メタボリック症候群を予防する方法あれこれ

スポンサードリンク

メタボリック症候群を予防する食事

最近、メタボリック症候群のリスクが関心を集めていますが、食事による有効な予防方法は一体何でしょうか。

メタボリック症候群を予防するためには3~6か月で体重の5%を減量することが必要です。

食事の量は、1日で使うカロリー量を越えない分量を設定するようにしていきましょう。

体に必要な栄養の量を考えながら、適量の食事にすることが重要です。

内臓脂肪を増やす原因になる、間食や、ドカ食い、早食いはやめましょう。

軽度の肥満から、中等度の肥満の人が、メタボリック症候群になりやすい人です。

極端な食事制限はせず、1日に摂取するカロリーの量を1200~1800kcalにします。

ゆるやかな食事制限をすることで、メタボリック症候群を予防ましす。

運動の習慣を、上手に組みあわせていきましょう。

メタボリック症候群を予防するために食事量を減らすときに注意したいのはバランスよく栄養を摂り必要な栄養素が不足しないようにすることです。

食事バランスガイドを確認しながら、どんな食べ物を必要としていたか、肥満になりやすい習慣を未だに持っているかも大事なことです。

ただ食事の分量を少なくするのではなくて、規則正しく三度三度の食事ができるようにこともメタボリック症候群の予防です。

腹八分目の食事で満足できるように、早食いはせず、丁寧に咀嚼しながら食べることです。

眠りにつく三時間前には飲食の時間をもうけないことも、メタボリック症候群の予防効果が高いと言われているようです。

スポンサードリンク

メタボリック症候群を予防する運動

食生活の見直しだけでなく、運動をすることもメタボリック症候群の予防効果があるようです。

日常生活の中で積極的に体を動かす、軽めの運動を続ける、筋肉を鍛える運動を取り入れるという3つを行うことが大切です。

体内で蓄積されていた脂肪分を消費するためには、1日の消費カロリーが多くなるよう積極的に運動をして、代謝を上げることです。

毎日の生活リズムを損なわない範囲で、運動をするようにしましょう。

体内に蓄積されている内臓脂肪を効率的に消費するためには、車や電車での移動より歩く距離を伸ばしたり、階段を使うようにしたり、家でも職場でもこまめにきびきびと動くようにすることです。

体を動かす習慣づけをすることも大事です。

メタボリック症候群の予防は、軽めの有酸素運動が効果的です。

ウォーキング、ジョギング、サイクリング、水泳などです。

体にたまった脂肪を減らすには息が切れるような激しい運動は向いていません。

十分に呼吸ができるややきつい程度の運動である有酸素運動がおすすめです。

1日の活動に必要なエネルギーを多くするだけでなく、代謝アップ効果も運動には期待できます。

リバウンド予防や、ダイエット効率のアップのためには、基礎代謝を少しずつ上げることです。

基礎代謝は、筋肉が多い人ほど多くなりますので、筋トレ運動をするといいでしょう。

メタボリック症候群の予防のために、運動の習慣を体にしみこませるといいでしょう。

メタボリック症候群を予防する方法あれこれ

メタボリック症候群を予防するメンタルヘルス

メタボリック症候群の予防には、摂取カロリー量を調節することと、適度な運動が大事になります。

ストレスや精神疲労をためないことも大切です。

高血圧、糖尿病、高脂血症の症状がストレスで引き起こされたり、食欲向上や肥満に関わったりもします。

規則正しい生活リズムで毎日を過ごすこと、運動不足を解消すること、ストレス源を減らしたり、ストレス解消に努めることです。

ストレスが多くてもメタボリック症候群にはならないと思う人いますが、内臓脂肪の増減が影響を受けています。

ストレスが高まると、蓄積されたストレスを解き放つために、大いに飲み食いをしてストレスを除去しようとすることがあります。

ストレスを受けると、食欲中枢の働きを活発にするホルモンが出るために、どうしても食欲が増すことになるというわけです。

ストレスがたまるような忙しい生活は食事時間の不規則、早食い、夜食などのメタボリック症候群になりやすい食習慣を伴うものです。

心地いい睡眠を阻害するのがストレスです。

よく眠れていないと、食欲が強くなります。

睡眠不足から、食欲ホルモンの機能が高くなってしまうためです。

ストレス発散や、生活改善によって、十分に眠れるようになることが、メタボリック症候群の予防になります。

ストレスを蓄積させない、規則正しく適量の食事をとる、質のいい睡眠を確保することが、メタボリック症候群の予防につながると言われています。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ