子供の視力低下のサインを見逃さない!

スポンサードリンク

子供は自分で視力低下を気づけない

もともと視力が良かった人が、思春期や大人になってから視力が低下する場合には、クリアな視界とボンヤリする視界とを比較することができますから、自分自身で「視力が悪くなったな」と自覚できます。

しかし、小学校低学年以下の子供の場合には、自分で視力が良いのか悪いのかを判断することができないため、周りが気づかなければ発見が遅れてしまうことが多いものです。

視力はある日突然悪くなるというわけではなく、毎日の生活の中で少しずつ低下してしまうことが多いものです。

そのため、子どもにとっても普段の生活と同じ景色なので自覚することができません。

子供の視力低下のサインはいくつかある

スポンサードリンク

子供の視力が低下することによるサインは、いくつかあります。

例えば、ものによくぶつかる場合には、視力が落ちていることが考えられます。

もちろん、もともとおっちょこちょいの子供などは、視力が良くてもものにぶつかったり転んだりすることが多いのですが、親が見ていて少し気になるなと思ったら、とりあえず眼科で視力検査を受けてみると良いでしょう。

子どもが目を細めるような仕草をした時にも、視力の低下が考えられます。

遠くのものがはっきり見えない時には、子どもは目を細めることで見やすくなる場合があります。

視力が悪くない子供は、目を細めるという仕草はほとんどしませんから、もしも目を細める頻度が多いなと感じたら、視力低下を疑って一度検査に連れていってみてください。

子供の視力低下のサインを見逃さない!

テレビを見る時に、近くに座ろうとするのも要注意の行動です。

子どもが大好きなテレビ番組は、子どもにとってははっきりと見て楽しみたいものです。

自分では視力が悪いことを自覚していなくても、はっきり見える距離まで近づいて座るのが子供が良くする行動なので、もしもテレビのそばに座りたがったら、見えやすさが違うのか聞いてみてください。

近い方がよく見えるという場合には視力が悪いことが考えられます。

その他には、目を見開いたり、頭を左右に振って見たり、まるで目の調子が悪いようなしぐさをする際にも気を付けなければいけません。

また、視力がぼんやりしていると人間は頭や目が痛くなったりすることが多いので、もしも子供が日常的に頭痛を訴えるような場合や、疲れやすい場合などにも、視力が悪い事によって引き起こされている症状と考えることができます。

放置していても原因を取り除かなければ自然に視力が回復することはありませんから、適切なケアで早期発見と早期矯正を目指したいものです。

下記の教材では短期間で視力を回復できるコツが学べます。

ギフト券付き1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ