ジブリで英語、英会話の勉強をしてはいけない理由とは?

スポンサードリンク

ジブリを使った英語の勉強法が流行っている

スタジオジブリと言えば、誰もが知っている有名な会社です。

映画で言えば、風の谷のナウシカに始まり、もののけ姫や風立ちぬなどどれもが名作と言っても良く、何度観ても飽きが来ない作品が多いです。

何度観ても楽しめる。

そういった観点から、英語や英会話の学習に取り入れる方も多くなっています。

グーグルで「ジブリ 英語 勉強」なんかで検索すると、様々な方が英語学習において、スタジオジブリの作品を使い、成果があったことを報告しています。

スタジオジブリの作品が優れていることに異論はないのですが、英語学習に使うとなると、慎重な検討が必要になります。

なぜなら、自分もスタジオジブリの作品を使って英会話の練習に励んだことがありますが、結局のところ、成果をあげられず、一度は挫折してしまったからです。

ジブリなら楽しみながら英語を勉強できそうだ。

そうお考えの方ほど、英会話の勉強に取り入れるのは慎重になった方が良いです。

そもそも、ジブリのDVDの英語字幕に問題がある

ジブリのDVDを購入したとします。

自分の場合は、天空の城ラピュタを購入しました。

男の子向けの冒険活劇ですね。

でも十分大人でも楽しめるものです。

パズーの声を充てているのは、有名な田中真弓さんです。

さて、英語の勉強ですから、音声を英語に切り替えます。

何度聞いても分からない箇所が出てきますから、字幕を表示させます。

ここで問題が発生します。

字幕と音声が一致していないのです。

これはどういうわけか分かりませんが、そういう仕様になっているのです。

日本で発売されたジブリDVDは、英語字幕と一致していないので、学習向けでないのです。

これを解決するために、ネットサーフィンで調査したところ、北米版のジブリDVDでないと、英語字幕と英語音声が一致しないことが分かりました。

北米版のジブリのDVDの英語字幕で学習しようとしても

スポンサードリンク

ネットサーフィンで得た情報を基に、アメリカのAMAZONのアカウントを取得し、天空の城ラピュタを購入。

さあ、勉強するぞと決意しました。

スタジオジブリ

上記が実際に購入したものです。

さて、DVDプレーヤーに入れて再生しようとすると。

再生できない。

なぜか。

リージョンコードが違うからです。

リージョンコードの説明は割愛しますが、要は、規格がアメリカと日本で違うので、再生できないということです。

リージョンフリーのDVDプレーヤーがあることも分かりましたが、通販で買うのもどうかなあと思いました。

そこで、ブルーレイがセットで付いていたので、パソコンで再生すると、うまく観れたので、パソコン上で勉強することにしました。

ブルーレイは日本とアメリカはリージョンが同じようです。

英語音声を流しつつ、英語字幕で不明なところはチェックする。

この手法で進めていくことにしました。

ジブリのDVDの英語字幕と日本語に訳すと・・・

実際のパズーやシータのセリフは日本語では覚えていたのですが、実際、英語字幕で確認すると、そのまま英訳されたものではないことが分かりました。

つまり、意訳されているということです。

そこで、英語字幕に表示されたものを日本語に訳そうとすると、いまいち訳せないセリフがちらほら出てきます。

それをそのままにしておいて、暗記を図ったところで、頭の中で文章の状況をイメージ化しにくいことから、学習が停滞しがちになりました。

残念なことに、スタジオジブリにはスクリーンプレイシリーズは発売されていません。

もともと日本語の映画ですから仕方ないかもしれませんが。

映画の場合、普段の英語学習で学んでいるよう使いまわしとは違ったフレーズやスラングなど多く出てくるので、スクリーンプレイシリーズのような、文化的な背景まで解説してくれるようなテキストがあれば、学習効率も大変良いのですが、ジブリにはそれがありません。

単語は知っていても、知らない使いまわしがでてくると、うーんと勉強がストップしてしまいます。

念のため、ハウルの動く城、となりのトトロの北米版DVDも購入しましたが、状況は同じでした。

この時点で、ジブリを使った英語学習のモチベーションが落ちてしまったのです。

ジブリのDVDの英語字幕はリーディングに用いる

スタジオジブリシリーズを腐らせておくのはもったいないことから、別の活用方法を考えました。

英会話の王道であるリスニングやスピーキングで使うのではなく、リーディングで使う事を思いついたのです。

リーディングには精読と多読の2種類の勉強法があります。

精読には使い勝手が良くないので、ジブリの北米版DVD多読の教材として使う事にしました。

多読の鉄則として、理解できない箇所があっても、そのまま、後戻りせず、先へ先へと読み進んでいくことが挙げられます。

すなわち、DVDを観ながら、というよりも、英語字幕を多読のために表示しつつ、それを読み込んでいくのです。

巻き戻しは一切しません。

そのためストレスレスで学習できます。

じっくり学習する際には、スクリーンプレイシリーズがある映画を購入して、一つのセリフごとじっくり吟味しながら学習しています。

現在、名作サウンドオブミュージックを使っています。

他にもミセスダウトやバックトゥーザフューチャーも購入済みで早く勉強したいなあと待ち遠しい感じです。

並行して、ジブリの北米版DVDを流しっぱなしにして、英語字幕でリーディングしつつ、総合力をアップさせます。

この学習方法で、英会話のレッスンもかなり楽になりました。

是非やってみていただきたいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ