うつ病なのによく食べ、よく眠る。若い女性に急増の「非定型うつ」とは?

スポンサードリンク

典型的なうつ病とは異なる「非定型うつ病」が、若い女性を中心に急増しています。

急増する「非定型うつ」は6~7割が女性患者

世界保健機関(WHO)が、世界のうつ病患者数が2015年に、全人口の約4%に当たる推計3億2200万人にのぼったと発表しました。日本では、うつ病の有病率6.5%、15人に1人が生涯に1度はうつ病にかかる可能性があるとされています。
患者数は2008年に初めて100万人を突破し、なお増え続けています。

そして「典型的なうつ病とは異なる」という意味から「非定型うつ病」と呼ばれる病型が急増しており、すでに全うつ病の30~40%を占めているという報告があります。
一般的にうつ病は女性に多いですが、「非定型うつ病」はさらに多く、女性が6~7割に上ります。中でも、20代から30代の若い女性に多く見られるうつ病です。

「甘え」「わがまま」と誤解受けやすい

「非定型うつ」の最大の特徴は、出来事に反応して気分が変わることです。
定型うつ病は、“2週間以上、一日中続く抑うつ気分”という状態が診断条件の1つになります。どんなに楽しいことがあっても気分は晴れません。
一方「非定型うつ病」は気分の変動が激しく、良い出来事には一転して元気が出て、快活になります。しかし長続きはせず、また抑うつ状態に戻る。こうした気分の浮き沈みが繰り返されます。これを「気分反応性」と表現します。

気分反応性は「甘え」や「わがまま」等と、よく誤解される原因となります。しかしこれは「自分自身でも激しい気分の波を制御できない」という「非定型うつ病」の症状なのです。

他者の言葉を極端に悪く受け止める

他人からの侮辱・軽視・批判に対して極度に敏感になる「拒絶過敏性」も「非定型うつ」の症状の1つです。相手は全くそんなつもりはないのに「自分が批判された」「見下された」「軽蔑された」等と否定的に受け止めてしまう傾向が強いのです。

例えば、職場の上司にささいなことで注意されただけでも「自分の全能力を否定された」と過剰反応して、翌日から会社を休んでしまったりします。出社しても上司の顔を見ただけで、抑うつ状態になります。「今日は頑張っているね」という良い意味での声かけに対しても「いつもは頑張っていないと思われているのか」ととらえてしまったりするのです。拒絶や批判を恐れるため、親密な対人関係を持てなくなったり、職場や学校を休みがちになったりと、社会生活に支障がでてきます。

「眠り過ぎ」に苦しむ

「非定型うつ病」の特徴に、過眠(10時間以上眠る日が週に3日以上)があります。とはいえ「よく眠れる」というよりも、「眠り過ぎ」障害に苦しめられます。
「非定型うつ病」の場合、他者から非難されたと思い込むと気分が落ち込み、併せて眠気が強まります。また「神経性疲労」で、体が鉛のように重く感じてしまうので、起きていられず寝るのです。

よく眠れば気分も落ち着くかというと、そうではありません。
熟睡は出来ないので、昼間も眠くて仕方なく、目覚めてもやる気が起きません。そして昼間も寝てしまう傾向があります。睡眠のリズムが崩れ、学校や職場を休みがちになり、日常生活にも支障をきたします。

甘いものを食べ過ぎて、体重が増加

「非定型うつ病」になると、ほとんどの人が甘いものへの欲求が強くなります。糖分には、抑うつ感を和らげる作用があるといわれており、甘いものを次から次へと食べます。
しかし、甘いものの効果は一時的なもので、食べ過ぎによって体重の増加を招きます。女性患者が多いので、太ったことで自己嫌悪に陥り、気分がまた落ち込む悪循環に陥ることもあります。

優しい言葉で、やんわりと励ましを

「非定型うつ病」は抗うつ薬が効きにくいという特徴がありますので、治療では医師や臨床心理士によるカウンセリング等の精神療法をうまく組み合わせます。

定型うつ病では「頑張れ」等の励ましはタブーとされています。
一方「非定型うつ病」の場合は、適度な負荷があった方が回復の一助となることが経験的に知られています。時には優しい言葉で、やんわりと励ましを。ただし、厳しい言葉は禁物。不安や焦燥感が強いときは、しっかり見守ることも大切です。


(引用元)ホウドウキョク 3/3(金) 18:30配信



2017/03/03 19:12
これ、もとは真面目でそうでなかった人がいきなりこうなるから病気であって元からこうなら病気じゃないよ。


2017/03/03 20:27
「今日は頑張ってるね」→いつもは頑張っていないってことか(怒)
これでパワハラとか言われたんじゃあ、上司もどうしたら良いか、戸惑いますね

名無しさん
2017/03/03 21:33
うつ病で本当に苦しんでる人は沢山いるけど、ただ甘えてるだけのやつも多く存在する。

名無しさん
2017/03/03 21:23
うーん、最近、発達障害の診断もDr.のさじ加減一つだからね。なんでも病気になっちゃう。それで、救われる人もいるみたいだけど。病人や障害を増やしてどうしたいんだろう?と思う。診断した後の後までちゃんとプランがあるならいいけど、そうでもなさそう。

名無しさん
2017/03/03 19:53
俺の働いてる会社にも鬱病で長期離脱してる人がいる。
会社も籍は残してあるんだけどたぶん復帰は無理じゃないかな。
精神病は甘えだ、精神科医は詐欺師だっていう人にはわからないだろうけど精神の病気の人を間近で見たら明らかにそして徐々に変になっていくのがわかるよ。

名無しさん
2017/03/03 18:37
疲れた時に甘いもの、と思って食べていたが、そうとばかりは限らない?
寝ても眠くて眠くてたまらない時もある。
どこからを病気と考えるか、でも変わってきそう。

名無しさん
2017/03/03 21:17
どんな人でも、精神科にいけば少なくとも一つは何かしらの精神病と診断されるんじゃないかと思う今日この頃。
数年前は、自分は何か神経の病気でも持ってるんじゃないかと疑う時期もあったけど、逆に精神病の症状のどれにも当てはまらない人なんかいないんじゃないかと思い始めてからはすこぶる元気です。

名無しさん
2017/03/03 19:35
周りにいます。
わがままとの線引きがよく分かりません。

名無しさん
2017/03/03 19:56
周りにもいっぱいいる。でも、甘えとの見分け方がいまいちつかめない。本人たちは苦しんでると思うけど、堪え性の無さを堂々と主張されてる気分。

名無しさん
2017/03/03 21:28
好きなことは初めのうちは出来ていた、そのうち好きなことまで出来なくなって何も出来なくなり籠もるようになった。
だったけどね、私は。
moo*****

名無しさん
2017/03/03 19:18
よく食べ、よく眠る。自分が好きなことは楽しくできるけど、嫌なことは途端にできなくなる。そしてうつ病の薬は効かない。
こんなのを病気に認定してはいけない。

名無しさん
2017/03/03 21:54
会社が資格取ることを推奨しだしたら、40超えた普段から楽なことしかやってなかった社員が続々と鬱病になったときは呆れました。
本当かどうか判断するのが難しいのは分かるが、自分に都合が悪くなると、それを利用して鬱病になりすます人は許せない。

名無しさん
2017/03/03 19:57
どこかの国の◯族の嫁みたい。
遊びに行く時は治る病気

名無しさん
2017/03/03 19:52
知り合いがこれだ。自分の好きなことだけやってるから、すこぶる元気。
ただ、嫌なことは相手を追い込んでまで遣らせるし、あの手この手を使って遣らせる。そのくせ、全ての手柄は、自分のもの。フォローに対する感謝の気持ちなど、サラサラない。病的とは感じるが、本人より、周りが鬱になりそうで怖い。

名無しさん
2017/03/03 19:16
これのどこが鬱なの?

名無しさん
2017/03/03 21:18
自己催眠病…。

名無しさん
2017/03/03 18:39
若い女性に急増…
はい解散!

名無しさん
2017/03/03 19:35
知人の奥さんがまさにこの病気。
よく食べて、よく寝る。家事はしたくないからしない。遊びには出掛ける。野良なだけ。

名無しさん
2017/03/03 19:34
単なる怠けである
男だろうと女ろうと、そーゆー人はいるけど、病気ではない
lif*****

名無しさん
2017/03/03 19:12
安易に「うつ」という病名を使うべきではない。心療内科、精神科に「早めに受診」すれば、薬物療法を受けることになる。薬物療法が精神障害者を世界的に各国で数十万人単位で作り上げていることは、ロバート・ウィタカーが2010年に発表した。ほとんどの深刻なうつはこれによる「薬害」である。メディアは製薬会社の商売に加担してしまっている。

名無しさん
2017/03/03 20:03
医療費使った治療の場でも、旅行のお土産渡し合い・飲みに行く・遊びに行く・・。病気でいる事で安心しているのかなぁと思ってしまう。

名無しさん
2017/03/03 19:46
新しい病名をつくって遊んでいる。

名無しさん
2017/03/03 20:46
電通の女性や士業、師業で男女性差の少ないくらい働いてる人は、うつかもしれないが、世の中の大半の女(正社員)は働いてない。
それで、ウツって、舐めてるんかと思う。

名無しさん
2017/03/03 19:44
非人道的だけども、非定型うつ患者が自殺まで追いこまれたら信じても良いかなと思ってる。

名無しさん
2017/03/03 21:20
何でも病気にするのはどうかと思いますね。
最近は病気である事を自慢げに話、堂々と休む人が居ますけど、その分こっちは忙しい思いして残業ですよ。そうすると働けないとか言って、生活保護とか受けるのかもしれないけど、こっちはお給料の1/3位の税金取られてるんですよ。それでも半分呆れながら優しく接してますけどね。
こっちは自分にムチ打って頑張れ頑張れ、「お前がやらなきゃ誰がやる」と自分に言い聞かせながら生きてるんですよ。
私だって人の意見や視線は気になるし、眠いし、辛いし、投げ出したい時だってある。
でも私が頑張るのを止めたら、また誰かにシワ寄せがいくから頑張るしかない。こっちだって頑張れるから頑張ってる訳じゃない。
世の中生まれて来たからには何事もやるしかない。生きるのは辛い。みんなそう。そして他人の評価より自分の評価を大事にする事。頑張ってる自分を自分が認めてあげれば、また頑張れるんだから。

名無しさん
2017/03/03 20:57
20代30代は色々厳しく言われてメンタルを鍛え上げられる時期でもありますからね。柔軟性のある時期に優しい励ましばかり受けてたら、逆にダメになります。
甘えやわがままと非定型うつ病を区別する診断基準を出してこない限り、どちらにしても甘ったれた若者を放置して、現実を乗り越えられず結果的にうつ病患者になってしまう。うつ病患者と非定型うつ病患者を増やすだけです。

名無しさん
2017/03/03 21:09
非定型うつという病名を変えてほしい。うつだから出来ないという言われればそれまで。こう言う人に何度苦しめられたことか。発達障害に入りません?精神科の学会で検討して下さい。
この世のゴミ

名無しさん
2017/03/03 21:20
基本的に、気のせい。

名無しさん
2017/03/03 21:44
ワタシの会社にそういう50代半ばの独身の男いるよ。男だぜ?非でも何でもありな男さ。だもん、結婚なんかできねはずさ。。気持ちワル…

名無しさん
2017/03/03 20:39
よーく読んだけど
それを人は甘えって言うじゃないか?
人から何か言われれば落ち込むし
疲れたら寝て忘れたくて寝ようとする
自分のすきな事には苦と思わずやれる
みんなそういう部分あるんじゃない
それを我慢して嫌な事もやる
それをうつ病って言われたら、殆どの人間うつ病だと思いますよ。

名無しさん
2017/03/03 21:02
「ワガママと誤解されやすい」て、それワガママですやん!
たかだか職場が一緒ってたけで、優しく声かけるとか気長に付き合うとか、無理ですし。
親子や恋人じゃあるまいし…
もーどうしたらいいのよ。

名無しさん
2017/03/03 19:00
気が滅入る、テンション下がる程度でも病人か

名無しさん
2017/03/03 19:31
あ~俺もこれだわ~(棒)

名無しさん
2017/03/03 18:45
「好きなことだけしかやりたくありません」
こんなの病気のはずがない。
喜ぶのは医者と薬屋くらい。

名無しさん
2017/03/03 20:24
恐らくほとんどが、発達障害の二次障害だろう。
「ワガママ」はアスペルガーなどによく見られる「こだわり」。
自分の意見以外は受け入られない脳の作り。
鬱であるかより、まずは発達障害かを診断してもらわないと、周りは苦労する。

名無しさん
2017/03/03 20:50
製薬会社と医者が結託していろいろ病気を創り出すからこれも病気なんだよwそのうちため息ついただけでうつ病認定されるよ。
may*****

名無しさん
2017/03/03 21:02
単にゆとり世代の女達が堪え性がないだけじゃないか?
仕事やる気ないなら、さっさと適当な男でも見付けて専業主婦にでもなれや。
自分は女だけど、激務なんで、この記事イラッとしたわヽ(`Д´)ノヽ(`Д´)ノヽ(`Д´)ノ

===========

(管理人コメント)

この非定型うつ病というのは非常に厄介でして、周りからみると本当になまけ病にしかみえません。

私の知り合いにもいまして、会社にはいけないのですが、FACEBOOKに楽しそうな飲み会の場面やら、海外旅行の写真やらでその方の友人は激怒していました。

仕事いけないのに、遊ぶなんて診断書を偽造してんじゃねえかと。

でも、非定型うつ病という言葉を知っていた私はなんとなく怒ってもしょうがないかなと思いました。

いや本当にこれは現代病といってよい現象でして、昔のメランコリー型のうつ病とは全く別の病気と考えたほうが良いですね。

どうして今の日本にこんな病気が蔓延しだしたのかを知るには、「気まぐれ「うつ」病ー誤解される非定型うつ病(ちくま新書)貝谷久宣」という本を読むとよくわかります。

詳細は書籍を読んでいただきたいのですが、要は、「ライフスタイル」の変化が若者の精神に悪影響を与えているということです。

そして、それを解消、解決する方法もこの本は示してくれているのでぜひ一読してみてください。

私も精神的不調を解決するのにこの本は役立ちましたので。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ