日本人女性や子供に不足がちな栄養素を考える

スポンサードリンク

日本人に不足しがちな栄養素

栄養不足と聞いて、豊かな生活をしている私たち日本人のことと思えますか?

必ず満腹とは言わなくても、必要十分量は食べていると感じている人は多いでしょうが、それでも栄養が不足することがあります。

ビタミンやミネラルが不足し、炭水化物や脂肪ばかりの食事を日常的に行っているという人が、日本では実に多いのです。

その要因としてあげられるものは、日本食離れが進み、パンや油脂を多く使ったカロリーの高い食事をする人が増加しているためです。

また、野菜などの素材そのものに含まれる栄養素も減ってきています。

1本のにんじんが含有しているビタミンA量を比較すると、1950年と1980年とでは、昔の1/3になっています。

今では、食材の栄養が、さらに減っていると言われています。

緑黄色野菜をたくさん摂取しても、十分な栄養素を摂取することができないのです。

土地が全体的に痩せてきているために、栄養が得られなくなっていると言われています。

野菜は、土の中に含有されているビタミンやミネラルを蓄えることで、栄養豊かになります。

土の中に含まれている栄養が足りないことが、野菜の栄養不足になっています。

栄養の少ない食事が増えたバックグラウンドには、加工食品への依存率が高くなってことがあります。

レトルトパウチや缶詰の登場頻度がふえたことはもちろん、精製された調味料や、米を使っていることも、関係しているといえます。

加熱をすれば熱に弱いビタミンは壊れてしまいます。

体にいい食事をしているつもりでも、ビタミンやミネラルなどの栄養素が不足しないように、サプリメントを使うのは良い方法といえます。

日本人女性に不足しがちな栄養素

日本人女性や子供に不足がちな栄養素を考える2

忙しい現代人は、栄養不足にもなりがちです。

パンやスナック菓子だけで食事を簡単に済ませてしまう人や、レトルトやインスタントに依存した食事をしている人、忙しくて食事の時間がとれない人などです。

どんな栄養素が、女性にとっては不足しているでしょうか?

女性は、カルシウム不足、鉄分不足とに、十分気をつけるべきです。

女性の体は、男性の体よりも、カルシウム不足の恐れがあります。

骨粗しょう症は女性に多いのです。

妊娠や出産、授乳を通じて子どものカルシウムを与えるので、骨に貯めてあったカルシウムがどんどん減ってしまいます。

また、女性は、毎月生理がありますので、血液の排出と共に鉄分も体から出て行ってしまいます。

人生の中で、生理が続いている間は鉄分が不足しているといえます。

また現代の女性は、欧米型の食事が多く、ビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養が不足しています。

ダイエットのため、体重を減らしたくて、油分の少ない食事をしている女性の場合、ビタミンEが不足してしまうということもあります。

体内の血がスムーズに流れるようにするためには、ビタミンEを取り入れる方法がおすすめです。

スポンサードリンク

体内のビタミンEが不足しないよう食事などを心がけることで、アンチエイジング効果も得られます。

ビタミンEはナッツ類や玄米、さんまなどにたくさん含まれています。

女性の栄養不足は心身の不調だけではなく、実年齢より老けて見られることもあるので要注意です。

毎日の食事が十分にとれないくらい忙しいという女性は、栄養不足をおぎなうためにサプリメント等を活用してください。

日本の子供に不足しがちな栄養素

日本人女性や子供に不足がちな栄養素を考える1

最近の子供の栄養素が不足になりがちな理由は、食生活や、生活習慣の変化だと言えます。

現代の子供が食事だけでは不足しやすい栄養素には、何があるでしょうか?

特に気をつけなければいけないものは、女性同様、鉄とカルシウムが不足することです。

子供からすれば、カルシウム不足、鉄不足は深刻です。

カルシウムは骨や歯のために、鉄分は血液のために使います。

カルシウムは牛乳など乳製品、魚介類、大豆製品などに、たくさん含まれています。

鉄分は豆類、肉類、卵黄などに多く含まれています。

どうすれば、子供の栄養不足を未然に防ぐことができるでしょう。

大事なことは、毎日三度三度の食事をすることです。

今は共働きの家庭も多く、加工食品や外食などに頼りがちですが、工夫して子どもの栄養不足を改善する努力をしましょう。

品物を吟味して、いい加工食品を使うという方法もあります。

料理の段取りや方法も工夫しながら、上手に手抜きをして栄養を補っていきたいものです。

子供の栄養不足対策には、体にいいおやつを出すという方法もあります。

朝昼晩の食事では不足している栄養素を、おやつの果物や芋類で与えるというやり方もあります。

子供の食事に問題ないかを調べるには、食事バランスガイドを使うといいでしょう。

年齢別に、必要な栄養素が示されていますので、ガイドに沿って献立を組み立てると毎日の食事を考えるのもラクになります。

子供が成長期に入った時に、栄養不足に陥らないように注意をしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ