おまとめローンとは何か、審査は厳しいのか?

スポンサードリンク

おまとめローンとは

おまとめローンというのは、いくつものローンを一括にまとめるローンをいいます。

もう少しわかりやすくいうと、複数のローン会社からいくつかローンを組んでいるとすると、それぞれに返済日が異なってます。

毎回、それぞれ返済する金額をチェックしなければいけませんし、間違えてしまう可能性もあります。

いろいろなローン会社からお金を借りているという場合、それぞれ金利が異なっていたりすると計算が大変です。

低金利のローンと、高金利のローンを並行して返済していくのも、気にかかります。

金利の差が少しであったとしても、返済期間が長くなれば、その分だけ返済する金額が多くなるので、できれば見直しすることをおすすめします。

複数のローン会社からお金を借りている人にとって、返済金額を減らしたり、返済の手間を軽減させることができるのが、おまとめローンです。

不便さを解消する為だけでなく、返済総額を減額できるというメリットから、おまとめローンを利用する人が多いのです。

より利用限度額の大きなローンを利用し、そのお金で、今現在借入中のローンを前倒しで全額返済をしてしまうというものです。

借入れしているローン会社を1つにまとめることができます。

毎月、いつ、どの日にいくら返済をしなければいけないかを確認する必要もなくなりますし、低金利のおまとめローンなら返済総額も減らせます。

おまとめローンというのは、いくつもローンを組んでいる人や、金利が高い会社でローンを組んでしまった人にとって、大変メリットのあるローンとなっています。

おまとめローンを扱っている会社を探す

スポンサードリンク

おまとめローンは、複数のローン会社から借り入れをしている人にとってメリットのあるローンである為、数多くの人が利用しています。

おまとめローンの仕組みについて調べ、利用する人が急増している状況でもあります。

最近は、おまとめローンを扱っている金融会社も多くなり、まずは、金融会社を選ぶところから開始をする必要があります。

数あるおまとめローンの会社から自分に適したところを選ぶためには、おまとめローンの仕組みやメリットを理解した上で、比較検討しなければなりません。

仮におまとめローンの手続きをして、審査をうまくクリアすると、おまとめローンの金融会社から、ローンを行っている金融会社へと、直接返済のために必要なお金が振りこまれています。

中には、借り入れをした本人にお金が渡されて、自分で返済をしに行くという場合もあるようです。

これまで借りていたローン会社の借金が完済され、新たにおまとめローンの申込みした会社だけの借り入れになります。

おまとめローンは、ローンの一本化などとも呼ばれています。

複数のローンを、おまとめローンだけにすることができるわけです。

月に何回も返済があって精神的に追い詰められる状況から開放されるようになります。

そして、おまとめローンが低金利で使うことができれば、完済までに必要な金額を減らすことができるという仕組みです。

おまとめローンを利用する場合には、ローンがひとつになって支払いが簡単になるからだけでなく、金利が安くなることで返済額を減らすことが重要であるため、申込みをする前に、しっかりと金利や返済額について確認するようにしましょう。

おまとめローンの審査

おまとめローンとは何か、審査は厳しいのか?

おまとめローンを利用する為には、まずは、申し込み時の審査に通らないといけません。

おまとめローンの審査は、一般的なローンの審査と比較して厳しい傾向にあるようです。

どうしておまとめローンの審査は厳しいのでしょうか。

おまとめローンを使う必要がある人は、複数のローン融資を受けており、既に返済が厳しくなっている人が多いためです。

多重債務の状態からさらに借り入れをすることになるだけでなく、複数のローンにより借り入れしているものをまとめます。

大口の借入を行うことになるため、自然と審査も難しくなります。

ローンには総量規制という法律があり、年収の3分の1までしか融資をしてはいけないというものです。

ローンを利用する人が、債務過多にならないよう消費者を守るために制定された法律です。

ローンの借り入れが増えて、年収の3分の1以上になってしまった場合には、必然的に審査に落ちてしまうわけです。

金融会社によって審査の基準は異なりますが、大まかな方向性は一致しているようです。

一般的に金利が低めに設定されているローンの場合は、審査は厳しい傾向にあるようです。

とはいえ、金利が高ければ高いほど審査の基準はゆるくなるといった単純な話ではないといいます。

おまとめローンの審査は厳しい場合が多いので、申込みをして無事審査に通った場合には、滞りなく返済するようにして完済を目指していただきたいものです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ