子供の視力低下にすぐ眼鏡をかけさせるべきか?

スポンサードリンク

子供の視力低下に気づいたらメガネ、が多い

子供の視力低下は、学校で行う視力検査によって気づくという家庭が多いのではないでしょうか。

学校で視力検査をして、持って帰ってきた検査結果に驚いて眼科に行ってみると、実は視力が悪いからと。

そこで、メガネをかけるように勧められることは、子どもがメガネをかけ始める一般的な流れとなっています。

視力矯正の方法にはいろいろな方法がありますが、その中でも最も安全性が高いと言われていて、今すぐに視力が良くなる方法として知られているのが、メガネです。

中学生や高校生ぐらいになれば、見た目やスポーツなどのライフスタイルもあってメガネよりもコンタクトレンズを選ぶ子供が増えます。

しかしながら、自分で着脱する際に眼球に触れたりするので安全面も考えると、小学生以下の子供の場合には、視力が悪くなったと言えばメガネを検討することになります。

メガネはどれくらい視力が下がったらかけるべきか

それでは、メガネをかけるのは、視力がどのぐらいになった段階で決断すればよいのでしょうか?

メガネが必要な視力は、日常生活をするのにどのぐらいの視力が必要かによっても異なります。

子どもの場合には、席に座って前の黒板が見えないと学校生活にも支障が出てしまうので、黒板にかかれた文字がはっきり見えなくなった時点で、メガネをかけ始めるようにするのが目安となります。

クラスによっては、視力が悪い子供たちは前の席に座らせてくれる場合もありますが、子どもによっては席替えを楽しみにしていることも多いです。

そのため、学校生活は黒板の文字が見えるかどうかだけでなく、体育館や屋外でも遠くが見えなければ困ることも多くありますから、視力の目安としては0.7か0.8ぐらいにしてメガネをかけ始めると良いでしょう。

ただし、どのぐらいの視力かによって、常にメガネをかけ続けるべきなのか、それとも必要な時にだけかけた方が良いのかは異なります。

子供の視力低下にすぐ眼鏡をかけさせるべきか?

視力が0.3以上0.7以下の場合には、日常生活では遠くのものがボンヤリを見えることはあるものの、普段の生活をするには困らないことが多いので、学校の授業を受ける時などにメガネをかけるようにすると良いでしょう。

かけなくても困らない時間には、かける必要はありません。

視力が0.3未満の場合には、自分のすぐ目の前のものでもボンヤリしてしまいます。

メガネ無しでは日常生活も不便ですし、場合によっては危険になってしまいます。

スポーツなども、はっきりとものが見えなくては球技ができませんから、常にメガネを用いるように心がけたほうが良いでしょう。

スポーツの際にメガネが外れてしまうのが困るという場合には、スポーツ用のメガネやはずれないようなバンドなどもあるので、眼科の医師やメガネショップなどに相談してみてはいかがでしょうか。

眼鏡で矯正する方法よりも、短期に子供の視力を回復させる方法があります。

ギフト券付き1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

試してみる価値はあるので、是非ご確認ください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ