老齢厚生年金の経過的加算部分とは何か分かりやすく解説

スポンサードリンク

老齢厚生年金の経過的加算部分は難解

昔、社労士試験の勉強をしていた時に、いつも分かったようで分からなくなってしまうのが、経過的加算の話です。

国民年金の話なのか、厚生年金保険の話なのか、いつもごちゃまぜになって、混乱していた記憶があります。

これは、順を追って見てみないと分からない部分でもあり、プロの年金相談なんかでもつまづく箇所だと思います(偉そうなことを言ってますが、自分はプロではありません(汗))。

日本年金機構のHPには、年金用語集があるので、開設を見てみましょう。

「60歳以降に受ける特別支給の老齢厚生年金は、定額部分と報酬比例部分を合算して計算します。65歳以降の老齢厚生年金は、それまでの定額部分が老齢基礎年金に、報酬比例部分が老齢厚生年金に相当します。しかし、当分の間は老齢基礎年金の額より定額部分の額のほうが多いため、65歳以降の老齢厚生年金には定額部分から老齢基礎年金を引いた額が加算されます。これを経過的加算といい、65歳以降も60歳からの年金額が保障されることになります。 」

非常にわかりにくい解説ですね。

改行もないので、素人が解説本をそのまま引用したかのようです。

これでは、難解なものは難解なままですね。

老齢厚生年金の経過的加算部分は、どこから発生したのか図を見れば分かりやすい

上記の日本年金機構の説明を読んでもさっぱりですので、まず、図を見て説明しましょう。

経過的加算

上の図は厚生労働省のHPから引用しました。

昭和16年4月1日以前に生まれた人(男性)の場合、60歳から、
「特別支給の老齢厚生年金の定額部分」
「特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分」
を受給できたわけです。

今は引き上げが完了している部分なので、新たに受給者が出てくることはないのですが、説明しやすいところですので、使ってみます。

65歳以降は、図を見ると。
「特別支給の老齢厚生年金の定額部分」→「老齢基礎年金」
「特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分」→「老齢厚生年金」
にそれぞれ移行します。

「特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分」は「老齢厚生年金」へすんなり移行します。

しかし、「特別支給の老齢厚生年金の定額部分」は「老齢基礎年金」へすんなり移行しません。

額で言うと、「特別支給の老齢厚生年金の定額部分」>「老齢基礎年金」となっているからです。

65歳になったとたん、年金額が減るのはいかがなものか。

そこで、差額を経過的加算(差額加算)として支給することになったのです。

「経過的加算」=「特別支給の老齢厚生年金の定額部分」ー「老齢基礎年金」

なお、老齢基礎年金は20歳~60歳の納付月数等で計算しますが、「特別支給の老齢厚生年金の定額部分」は、20歳前のサラリーマン期間(高卒ですぐ働き始めたようなケース)や60歳以降のサラリーマン期間(定年再雇用で就労したようなケース)も含めて計算します。

ですので、人によって結構な金額、年間で数万単位の差額加算になる方もいます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ