二重あごの原因を解消 自宅でできる顔やせダイエット

スポンサードリンク

二重あごの原因を解消

年を重ねると、皮膚の弾力が失われて二重あごになりやすくなりますので、要注意です。

なんとなくフェイスラインがぼやけてきたなと感じたらたるみが出ている証拠です。

二重あごになってしまう原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

表皮は全体で一つのものであり、つながっています。

加齢などが原因で皮膚がたるむと、重力に引かれて皮は下へ下へと引っ張られていってしまいます。

二重あごを解消するためには、頭のてっぺんから皮膚がたるまないようにするべきであり、ゆえに頭皮ケアが効果的なのです。

お肌の弾力を維持するために必要なコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどが少ないことが、二重あごの要因となる要素です。

ハリや弾力を保つ成分がストレスで発生する活性酸素や毎日のように浴びる紫外線によって破壊されます。

加齢によってもダメージを受けますので、20代後半にはほとんど体内で生産されなくなってきます。

表情筋を使わない生活をしていると筋力が低下し、たるみが増します。

年をとることによって皮膚がたるみ、紫外線の影響を受け、加えてあごは脂肪が蓄積されやすいため、二重あごになる要因が揃っています。

顔が実際以上に太く見えることが二重あごにはありますので、できるだけ解消したいものではあります。

?????????????????????????????????????????????????????????


自宅でできる顔やせダイエット

顔やせを実践したいという人は数多く存在しますが、どんな顔やせの方法が効果が高いのでしょうか。

毎日、表情筋を鍛えることで顔やせできるといいます。

顔やせは顔の脂肪が無くなって痩せるというよりも、表情筋を鍛えることで引き締めることが中心です。

口角や頬の皮膚はたるみやすく、顔やせのために強化したい部分です。

口まわりの筋肉を強くするために口を開け閉めして、顔のリフトアップを目指しましょう。

口を思い切り開け、直後に口を思い切り閉めることによって、表情筋を刺激し顔やせをすることができます。

より顔やせ効果を高めるためには、口の開け閉めの運動にプラスして、顎や首を伸ばしたり、曲げたりするといいでしょう。

顔やせには、顔をマッサージして血流を良くする方法もいいようです。

口をいーと言う時の形にします。

その状態で指先で少し強く頬全体を触り、コリコリとした固い部分を探します。

固い部分が普段使わなくなってしまった筋肉です。

筋肉をマッサージでほぐすと、フェイスラインがすっきりして顔やせができます。中央の指3本を固くなっているところに押し当てて、円を描く要領でマッサージをします。

停滞している老廃物や水分が、マッサージをすることでリンパ節から体外に出ていきます。

リンパの循環を整えるために、こめかみから耳の下にかけてを10回ほどなでます。

耳の下から鎖骨にかけてもリンパ腺がありますので、ここもマッサージをします。顔やせをしたい人は、毎日の筋肉とリンパ腺のマッサージを習慣化しましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ