アメリカの就職活動の方法とは

スポンサードリンク

アメリカでの就職について

アメリカの就職事情は、日本とは大きく違っています。

特に大きな違いは、アメリカでの新卒者の就職には学歴がとても重視されることです。

学歴を重要としない採用方法をとる会社が、日本では就職での学歴差別をなくすために増加しています。

大学院を卒業していても就職に有利になるわけではありません。

院卒者の初任給も新卒者と同じくらいという会社が一般的だといわれています。

入社後伸びる将来性を一番に考え、業務知識があるかないかは関係ないポテンシャル採用が、日本の企業採用の特徴です。

対して、アメリカでは修士号や博士号を持っている方が就職に有利です。

新卒者でも専門的な技術と実務経験を持っている、即戦力であることを重視します。

大学の専攻内容も重視されますし、成績も重要です。

銀行に採用される新卒者とは、ビジネス専攻、経済学専攻、ファイナンス専攻の人がほぼ占めているのがアメリカの特徴です。

一方日本では、どの学部で学んだかはあまり重視されません。

大学時代の成績もアメリカの就職では重視されるので、一生懸命大学生は勉強に取り組みます。

膨大な量の宿題をこなし、積極的な発言が求められる授業に出席し、レポートや課題をこなしていい成績を残すことが、アメリカでは就職につながるのです。

アメリカの就職活動の方法とは

アメリカではインターンシップを利用しての就職を

アメリカで新卒者が就職する時には、インターンシップの制度が重要な意味を持ちます。

インターンシップとは、学生が企業などで研修生として働くことです。

会社にアピールしたり、自分がどんな仕事に合っているかを見定めることができます。

アメリカでは、学生インターンの多くは無給で、大学入学時から職場体験のために入ります。

卒業までインターンを継続することで、正社員として不可欠なレベルまで能力を向上することができるのが、アメリカのインターンです。

アメリカでは、高校の時から夏休みを利用して積極的にインターンに参加する生徒も多く見られます。

インターン先から有能と認められれば、そのまま内定をもらえるケースも少なくありません。

アメリカでは、ほとんどの学生が就職のためにインターンをしているといってもいいでしょう。

いくら新卒者でも、即戦力になれる人材が求められるのがアメリカの特徴です。

学生のうちからインターンとして来てもらい、卒業までに即戦力として育成し、卒業と同時に採用するという方法がアメリカでは一般的です。

インターンの制度は日本にもありますがまだ知られていないことが多く、ほとんど就職につながることはないといいます。

アメリカの就職では、新卒採用とインターンは密接なつながりがあります。

アメリカでの就職にはソーシャルメディアを活用する

スポンサードリンク

アメリカの就職活動では、インターネットの活用度合いが高いといいます。

会社によっては、エントリーと必要書類の提出はメールで行います。

電話やスカイプを利用して採用面接を行う会社もあるそうです。

アメリカの国土が広大であることや、人材を世界各地から採用することがあることに関係しています。

ニューヨーク、ロサンゼルス、シリコンバレーとアメリカの都市は国内のあちこちにあります。

採用面接の度にそれぞれの都市まで行っていたら、飛行機の費用が大変なことになるでしょう。

最近ではFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアが就職活動で活用されています。

ソーシャルネットワークを利用して就職活動をすることで、より採用の可能性が高くなるという調査もあります。

ソーシャルメディアを活用すれば、世界中のどの人とでも3人を介せばつながれるという学説もあるといいます。

アメリカの就職では、本当に必要な情報は公開情報にはならず、人づてで伝わると言われています。

ソーシャルメディアを積極的に活用して、企業も人材を探しているといいます。

ソーシャルメディアを活用してセルフブランディングを高めておくことは、アメリカでは就職のチャンスをつかむ重要なことだと言います

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ