ワーカホリックの意味・症状・原因・治療を考える

スポンサードリンク

日本人に多いワーカホリック

ワーカホリックという言葉を知っている人はいるのではないでしょうか。

名前から分かるとおり、「仕事依存症」という意味です。

仕事を頑張るのは素晴らしいことですが、度が過ぎるとワーカホリックになってしまいます。

ワーカホリックとは、残業や休日出勤してでも仕事がしたいという人の事で、仕事をしている時だけが優越感を感じる人のことです。

たいていの人は休日が欲しいですし、仕事を休みたいと思うのですが、ワーカホリックの人は仕事をしたくてたまらないのです。

また、仕事が中心に生活がまわっているので何もない日があると罪悪感を感じてしまうのです。

ワーカホリックの意味・症状・原因・治療を考える

ワーカホリックの症状

このように一見すると仕事が好きなのは良い事だと思うのですが、実は危険性を含んでいます。

例えば、鬱に陥る可能性、自律神経や心臓など健康面など不安が出てきます。

ワーカホリックの人は健康を害してでも働くので気がついたら取り返しのつかない場合になる時もあります。

また、休日も仕事をしていないと落ち着かず、イライラするなど精神的にも不安定になります。

このように、仕事が好きでも度が超えるとワーカホリックになり、生活面や健康に支障をきたすようになるので気をつけなければいけません。

ワーカホリックの原因

では、何故このようなことになってしまうのかその原因はというと、日本は拘束時間が長くサービス残業が多いなど仕事環境が良くないためなりやすいといわれています。

日本企業は世界でも稀な新規一括採用制度を採用していて、雇用した労働者すべてがエリート扱いなのが問題です。

欧米のように、ほんの一部のエリートと9割以上の出世も見込めない平社員、ときちんと立て分けがあれば良いのですが、大卒で採用した大部分が幹部候補ですので、労働時間が長くなるのは仕方ないのです。

また、日本人の真面目な性格にも原因があるといわれ、特に物事にのめりこみやすい人はなりやすいといわれているので自分である程度セーブして、仕事以外に楽しみを見つけて対策を考えましょう。

ワーカホリックの治療

スポンサードリンク

では、次は治療法について説明します。

ワーカホリックは体がどこか悪いというわけではないので対症療法が取られます。

ですが、偏頭痛や心疾患になっている人は薬物療法も用いられます。

どちらかと言えば依存症なので心の病に似たようなものなので、心のケアが中心になってきます。

例えば、日常から仕事を切り離すように気持ちの切り替えが出来る用になる事が重要なので仕事の日は出来るだけ仕事に関わることを考えないようにする必要があります。

このように、日本の労働環境自体がワーカホリックになりやすいといわれており、さらに日本人の真面目な考え方が拍車をかけているようです。

仕事が好きなことも大事ですが、休みの日はしっかりと心も体も休む事が大切なので仕事中心の生活の人は休みの日はもう少しリラックスして自分の好きな事をして過ごしましょう。

仕事はもちろん大事ですが、頭を切り替えて休みの日も大事にしてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ