うのを恥と思って隠したりするから、相談をしないから悪循環なんでしょうね。働きたくないとかいうやつは論外ですが。

名無しさん
2017/03/07 12:58
引きこもりも色々あると思うが
戦う事を忘れた人は、負けて逃げてもいいから
外に出て見てほしいと思う

名無しさん
2017/03/07 13:19
気持ちはよくわかるわw
*********

名無しさん
2017/03/07 12:50
親がいなくなった瞬間にアウトでしょうね、まぁ親がいる間はそんな事考えないんでしょうけど。

名無しさん
2017/03/07 13:05
自分の力でご飯がたべられれば、それでいいんです。
誰も、それ以上の事は望んでません。
頑張って欲しいですね(>_<)

Sponsored Link





名無しさん
2017/03/07 12:26
親が死んだらどうするのや?

名無しさん
2017/03/07 17:33
親と子が「共依存」の関係にある
俺も経験したが、親と離れて暮らすのが一番

名無しさん
2017/03/07 17:52
まあ団塊jr世代で、景気も悪くなって就職氷河期世代だから仕方ないんだよな
すぐ自己責任っていうけど、こういう人がいたから競争に勝てただけで
枠が決まってそれからはみ出した人がどうやって行政で支えるかが必要で、何もしてこなかったらかこういう結果になってるんじゃないかと
ちょっと世の中が前向きが善というけど、後ろ向きにならざるを得なかった人のおかげで前向きになれてる現実もあるんじゃないかと

名無しさん
2017/03/07 22:58
いやいや本人に問題大ありでしょ。みんなつらい仕事でも生活する為に我慢してる。中にはやりたい仕事してる人もいるだろうけどそんなのごく一部の人。自分も朝早いし仕事が嫌で嫌でしょうがないけど生活の為に我慢して働いてるよ。うちの介護施設に50代の親と同居のアルバイトの中年男がいるけといかにサボる事しか考えてないし年中愚痴ばかり言ってるしこんな人間だからアルバイトなんだな~っていつも思うよ。

名無しさん
2017/03/07 12:41
明日は我が身かな。

名無しさん
2017/03/07 13:33
土日一歩も家から出ないだけで月曜の満員電車で足がガクガクする。
転職で1ヶ月社会との繋がりが無かったときは体力、思考能力がガタ落ちした。
1年社会に出なかったら…どうなるんだろう。
よもや10年なんて…。復帰出来るのだろうか。
引きこもってしまう人はとてもナイーブなんだろうな。
キツイことも辛いことも沢山あるしイヤな人も沢山いるけど、そんなことも人生のいい暇つぶしだな、と開き直るくらい図々しく生きようと思ってほしいし、そう思うようにしてる。

名無しさん
2017/03/07 13:18
今の若者って言ってる世代とその親の方がよっぽどひどいw
俺らのが頑張ってんじゃんって思うわ。
xx******

名無しさん
2017/03/07 22:04
90の親と50の引きこもり息子…。衝撃すぎる

名無しさん
2017/03/07 18:07
引きこもりが行く施設に以前お世話になった
やっぱり高齢の親がよく話を聞きに来てた記憶がある
本人が来て、見て、聞いてくれるのが一番なんだけどねって先生方は言ってた
見学に行った親の話聞いても、自分には向いてない。外が怖い。行っても自分なんて…引かれるだけ…とか言い訳して行かないからね(私はそうだった)
ただ、行ったら居るのは同類。今思えば同類にお互いビクビクして面白い光景だったかもしれない
友達も出来たし、学校にも行けるようになったから私は行ってよかった。人付き合いの練習にもなったしね
親だけ頑張っても意味なんてほとんど無いよ

名無しさん
2017/03/07 12:39
30歳なら焦るけど40歳になると諦めがつく。
あと10年我慢すれば老後に入ります。
もう大きな転機はないでしょう…
40歳だと子供の頃は楽しかったのはないでしょうか?
親もちょうどお金があって日本も夢がある時代だったと思います。

名無しさん
2017/03/07 17:28
フリーターとかいう名前の自由人がいた頃じゃね?

名無しさん
2017/03/07 21:11
なんとかせねば︎

名無しさん
2017/03/07 12:20
ストライキなのです。
政府が対策するまでストライキするのです。

名無しさん
2017/03/07 12:38
なんか、明日は我が身で他人事ではない問題だ。
地域のコミュニケーションが、なかなかねぇ・・・・。
関係あるかないかはわからないけど、日本の社会全体に「楽しい」雰囲気がないんだよなぁ・・・

名無しさん
2017/03/07 17:42
氷河期世代の高卒だけど、
大卒含めた平均年収より貰って勝ち組のはずなんだけど
周りが大卒以上ばかりで、今度は結婚できない。
高卒の知り合いが出来ない。

名無しさん
2017/03/07 13:24
うちの息子も引きこもりの一途を辿りつつある
昨年夏から働いていない
働く意欲はあるんだが、職場では初日から凄い剣幕で怒鳴られまくられるらしい
何度と職場を変えても同じらしい
忍耐力が足りないと言われればそれまでだが、本人がやる意慾を無くす言い方だけはやめてほしい
来年には30になるが、親である私も持病があって働いていない
この先、私に何かあった場合には、息子は飢え死にしていくのかと心配で仕方ない

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ