虚血性心不全の原因、症状、治療、予防のまとめ

スポンサードリンク

虚血性心不全とは、狭心症や心筋梗塞をまとめて表した病名です。

虚血とは心臓に血液が届かない状態のことを指し、別名では虚血性心疾患とも呼ばれることがあります。

狭心症と心筋梗塞

正座をすると足が痺れることがありますが、これは鼠径部と膝関節の動脈が圧迫されることで、下腿の筋肉に供給される血液が減少することで痺れが起こります。

心臓も同様に何らかの原因で血液が減少すると胸が痛みますが、これを狭心痛と言い、この様な状態の人は狭心症という病名が付けられます。

そして、心臓に送られる血液が極端に減少したり、長いこと途絶えてしまうと心筋の細胞が壊死してしまいます。

この様な状態を心筋梗塞と言います。狭心症と心筋梗塞の違いは細胞が壊死するかしないかで見分けられますが、時には狭心症のまま突然死するケースもあるようです。

狭心症の原因と症状

一番の原因は動脈硬化と言われています。

動脈硬化は5歳頃から始まっており、徐々に年数が経つにつれて進行して、動脈が弾力性を失うと血流が悪くなり、健康な状態の時の3分の1以下に血液量が減ると狭心症が起こるとされています。

また、川崎病 梅毒 大動脈炎症候群などが原因で起こる場合もあります。

症状は胸の中央の痛みや喉のつまりを感じたりしますが、殆どの場合は1~5分ほどでおさまるのが特徴です。

狭心症の治療

基本的に薬物療法による治療が行われます。

発作が起こった場合にはニトログリセリン錠剤やニトロール錠剤を内服して動脈を広げて血流を改善します。

しかし効果が現われない場合は血管を繋ぐバイパス手術や心臓の収縮や拡張をサポートするバルーン治療などの外科的療法を行います。

スポンサードリンク

心筋梗塞の原因と症状

こちらも動脈硬化が原因とされ、高脂血症 糖尿病 肥満 高血圧 ストレスなどが心筋梗塞の危険因子とされています。

激しい胸痛が起こるのが特徴で胸が締めつけられたり、あるいは小指 左肩 背中などにも痛みを感じるようになります。

狭心症に似た痛みですが、なかなかおさまらないのが心筋梗塞特有の症状です。

心筋梗塞の治療

特に急性の心筋梗塞は死亡率が高く、短時間で病変することがありますので24時間医師が監視できる病院での治療がメインになります。

最初は安静にすることが大切ですが、これを守らないと不正脈や心臓破裂などの合併症が起こる場合もあります。

主に酸素吸入や血管確保、心電図モニターによる不正脈の発見、流動食による食事治療などを行いますが、バイパス手術やバルーン治療をする場合もあります。

虚血性心不全の予防

狭心症や心筋梗塞の原因は動脈硬化によるものが大半ですから規則正しい生活をすることが予防になります。

肥満ぎみの方は1日1700キロカロリーを目安して、大豆 豆腐 魚肉類 野菜などを摂ると良いでしょう。

塩分や糖分を過剰に摂取すると動脈硬化が進行しますので控えて下さい。

飲酒も少量なら血液中のHDLコレステロールを増やしますので、ビールならコップ1杯、日本酒なら1合が適量です。

また、熱いお風呂は心拍数が上がりますので温めのお湯に入ったり、睡眠も8時間程とるとストレスもたまりにくくなります。

虚血性心不全の原因、症状、治療、予防のまとめ

虚血性心不全にならない為には日常の生活を改善することが大切です。予防に勝る治療はありませんので過食による肥満の方や喫煙習慣がある方は特に注意する必要があるでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ