メニエール病の症状、原因、その治療、対応方法について

スポンサードリンク

メニエール病の症状とは

幾度となく、突発的なめまいや難聴に襲われている。

そんな時は、メニエール病の可能性を疑った方がいいでしょう。

メニエール病の名前を聞いたことは多いかもしれませんが、具体的な症状や原因、対応方法については、一体どうなっているかご存知でしょうか。

目まいは、中枢性目まいと末梢性目まいの二つにわかれます。

中枢性目まいは、脳出血や脳梗塞といった脳の病気が原因となって起こるものです。

抹消性目まいは、内耳などといった器官が原因で起こる病気です。

メニエール病は、抹消性目まいに分類されます。

メニエール病のついては、突然起こるクルクルと目が回るような激しい目まいが特徴的です。

これは、長い人では数時間程度続くこともあります。

と同時に難聴や耳の中に何か詰まったような感触。また、耳鳴りなどといった症状も現れることがあります。

この発作を繰り返すのがメニエール病の特徴です。

メニエール病の原因とは

メニエール病は、平衡感覚をつかさどる器官にリンパが増えてむくむことによって起こることが原因です。

それが起こる原因はよくわかっていませんが、性格的に神経質だったり、あとは精神的な疲労、つまり、ストレス、睡眠不足などがメニエール病を悪化させる要因とされています。

目まいが生じた場合は、まず中枢性目まいか末梢性目まいかを判断する必要が出てきます。

目まい以外の症状としては、激しい頭痛、感覚障害を伴うこともあります。

その場合は MRI などといった画像検査が必要となってきます。

メニエール病の診断には、聴力検査や眼振検査なども必要です。

急性期の目まいに対する治療は、目まい止めの注射、点滴、吐き気止めなど投与することもあります。

メニエール病

メニエール病の治療、対応方法とは

治療については、薬が中心となります。

耳がむくむことに対しては、利尿薬を用います。

また、ビタミン剤や循環改善剤なども使います。

難聴が激しいときは、ステロイドを用いることもあるでしょう。

治療によって多くの場合、症状は改善するとされています。

しかし、目まいと難聴の繰り返しがあり、症状が持続、進行し、元に戻らなくなることもあります。

薬による治療で改善しない場合は、手術を行うこともありますが、高度なテクニックが要されることから実施できる病院は限られています。

海外においては、自宅での治療法があるそうですが、日本においてはまだ承認されておりません。

メニエール病の発作を繰り返さないためには、予防・対策が必要となります。

まずは、生活の改善です。

疲労が蓄積したり睡眠が不足したりするようなことはやめて避けたいところです。

また、お酒の深酒も避けましょう。

それから、ストレスを避けることが重要ですが、仕事などしている方はなかなか難しいのが現状でしょう。

精神的なストレスが多い職場で勤めている方は、心理的な治療を専門としている病院に行くことも大事でしょう。

また、適切なエクササイズを行うことで目まいが抑えられ、難聴も改善したという報告もあります。

それから水分を多くとることでメニエール病の発作を抑えられたという報告もあります。

ストレスを減らすのが大事なので、いくつか大事なポイントを挙げたいと思います。

スポンサードリンク

1番目は、早めの帰宅と夕食も早く取ること、早寝早起きといった規則正しい生活を見つけること。

2番目は、仕事や家事など、周囲の評価に対する自分の意識を変えることです。悩み事がある場合はすぐに信頼できる人に相談すること。

3番目は、運動や旅行趣味など自分の時間を持つようにします。日常における適切な運動がとても大事なんでウォーキングやジョギングなどといった有酸素運動することが大事です。

ともあれ、メニエール病かなと思った時は、医師の判断を仰ぐようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ