子供の視力が低下する本当の原因とは?

スポンサードリンク

子供の視力が低下するのはなぜ?

「子供の視力が悪い」と言うと、私たちは一般的に「近くが良く見えるのに遠くが良く見えない」近視のことを指します。

日本人は他の国や民族と比べると、近視になる人の数が多いと言われていますが、その原因ははっきりと分かっていません。

しかし、視力が悪い親から生まれたために遺伝的に視力が良くない遺伝説や、照明の明るさや目をどれだけ酷使するかなどによる生活習慣が原因と考える環境説が、子供の視力が悪くなる原因として考えられています。

医学的には「視力が悪い」と言っても近視だけでなく他にもいろいろな種類がありますが、日本人に多い近視に限って言えば、親からの遺伝的な割合が高く、遺伝する確率が89%となっているようです。

しかし、親の視力が悪くても子供の視力が悪くならないこともありますし、生活習慣を改善することによってそれまで悪かった視力が改善されることも少なからずあるものです。

特に、成長盛りの子どもに関しては、身長が伸びると同時に眼球のサイズなども少しずつ変化しているので、成長に合わせて視力が悪くなってしまうことは珍しくないようです。

人間の眼球には、手前にレンズの役割りをする水晶体があり、背面部分にはレンズに映し出されたものを投影する役割をしている網膜があります。

子供の成長によってこの水晶体と網膜の距離が長くなったり、眼球の大きさが成長することでレンズ部分が薄く引き伸ばされたりすることによって、焦点の位置が少しずつずれてしまうことになります。

子どもの視力が悪くなると、成長に合わせてどんどん悪化してしまうことが多いのは、そのためです。

子供の視力が低下する本当の原因とは?

遺伝だからとあきらめる必要はない

「自分の視力が悪いのは親からの遺伝だから仕方ない」とあきらめる必要はありません。

専門家の中には視力が悪いのは遺伝的な要素よりも環境的な要素の方が大きいと力説する人も少なくないのです。

例えば、勉強したり本を読んだりする時の姿勢や部屋の照明などは、親が気をつけることによって改善できますし、目を酷使したら少し休憩時間を取って遠くを見る習慣をつけることによっても、視力低下を防止することが可能です。

親の視力が悪いと子供の視力も悪くなりやすいと言われている理由には、親と子どもとでは生活環境が同じで親が育った生活環境をそのまま子どもにも提供していることが多いため、実際には遺伝的な要素でなくても環境的に親と同じ視力になりやすいということもあるのかもしれません。

遺伝だからとあきらめず、子供の視力は適切なケアで改善できる可能性があることを理解しておきましょう。

ギフト券付き1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

子供の視力を効果的に回復させるための2つのポイントがありますが、上記のリンク先の教材で実践するのが効果的です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ