子供の視力低下を予防するために親ができる事

スポンサードリンク

視力低下の原因になりやすいパソコンやスマホ、テレビ、ビデオゲーム

日本人は他の国民や民族と比べて視力が悪くなりやすいと言われています。

その理由や原因には諸説ありますが、日本人は就学前の年齢から本を読んだりして目を酷使する環境になりやすい事も理由の一つといえます。

日本のお受験年齢が低くなり続ける昨今では、視力が悪い子供の数が増加していると言われています。

実際に、文部科学省が行った調査によると、視力が1.0以下の子供の数は以前よりも増えていて、幼稚園で28%、小学校で31%、中学校になると54%、そして高校になるとなんと64%の子供が視力1.0以下となっています。

子供の視力をこれ以上低下させないためには、各家庭で親ができることはたくさんあります。

まず、視力低下の原因になりやすいパソコンやスマホ、テレビ、ビデオゲームなどの時間をきちんと管理して、長時間ずっと同じ距離の画面を見続けることが無いようにすること。

そして、こまめに休憩を取るように勧めたり、休憩を取る時には遠くを見つめたりなどして、子どもの焦点が一か所に固まらないようにしてあげることもおすすめです。

また、目を使う際に部屋の照明が暗いのも、視力が低下する原因となるのでNGです。

パソコンやスマホ、テレビ、ビデオゲームなどをする場合だけでなく、読書をしたり勉強をしたりする際にも、手元はしっかりと明るい照明を使うように心がけましょう。

照明が暗い場合と明るい場合とでは眼精疲労の度合いが異なるだけでなく、視力が悪くなりやすいかどうかにも大きな差があります。

家庭によっては、パソコンやゲームの時間に制限をつけて、一日1時間までと決めることで視力低下を防止しようというルールを作っているところもあります。

時間制限をすることによって、目を疲れさせすぎないという点ではプラスの効果が期待できます。

何時間までなら視力低下が防止できるという時間的な線引きがあるわけではなく、あくまでもどんな環境で目を使うか、時間よりも環境の方が視力低下には大きな影響があります。

子供の視力低下を予防するために親ができる事

子供の視力低下を予防に姿勢も大事

子どもの姿勢を正すことも、各家庭で親ができる視力低下防止対策となります。

姿勢が悪くて猫背だと、目で見る対象物と目の距離が近くなり、視力が悪くなる原因となります。

それだけでなく、姿勢が悪いと肩こりや背中の凝り、筋肉痛などの原因となってしまいます。

年齢がある程度たってから姿勢を治すことは難しいので、できるだけ就学前の小さな子供のうちから姿勢は良くするようにしつけをしたほうが良いでしょう。

もしも子供の視力が悪くなっても、あきらめる必要はありません。適切なケアをすれば視力矯正することもできます。

安心してくださいね。

もし、子供の視力が低下してしまっても焦ることはありません。

下記の教材で、みるみる視力を回復させることが可能です。


ギフト券付き1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ