大人の吃音の原因は病気ではない事が多い

スポンサードリンク

大人の吃音の原因は病気ではない事が多い

人間は成長するに従って、取り巻く環境が変化していきます。

その場面に応じた対応能力なども、同時に養っていきます。

しかし、中には、大人になってから、吃音などの症状に悩まされるケースなどがあります。

大人になってからの吃音の原因については、言語障害というよりも、精神的なストレスなどが起因している場合が多いです。

こどもの時には、吃音という言葉さえ知らずに、特に意識する事なく成長し、語彙が増える事で症状が自然に改善されていく場合もあります。

大人の場合には、吃音に対する恥ずかしいという気持ち、メンタル面が大きく先立つ場面があります。

自分が話す場面において、また吃音の症状が出てしまうのではないか、という極度の緊張状態に陥る事があります。

その場に焦ってしまうほど、状況が空回りして症状が出ることになります。

原因としては、精神的な極度の緊張感がありますが、これが身体的な面においても影響を及ぼします。

例えば、人前で話す時には、スムーズに話せる事が理想的ではありますが、緊張してしまうと、声がうわずるなどの症状にもなります。

声を発するに必要なからだの筋肉についても、極度の緊張、硬直がはじまるため、声がうわずる、通常の呼吸すら上手くできないなどの症状に陥る事があります。

精神的な緊張は、からだの筋肉を硬直させるといった影響があります。

大人の吃音の原因は病気ではない事が多い

大人の場合、解決方法は身近に

スポンサードリンク

大人になると、社会に出て、職場などで業務のために、周囲の人と話す必要性などもあります。

場合によっては、プレゼンなどの場面も出てくる事があるでしょう。

この様な人とのコミュニケーションが必要な場面になると、吃音の症状が出てしまう事があります。

コミュニケーション不全が原因の場合があり、職場の人と会話をしながら少し練習するなどすれば、症状改善に役立ちます。

そもそも、周知の間柄の仲間と話す時には、症状が出る事なく、スムーズに会話ができるという人も見られます。

一方で、職場などにおいては、毎日顔を合わせていても、上司などの緊張してしまう人も存在します。

また、異性の同僚など、普段はさほどプライベートな事について会話をする事もない仲間などは話しづらいかもしれません。

自分にとって慣れない相手が存在した場合、会話、プレゼンの場などで吃音の症状が出る人もいます。

大人になってからの吃音は、症状を自覚している事が多いため、それだけ悪い状況を先に想定してしまうなどがあります。

ただ、職場などの場合には、毎日同じ顔ぶれで仕事をするでしょうから、普段から少しでも簡単な会話をして、緊張感が発生しない様にコミュニケーションをとっておくなど、症状の防止に繋がります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ