意外に知られていないワセリンの効果的な使い方

スポンサードリンク

意外に知られていないワセリンの効果的な使い方

ワセリンとは、誰もが安心、安全に使うことのできる保湿剤です。生まれたばかりの赤ちゃんから、高齢者まで幅広く使用できます。

十分な知識と理解を深め、より効果的に使用してみましょう。

ワセリンは天然の原油を高純度に精製して作られた皮膚のバリアを効果的に行う保湿剤です。

塗布することで、化学物質やほこりなどの刺激を抑制します。皮下組織へ浸透しないため、角質層に留まり、自然に皮膚が治癒するのを助けてくれます。

ワセリンは万能の保湿剤といえます。

たとえば、手の保湿を助けるハンドケアの役目を果たします。

ハンドクリームとして手の油分をださないようにし、また、手の乾燥を防いでくれます。

次に、リップクリームとして代用できます。唇の荒れを防ぎます。低刺激ですので、安心です。

ボディクリームとして、使うこともできます。

入浴後にワセリンを塗布すると、よりワセリンを満遍なく塗る事ができるので、オススメです。

お風呂上がりの赤ちゃんに塗ると、かゆみを防いで赤ちゃんは良質な睡眠を確保できます。

??????????????????????????????

しかも、外のほこりやカビ、化学物質からの進入から守るだけでなく、塗布することで、内側から、ステロイドや薬を塗っている場合、外へ逃げないようにします。

花粉症対策にもいいです。

鼻の中や、付近に塗ることでフィルターとして働き、花粉が鼻から侵入するのを防ぎます。塗った後は、マスクをするとさらに効果を発揮します。

2016年の研究で、アトピーの予防にワセリンが大変な効果を期待できるとの報告がありました。

これはかなりの朗報です。

アトピー性皮膚炎の原因遺伝子を突き止めた結果、ワセリンが有効であるという研究発表がなされました。

今後の研究で、ワセリンがアトピー性皮膚炎を完治させる救世主になる事に期待できます。

また、驚きの裏技として、虫刺されにワセリンを塗ってみてください。

かゆみをおさえます。

スポンサードリンク

体だけでなく日常生活にも有効なワセリン

次に、頑固な油汚れを落とします。

たとえば、自転車のチェーンについている真っ黒い油を、根こそぎ落とします。

革製品にも効果抜群です。長年使用しないと革製品は固まっていることがあります。が、塗ると油分がしみこみ、皮を使いやすくしてくれます。

レザーシューズといった革靴にも効果を発揮し、汚れをやわらかいタオル等で落とした後に使用すると、黒光りした綺麗なシューズになり、また、水をはじき、汚れにくくなります。

ワセリンは、安全、安心、どんなことにも効果抜群なミラクル保湿剤です。

老若男女に問わず、幅広く、どんなことにも使用できるので、是非、自宅に1つ置いておくイメージで、常備しておきませんか。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ