老齢厚生年金の繰上げ支給とは?

スポンサードリンク

老齢厚生年金にも繰上げ支給は存在する

昭和36年4月に国民年金制度がスタートしたわけですが、受給の開始は65歳でした。

サラリーマンと違って、自営業は定年がないものですから、厚生年金と同じように60歳から支給する必要はあまりなかったのです。

ところが、厚生年金は60歳からもらえるのに、国民年金は65歳からというのは、不公平だとの声に押されて、国民年金も60歳まで繰上げができるようになった。

そして、時は流れて、昭和60年の大改正を経て、平成13年(2000)4月1日から厚生年金も支給開始年齢を65歳まで引き上げる動きになった。

これは、生年月日により、徐々に支給開始年齢を引き上げるもので、年金制度の難所のひとつとなっている。

そして、申し出れば60歳から老齢厚生年金の繰上げ支給が可能となる者も出てくるのである。

スポンサードリンク

何歳から老齢厚生年金はもられるようになるのか

自分が老齢厚生年金をいつからもらえるのか。

また、相談を受けた際に、いつからもらえると回答するには、受給権者の生年月日を見ないことには何とも言えません。

現在も引き上げの途中ですから、特別支給の老齢厚生年金の受給者がいるわけで、これが支給繰上げの理解を難しくしています。

繰上げ支給①

繰上げ支給2

上の図は、厚労省のHPからですが、昭和16年(1941)4月1日以前(女子は昭和21年(1946)4月1日以前)生まれの方は、老齢厚生年金の繰上げ受給はないことが分かります。

特別支給の老齢厚生年金の定額部分、報酬比例部分ともに、60歳から支給になっています。

これが、昭和16年(1941)4月2日以後(女子は昭和21年(1946)4月2日以後)の生まれの方からは、定額部分が1歳ずつ引き上げになりますので、年金額の問題が生じるわけです。

報酬比例部分では少ないと。

そこで、できたのが、定額部分の繰上げです。

特別支給の老齢厚生年金の定額部分から引き上げが始まりますので、引き上げして減額しつつも支給できるようにするわけです。

上の図で言うと、平成6年改正の図ですね。

報酬比例部分は60歳からのままですが、定額部分が徐々に引き上げされています。

下の図で、昭和36年(1961)4月2日以後(女子は昭和41年(1966)4月2日以後)の生まれの方からは、定額部分のみならず、報酬比例部分の引き上げも完了しています。

つまり、原則65歳からしか、年金は受給しない世代に入ってきます。

この世代になりますと、繰上げ支給も、本来65歳から支給すべき老齢厚生年金、老齢基礎年金を繰り上げて受給することになります。

1ヶ月引き上げるごとに、0.5%の減額です。60歳引き上げとなりますと、×60月ですから、30%の減額となります。

年間3割減の年金額をどうとらえるかは個人の判断となりそうですが、その世代が60歳になるころには、定年が65歳まで引き上げがスタンダードとなっているでしょうから、あまり使われないという推測もあります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ