石鹸洗顔のみで美肌になるコツとは

スポンサードリンク

石鹸洗顔のメリットとデメリット

洗顔を石鹸だけでする人が最近増えているようです。

洗顔フォームやクレンジングが肌に合わない人にも石鹸洗顔はおすすめですが具体的にはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

角質層にダメージを与えないことが、石鹸を使う洗顔のいいところです。

湯水で洗い流すと肌に界面活性剤が残らないからです。角質が痛まないようにするには、界面活性剤を残さないことです。

本来の役目を終えてからはがれるようになるのです。

しっかりと肌が育つ時間を与えてくれるということです。

石鹸の泡をのせてから30秒程度でやさしく擦らずに洗えば、肌にとって石鹸洗顔はとてもメリットがあるといえます。

石鹸洗顔のデメリットは、アルカリ性であることによって敏感な肌にとっては刺激を与えすぎてしまうことです。

洗顔フォームは保湿成分のある界面活性剤が水分を留めるので、乾燥対策になります。

石鹸のデメリットを補うためには、肌の洗浄レベルを下げて肌が育つブレーキになるようなことを避けることが大切です。

例えば、洗浄力の強くないクレンジング剤で化粧を落とし、水洗顔で汚れを落としてから、手早く石鹸を使います。

肌が過敏な状態のときは石鹸洗顔をせずに様子を見るようにし、健康になってきたら石鹸洗顔に切り替えるという方法がおすすめです。

石鹸洗顔

石鹸と手ぬぐいだけの洗顔

最近話題になっているのが手ぬぐいと石鹸だけを使った洗顔方法です。

昔ながらの手ぬぐいを使った洗顔方法は、洗い心地が気持ちいいばかりではなくクレンジングがいらなくなるといいます。

角質ケアには、手ぬぐいを使う方法が効果があると言われているためです。

手ぬぐいでの洗顔方法は江戸時代から行われてきたもので、日本人の肌に合っているといわれています。

くすみが少なくなって肌の透明感が増し、化粧水がよく肌にしみ通るようになるという利点もあります。用意するものは手ぬぐいと石鹸、泡立てネットだけです。

新品の手ぬぐいは1時間ほど水につけておきましょう。クレンジングはせずに、顔をぬるま湯で濡らします。

メイクは手ぬぐいでゆっくりと抑えるように上から下へ拭き取るようにします。

やさしくゆっくりと行うのがポイントです。メイクを落としたら洗顔石鹸で顔を洗います。

泡立てネットを使ってキメの細かい泡をつくり、その泡を顔全体にのばしていくことで洗顔をします。

泡を転がすように汚れを浮かせます。あとは丁寧にすすぎ完了です。

週に1度は顔全体を手ぬぐいでごく軽くこすると良いでしょう。

新品の手ぬぐいは使わないこと、洗濯機の使用は避けること、アイロンをあてないことが、手ぬぐいをきれいに使っていくコツです。

高価な洗顔フォームを使わなくても安い石鹸と手ぬぐいだけでできるおすすめの方法です。

石鹸洗顔の注意点

スポンサードリンク

石鹸洗顔はシンプルで美肌効果もあるといわれていますが、どんなことに注意して行ったら良いのでしょうか。

肌の状態によっては石鹸洗顔を中止したほうが良い場合もあります。

肌がつっぱる感触があったり、赤み強くなったり、ひりつく感触かあるという時は気をつけてください。

石鹸で洗顔をすればある程度は肌がつっぱりますが、さらに強くなったときや大きくなったときは気を付けなければなりません。

バリア機能が失われているために、起きていることだからです。

かゆみ、赤み、ひりつきといった症状は、皮膚が刺激を受けすぎているためです。刺激を与え続けると肌の炎症を起こすことがあるので注意が必要です。

石鹸のもつアルカリ性という性質が肌に与える影響は、角質層の状態によってはマイナスに働くことがあるといえます。

肌のさまざまな合図を見逃さずに違和感があったらすぐに石鹸の使用を中止しましょう。

洗顔後はきちんと保湿ケアをして、乳液やクリームをつけて肌を乾燥から守るようにしましょう。

未熟な肌であればあるほど、石鹸洗顔によって刺激を受けやすいといいます。

肌がきちんと育ちきってから石鹸での洗顔をするのがコツで、快適なスキンケアができるでしょう。

石鹸洗顔は自分の肌の状態を毎日しっかりとチェックしながら実践することが大切です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ