妊娠中のダイエットは成功させる必要なし

スポンサードリンク

妊娠中のダイエットは大丈夫なのか

妊娠している時のダイエットはしても大丈夫なのでしょうか。

妊娠中の女性は、とても太りやすい状態です。

胎児保護のためや、もしもの時にそなえてカロリーをためておくためだといいます。

けれども、妊娠中毒症や、妊娠糖尿病の背景には、母胎の太りすぎがあります。

これ以外にも、妊婦が太ることの弊害はあります。

カロリー摂取量や、適度な運動を調節することにょって、ダイエットではなく、そもそも太らないことです。

妊娠している時は、ふえた脂肪をダイエットで減らそうという考え方はしないようにします。

病院から、妊娠した時の理想的な体重コントロールについては、指示があるのが一般的です。

病院の指導より太りすぎてしまったからといって、極端に食事量を減らしたり、過度な運動をするといったダイエットをすることはいいことではありません。

ダイエットを妊娠中にすると、胎児の成長によくありません。

妊婦の体重増加度合いは、産婦人科ごとに異なっています。

妊娠している時の体重は、過敏になりすぎないように、無理なく整えていくようにするといいでしょう。

健康状態を保つことを重視し、ダイエットをしなくてもいいような体重の増やし方を妊娠時は心がけていくといいでしょう。

妊娠中のダイエットは成功させる必要なし

妊娠中の体重を管理する方法

妊娠している時はゆるやかな体重増加を目指すことが重要であり、そもそもダイエットが必要ないようにすることです。

妊婦雑誌や、病院での指導でも、体重増加にばかり気をとられすぎて、中には神経質になってダイエットをしてしまう妊婦さんもいるようです。

妊娠をした時には体重がどの程度増加することが好ましいかの数字が、厚生労働省から出されています。

もしもダイエットをしないような体重のつけ方をしたいなら、どうすればいいでしょう。

健康的な食事と、生活リズムを整えることが、まずは大事です。

時間を決めて、1日に1回体重を計測することによって、体重に対する関心を高めることができます。

妊娠していると運動不足になりやすい人もいますが、軽い家事はして、体に負担のかからない程度の運動をするといいでしょう。

食事は一汁三菜がおすすめです。和食は低カロリーで、妊娠中の食事に向いています。

塩分の少ない料理をつくるために、酸味や香りを活かした料理を心がけて、しょっぱい物を食べすぎないように注意します。

ご飯の盛りつけ量を減らすために茶碗を子どもサイズに変えたり、食事の分量とメニューを書いてみるのもおすすめです。

ダイエットをしなくてもいい妊娠生活を送りたいものです。

妊娠時に適正量の食事を食べて、適度な運動をしていてもなお体重が増えたという人は、ダイエット云々というより、もともとその体重が理想形ということもありえます。

妊娠中に行うダイエットの弊害

スポンサードリンク

妊娠をしているけれどダイエットがしたいという人は意外と多いようです。

太りすぎずに出産をした方が体にいいと考える人もいます。

中には赤ちゃんがお腹の中で小さいままなら出産が楽という考え方や、妊娠中でも太りたくない人もいます。

妊娠と、痩せ体型を両立させたいという考え方が適切かどうかはさておき、妊娠時はダイエットはしないほうがいいでしょう。

母親の体に貯め込まれているカロリーは、妊娠初期の胎児はそれほど必要としていませんが、後期になればカロリーを消費して成長に回していきます。

コレステロール値や脂肪は、妊娠している女性は一時的に高くなることになるようです。

最近では、妊娠する前からダイエットに熱心な女性が多い影響で、出産される胎児の体重が低いままという問題が発生しているといいます。

妊娠している時にダイエットをすると、胎児に必要な栄養が足りなくなってしまいます。

栄養失調になった赤ちゃんは出産後も合併症の危険性が高く、発育不良のリスクがあります。

お腹に赤ちゃんがいる時にダイエットをすると、赤ちゃんの育ち具合もよくありません。

最近、妊娠中に母胎がしっかりと栄養をとれていないと、子供が肥満になりやすくなることが指摘されています。

胎児の時に栄養が足りなかったために、成長してからも少量の栄養でも体内に蓄積しようとするようです。

妊娠している時は太りすぎるのも体にはよくないですが、ダイエットをすることもよくはありません。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ