吃音の改善トレーニングでは習慣付けることが大切

スポンサードリンク

吃音の改善トレーニングは心理的にもプラス

話ベタな人や口ベタな人など、会話を不得意とする人は意外と多いものの、吃音の悩みを抱えている人も同じく会話を得意としていない傾向にあります。

吃音では、同じ音を繰り返したり、詰まったりなどの明確な言語症状があるものの、言葉を司る脳や発語器官などには明確とされる病の根拠は無いものとされています。

また、言葉の詰まりや吃りなど、流暢に話すことができない場面が多々出てくるため、本人は不安や悩みなどを抱え込みやすくなり、会話を避けようとする傾向にあります。

主に言語症状が現れるのですが、一般的に音声言語面にて症状として現れるのが特徴です。

例えば、語音や音節の繰り返しでは、トマトの言葉がトトトマトのように最初の語を繰り返しやすく、初期段階で多く見受けられます。

吃音は幼少期の頃に発症するケースが多く、一般的な見解ではクセとしてのインプットが挙げられています。

しかしながら、会話を楽しむためには少しでも改善させることも重要視されており、理論に基づいたトレーニングを行うことによって一定の効果があることが実証されています。

改善させることにより、話すことだけではなく、心理的にも良い方向に働くためにプラスαの魅力が挙げられています。

吃音の改善トレーニングのコツは?

スポンサードリンク

トレーニングを行う場合に注意しておきたい事柄としては、完璧にコントロールするなどの意識の元で行うことは避ける必要があります。

また、イメージでは発声練習などを想像しがちですが、滑舌が悪いのではないため、改善や治すことには発声は意味を持たないのもポイントとなります。

吃音を引き起こす要因となりやすい過剰な意識やコントロールなどは必要ではなく、今よりもラクに話せるようにしたい気持ちから行うことで緊張がほぐれ、流暢な会話へと結びつけることが可能となります。

吃音の改善トレーニングでは習慣付けることが大切2

さらに吃音の人というのは、早口での会話を繰り広げる傾向にあり、まずはゆっくり話すトレーニングからはじめ、習慣付けることがコツです。

最も効果的な改善トレーニングが軟起声法で、単語の最初の母音を少し伸ばすように発声するというもので、優しく囁くように発声します。

例えば、ありがとうの言葉も、あーーりがとうと母音を伸ばしますが、苦手とする単語や吃りそうになった際に囁きをイメージするだけで効果をしっかり実感でき、言語聴覚士による治療でも利用されているトレーニング法になっています。

録音機を用いて、客観的に観察し、ゆっくり優しくを意識し、習慣付けることでラクに改善させられます。

最近では、簡単で優れたトレーニングを用いて吃音を克服することができます。

下記の教材はその最たるものですので、是非ご確認下さい。

ギフト券付き【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ