プチ豊胸を失敗しないための注意点とは

スポンサードリンク

プチ豊胸とは

最近は、豊胸術の一つとして、エステのプチ豊胸を利用する人が増加していますが、どういった施術をするのでしょうか。

プチ豊胸とはバストアップのためのプロテーゼ挿入などを利用したメスを使った切開や縫合を含まない美容整形のことです。

オーソドックスなプチ豊胸が、ヒアルロン酸の注入です。

体の組織が円滑に稼働するように使われているものがヒアルロン酸で、人体には一定量が存在します。

豊胸手術というと手術痕が残る印象がありますが、ヒアルロン酸注入によるプチ豊胸では、注射をするだけなので、痕になりません。

もともと体の中にあるヒアルロン酸ですので、アレルギー反応の心配もありません。

施術にかかる時間も、30分ほどで終わります。

自然なペースで、徐々にバストサイズをあげることもできるわけです。

ヒアルロン酸はもともと体内にある成分なので、少しずつ吸収されていきます。

一旦は大きくなったバストでも、2、3年後には施術前の状態になります。

大きいままのバストにしていたい人は、数ヶ月おきにプチ豊胸施術を受けて、吸収された分を補います。

人によっては、結婚式などの体の線が出る服を着る機会がある時だけ、プチ豊胸を行う方もいます。

もしもプチ豊胸に関心がある人は、美容整形外科のカウンセリングで、詳しい話を聞いてみるといいでしょう。

プチ豊胸を失敗しないための注意点とは

プチ豊胸のメリット

プチ豊胸というのはヒアルロン酸の注射によってバストアップするものですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

メスを使って皮膚を切開する必要がないために、ヒアルロン酸によるプチ豊胸は手術の痕ができません。

シリコンパックなどの異物を入れる施術ではないので、体にもなじみやすいといいます。

美容成分として人気があるヒアルロン酸は、スキンケア用品なども使われており、プチ整形でもおなじみの物質です。

プチ豊胸では、麻酔を施してから胸を大きくしたい部分にヒアルロン酸を注射します。

メスを使う豊胸手術と比較するとダウンタイムが短く、すぐに日常生活に復帰できます。

仕事が忙しくて休めないけれど豊胸をしたい人にはおすすめの方法です。

施術後の痛みは筋肉痛程度と軽いことや、レントゲンでは撮影できないという利点もあります。

不自然さのないバストのふくらみをつくることができます。

一定期間でヒアルロン酸は吸収分解され、胸の大きさは元通りになります。

大事な時だけ胸を大きく見せたいという人に向いています。

プチ豊胸は施術の時間もかからず、皮膚を切開す必要のない気軽な美容施術ですが、事前にきちんとカウンセリングを受けることが大事です。

プチ豊胸を失敗しないための注意点とは

スポンサードリンク

手軽にバストサイズを大きくすることができるプチ豊胸が注目されていますが、失敗しないための注意点は何でしょう。

プチ豊胸は安全ですぐに終わるバストアップ施術ですが、プチ豊胸に利用されるヒアルロン酸は2~3年で体内に吸収されてしまいます。

持続時間は体質や、用いるヒアルロン酸の差がありますが、早い人では1年ほどで吸収されてしまうことがあります。

ヒアルロン酸注入によるプチ豊胸は、簡単な手術ですが、効果が続く時間が有限です。一定期間をおいてヒアルロン酸を注入し続けなければ、バストサイズは保てません。

最終的には、メスを使った本格的な豊胸手術よりも、金銭的な負担がかかってしまうことがあります。

プチ豊胸で使っているヒアルロン酸の注入液は、アメリカなどの機関が検査をしたものになります。

安全性は確認されていますが、技術が確立されてから数年しかたっていないので副作用が発生するのはこれからかもしれません。

プチ豊胸は、一般的な豊胸手術ほどお金はかかりませんが、両胸で10万円は必要です。

実は、ヒアルロン酸にはいくつか種類があり、極端に安すぎる料金体系だった場合、疑うことも大事です。

プチ豊胸の料金体系は、エステや美容クリニックごとに違います。

事前にカウンセリングを受ける時に、下手に遠慮などをせず、聞きたいと思ったことはどんどん聞いてみると安心できるでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ