エアポッドの特徴、音質、使用場面、バッテリーを説明!

スポンサードリンク

エアポッドの特徴

エアポッドがアップルから発売されました。

エアポッドはアップルから出たただのヘッドフォンでなく、アップルのテクノロジーがつまった製品とも言えます。

ヘッドフォンは音質にこだわる面がありますが、エアポッドは音質以外に「指示を出すこと」ができます。

そして、エアポッドの特徴としては、すべてのアップル製デバイスと使えることが挙げられます。

iPhoneやApple Watch、iPad、Macにも対応しており、タップでSiriにも対応します。

耳につけるだけでセンサーが働き、瞬時につながり、話をする時には自分の声が相手にはっきりと届きます。

そしてワイヤレスヘッドフォンの手間がなくなるメリットがあります。

エアポッドを通してアップル製のデバイスに繋がるために接続状態は「いつでも」となります。

使い方も簡単であり、耳に装着することで感知したりします。

反対に耳から外すと一時停止をします。

Siriは、ユーザーに対してのコンシェルジェ、つまり執事みたいな働きをしてくれるためにエアポッドを通して指示を送るだけで、電話であれば、相手の名前を言って電話接続することもできれば、音楽においては再生指示を出すこともできます。

ボリュームに対しては、音量の調節ができ、マップに対しては行き方を指定することもできます。

今までSiriにおいてはiPhoneなどで使っていたことがエアポッドを付けるだけでカバンからわざわざ取り出す必要がなくなります。

エアポッドの使用場面

これらから様々な可能性が広がることが予想されます。

ドライバーの方であれば、運転中であれば、行き先を知りたい場合にマップと連動することもできます。

お子さん連れのママさんについては、両手が荷物やお子さんでふさがっている時、エアポッドを通して、ちょっとした用事でも電話することもできます。

睡眠時においては、なかなか眠れないとき、静かな曲を指示する事でそのような曲を流してくれます。

障がい者の方にも優しく、脳性麻痺を受けて動きがなかなか思うようにできない方に対しても有効に使う事もできます。

Sponsored Link




音質

ツイッター上では、次のように評価されています。

「構造上でもあるけど、ヌケ感がいい。かといって盛大に音漏れするわけでもない。優秀。低音がバリバリ響く、そういうのが好きな人には向かないかもだけど、全体的にバランスのとれたチューニング。」

バッテリー

バッテリーについては、1回の充電で5時間再生することができます。

24時間以上聴き続けられるように複数回充電できる充電ケースも用意されています。

充電ケースでは15分の充電で3時間再生ができるために急にバッテリーが切れた場合にも対応できます。

バッテリー残量はエアポッドをiPhoneに近づけて確認することもできれば、直接Siriにバッテリー確認をすることもできます。

Sponsored Link




その他

通話やSiriに話す場合には、デュアルビームフォーミングマイクロフォンが周囲のノイズを取り除いてくれるためにとても聴き取りやすくもなっています。

価格はアップルストアにて税別16800円で販売されています。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ