手術をしない多汗症の治療方法とは?

スポンサードリンク

多汗症は手術で治すのもあり

多汗症で困っている人は大勢いますが、多汗症の手術では、一体どういった施術が行われているのでしょうか。

手術はあくまでも多汗症治療の最後の手段ですが、しっかりと治療したい人は手術も検討してみる価値があります。

多汗症の症状がある場所に、ボツリヌストキシンという薬を注射して多汗症の治療をする方法は、ボトックスといい、メスのいらない手術です。

ボトックス注射は、施術後まもなく今までどおりの暮らしに復帰できますし、手術の痕が残らず、副作用も起きづらいといいます。

ボトックス注射は、軽い気持ちで利用することができますが、3カ月から1年くらいで元通りになってしまいます。

ETSという方法で、手のひらの多汗症を治療することができます。

大量発汗の原因となる交感神経を切除したり、焼却することによって、多汗症の症状を抑制します。

ETSは脇の下に数ミリの穴をあけ、内視鏡を入れ映像で確認しながら交感神経の束を見つけて切断するそうです。

手術をしたその日に帰宅できますし、30分程度の手術時間ででき、手術の傷跡もごく小さいものです。

ETSのメリットとして、保険を使えば自己負担額が3割程度というところがあります。

もしも、多汗症の手術をするつもりであれば、副作用が出る恐れもあることを理解した上で、決断をすべきです。

多汗症の手術に、脇の下の汗腺を取り除いて発汗を防ぐというものがあります。

多汗症の手術は、体のどの部分の汗を出にくいようにしたいのかで方法が違いますので、症状に合わせた手術をしましょう。

手術をしない多汗症の治療方法とは?

多汗症は手術で治すのもありだが、気をつける点が

手術は、他の方法でも効果が出なかった時の多汗症の対策方法です。

多汗症手術をうける場合にはどんなことに気を付けたら良いのでしょうか。

手術前には、きちんとカウンセリングを受け、医者から話をききましょう。

多汗症の手術は、思わぬ副作用が出てしまう可能性があります。

本当に多汗症の手術を受けるつもりなのか、メリットもデメリットも含めてよく考えることが重要です。

手術によって多汗症を治療したことで、皮膚が腫れ上がる場合があります。

腫れを引かせるための手術をすることもあると言われています。

色素沈着が、多汗症の手術をした部分にできることもあります。

皮膚がもともと敏感な人、刺激に弱い人などは、手術によって肌の状態が変わる可能性を考慮する必要があります。

ワキの多汗症手術後稀に処置した部分が一部硬くなることもあるようです。

術後何日か経過してから、皮膚が固まってしまわないように、腕を動かすエクササイズをしましょう。

細菌感染のリスクがありますので、手術をしてから7日感はお酒を飲まないようにします。

多汗症の手術を受けたことで思わぬ後遺症が出てしまった時に備えて、生涯保障制度が付帯されている医療機関を使い、リスク軽減をはかるという方法もあります。

多汗症の手術を受けるに際しては、憂いのない状態で手術に臨めるよう、しっかりカウンセリングを受けることです。

多汗症は手術しないで治すには?

スポンサードリンク

多汗症が長年のコンプレックスだという人は少なくないようですが、手術をせずに多汗症の治療は可能なのでしょうか。

多汗症を治療したいと思ったらまず皮膚科にかかりましょう。

皮膚科で多汗症の状態を調べてもらうことが大切です。

多汗症の治療では、手術以外にも様々なやり方があります。

手術は他の手段が効果がない時に行うのが良いですね。

汗腺から汗がこれ以上出てこないように、塩化アルミニウムをつけるという治療法が、皮膚科では行われています。

塩化アルミニウムの塗布が可能なのは手のひらや脇の下などで、傷のある部分、粘膜の近くは、塗ることは認められていません。

汗をたくさんかく部分に、電気を通して発汗をとめるという、イオンフォーレシスという方法もあります。

まずは、水道粋に多汗症の部分をひたし、そこに電流を通します。

効果が出るまでに最低でも2週間ほどかかりますので、忍耐強く継続することが必要です。

治療は週に何度か行われますが、途中でやめるとしばらく後にまた汗が出てきます。

最近は、多汗症の治療を行うための装置が通販で注目されるようになり、国内でも多汗症の治療方法の選択肢が増えています。

交感神経の働きを抑えることで、発汗作用を抑制するという内服薬を、多汗症の治療に使うこともあります。

手術ではない方法で多汗症の治療をすることもできますので、まずは病院で話を聞いてみるといいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ