不妊治療「まるでギャンブル」高額費用つぎこむ40代

スポンサードリンク

毎日新聞の記事(2016.1.17)からですが、興味深いテーマですね。

不妊治療を行っているクリニックは最近増えているのかあまりデータは持っていないのですが、自分の周りでも、不妊治療を受けている方は増えている感はあります。

自分の身近では、友人がそうでしたが、ネットで情報を探しまくって自分の住んでいる県外の病院まで足しげく通っている人もいれば、タイミング法などでお金をなるべくかけずなんとかしたいと頑張っているカップルもいます。

とにかく情報があまりないので、ネットで調べてどこの病院が良いかとかもあまり出てこない感じです。

記事によると、「3人に1人が治療に200万円以上を支出」とあります。

そんなにかかるのか?と思われるかもしれませんが、実態はもっとかかる感じです。

なぜそんなこと言うかと言えば、自分も経験者だからです。

不妊治療「まるでギャンブル」高額費用つぎこむ40代

高額費用つぎこむのは40代だけでない

自分も子供ができたときは、実は不妊治療を受けていました。

そのときにかかった総費用が300万以上でしたから、もっと不妊治療の費用はかかっているんじゃないかと考えています。

通常の診察から、人工授精、それから体外受精となったわけですが、体外受精は本当にお金がかかります。

手付金で50万とか、できた受精卵を移植するたびに数十万かかったりとか、とんでもないペースでお金が吹っ飛んでいきます。

テレビでは、クローズアップ現代で「産みたいのに産めない ~卵子老化の衝撃~」と言う番組があったり、「卵子老化の真実」なんて書籍が出版されていたりして、とにかく焦っていました。

結婚したのは32歳、妻も同じくらい年齢ですから、当初、子供については仕事が落ち着いてからなんて考えていましたが、甘かったようです。

35歳からは高齢出産になりますし、本当、結婚してすぐに子作りに励んでおけばよかったと。

病院で学んだのですが、女性が妊娠するには20歳代がベストのようでして、そう考えると、30歳代でもグッと妊娠率が下がってきて、やはり不妊治療が必要ってケースが出てきて、高額費用を準備しなくてはならないわけです。

ギャンブル(体外受精)にも参加できない人もいる

記事によれば、「不妊治療にはかなりのお金がかかります。NPO法人Fineの13年調査では、不妊治療費に100万円以上を支払った人が、回答者の過半数を占めました。また、回答者の3人に1人は200万円以上を支出していました。」とありました。

こういった高額な費用になると、不妊治療自体に二の足を踏む人も出てきます。

不妊治療を受ける際には、病院での説明会が定期的に開かれていたりしますが、そこで治療に関していろいろ学べます。

費用についてもざっくりですが説明があって、自分のとなりのカップルはひそひそ「こんなんじゃ破産しちゃうよ」と話していました。

そう考えると、自分の場合は貯金がある程度あったので対応できましたが、代わりにいろいろあきらめなくてはならないものもいろいろ出ました。

不妊治療は健康保険が適用されない部分が非常に多くて、実質全額自己負担です。

カードで分割なんて考えない方が良いですね。

数百万単位で費用が必要なので、ローン地獄で苦しむことになります。

若いうちに卵子と精子のチェックをするのが良い

スポンサードリンク

不妊になる原因は不明というケースもあるのですが、自分の場合は、妻の「多嚢胞性卵巣症候群」という病気が原因でした。

芸能人の山本(中西)モナさんの不妊原因と全く一緒でした。

妻はほとんど薬漬けのような感じでかわいそうでしたが、とにかく子供を作ると必死でしたので、自分としても協力できることはなんでもしようという気持ちでした。

女性の5%程度がかかる症候群で命には別状はないものの、自然妊娠は難しいとの医師の診断でした。

(妻は相当泣いていました・・・)

不妊治療をはじめてわかったことですので、タイミング法などでなかなか妊娠できない場合は、早めに病院でチェックしてもらうのも手かもしれません。

これが分かるのは、若ければ若いほど有利なのは言うまでもありません。

政府の助成金も数十万程度で頼りにならず、保険適用になる気配もなさそうなので、子供を将来的に欲しいと思っているカップルは、医師に相談してみると良いでしょう。

最近は不妊治療の敷居も低く、患者さんもすごい多いので、病院に行くこと自体、そんなに深刻にとらえる必要もありませんので。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ