男性の肥満の手っ取り早い解消方法

スポンサードリンク

男性が気を付けたい隠れ肥

男性の肥満が最近増えていますが、30代以降の男性にとくに要注意なのが隠れ肥満です。

隠れ肥満とは内臓脂肪型肥満と言われる肥満で男性に多いといいます。

男性にとって悩みの種である隠れ肥満に対策をすることによって、生活習慣病の予防や、メタボ体型にならないための継続的な取り組みを行うことができます。

一般的に見た目の体格が良い、体重が重い人を肥満と呼ぶことが多いのですが、実際は見た目だけで判断することはできません。

骨太だったり、筋肉質だったりという男性も多いですが、脂肪が少なければ肥満ではありません。

実際の肥満とは体脂肪が過剰に蓄積された状態をいい、体脂肪率が正常を超えた状態になってはじめて肥満と言えるのです。

脂肪が皮下についたものを皮下脂肪型肥満といい、内臓に蓄積されたものが内臓脂肪型肥満です。

内臓脂肪型肥満は蓄積された脂肪が血管に入りこみやすく、生活習慣病につながりやすいので要注意です。

中年以降の男性は、内臓脂肪型肥満からの生活習慣病に陥りやすいため、注意をしなければいけません。

内臓脂肪型肥満の場合はお腹が出てきてウエストサイズが大きくなっていきますが、

必ずしも外見で分かるとは限らないようです。

内臓脂肪が蓄積していることが、一見した限りではわからない状態のことを、隠れ肥満といいます。

隠れ肥満の場合には知らないうちにどんどん生活習慣病に進んでいることがあります。

とくに若い男性に多い肥満のタイプなので注意しましょう。

男性の肥満の原因とは

肥満の男性が最近増えているといわれていますが、なぜ男性の肥満が増加しているのでしょうか。

働き盛りの男性は全体的に運動量が少ないといいます。

1日30分以上の運動を1年以上継続している人は20%程度しかいません。

ハードスケジュールの中で働く男性は、運動をしたくても思うように時間が確保できません。

男性の肥満の背景には、食事の内容も関わっています。

一人暮らしの男性などはとくにコンビニ弁当や外食で食事をすませる人が多く、脂肪が多いメニューになりがちです。

男性は、女性ほど野菜を食べない傾向が強いとも言われており、20代、30代の男性ほど、果物や野菜の摂取頻度が低下します。

仕事や日常生活でのストレスが多いことも男性の肥満の要因となっています。

ストレスがたまるとついお酒を飲み過ぎてしまったりすることも男性の肥満が増加している原因ではないでしょうか。

男性が肥満を回避するためにはどうしたら良いのでしょうか。

男性はお昼ご飯を外食で済ますことが少なくないですが、可能であれば定食を頼むようにするといいでしょう。

うどんやカレーなどの単品メニューよりもバランスよく栄養を摂ることができるので肥満を防ぐことができます。

和食は、洋食よりもカロリーが少なく、栄養のバランスがとれているものが多いですので、できるだけ低カロリーな和食を食べるようにしてください。

いろいろな条件で肥満になりやすい男性ですが、普段の食生活を工夫して肥満を防止しましょう。

男性の肥満の手っ取り早い解消方法

手っ取り早いのは、置き換えダイエットです。

置き換えダイエットとは、普段の食事の代わりに、ダイエット用の食材や市販のダイエット食を使うという内容のダイエット方法です。

ダイエットの基本は食事と運動であり、食事のカロリー摂取量をどのようにして減らすかはとても大事です。

カロリーの低い食材や市販のダイエット食品に、3回の食事のうち1回か2回を、置き換えることになります。

代表的な置き換えダイエット食品には、キャベツやりんご、ヨーグルトやバナナなどがあります。朝食や夕食を、ダイエットのために食べない人がたくさんいるようです。

健康のためには何も食べないダイエット方法は体に負担がかかるので、かえってよくありません。

空腹時間が長すぎると代謝が低くなったり、体の活動量が減って仕事や勉強が思うように進まなくなることがあります。

置き換えダイエットであれば、体に負担をかけすぎずにカロリー制限をすることができます。

どんな人でも気軽に取り組める簡単なダイエット方法なので、長い期間継続することができるでしょう。

単独の食材でも置き換えダイエットはできますが、栄養に偏りが出ることがあるので注意しましょう。

置き換えダイエット用のダイエット食品を上手に利用するという方法が、栄養バランスを保ちたいという時には良いでしょう。

低カロリーで腹持ちのいいドリンク型やヌードル型、おかゆやリゾットタイプの商品もあり、味も形も違うので飽きずに置き換えダイエットを続けることがでるメリットがあります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ