共産党の熊本地震関係の募金詐欺はひどすぎる等

スポンサードリンク

日本共産党は募金詐欺の常習犯

ネット上では、熊本地震に絡んで募金を行う善意の団体のニュースがちらほら見られ、日本人は助け合いの精神がまだまだあるんだなと思いつつも、一方で共産党のような詐欺政党が募金詐欺で世間を騒がせています。

なんと、香西かつ介氏は、衆議院選挙の候補であるにもかかわらず、ツイッター上で、「熊本の被災地支援、北海道5区補選支援、党躍進のためにありがたく」と平然と述べています。

共産党はこれまでも、募金をあらゆる機会を捕らえて行っていますが、結局のところ、共産党の運営に使われているだけ、募金詐欺の常習犯ともいえます。

更に募金箱の小さな注意書きには、「現地の党組織の裁量で使える」と書かれています。

なんのための募金なのでしょうか。

共産党の熊本地震関係の募金詐欺はひどすぎる等2

募金だけでなく署名活動も詐欺

共産党は、署名活動が盛んでことも有名です。

何かあると、署名を集め、あたかも庶民の味方としてふるまっているのですが、署名活動後、その署名の政策が実現されたことは聞いたことがありません。

署名をやるのは良いのですが、その後、政策が実現されたのか。

少なくとも、共産党HPをチェックする限りは署名した政策が実現したことはないようです。

詐欺、デマの常習犯の共産党

共産党は国会の審議でも、安倍総理から叱られています。

というのも、国立大学の学費値上げ「53万円→93万」というデマをHP上に堂々と載せています。(今は痕跡を残していません)

共産党デマの大前提が、大学の自己収入を1.6%増やすという財政審の答申に対し、共産党議員が次のように質問しています。

「これをすべて授業料値上げでまかなうと、将来いくらになりますか?」

そうすると、今の53万は93万に値上げして、云々と言う話になって、結局、仮定を前提にした質問であたかも確定したかのような印象を与えているわけです。

共産党の熊本地震関係の募金詐欺はひどすぎる等

「安倍政権では一度も学費を上げていないし、これからも上げないと断言している」「共産党によるデマ」と総理大臣自ら共産党に対してデマ政党と断じている状況です。

流石に最近、民共連合で、共産党が図に乗っている節があるので、記事にしてみました。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ