ふるさと納税はお得じゃない?やらなきゃ絶対損です!

スポンサードリンク

2015年から大きく変わったふるさと納税

ふるさと納税は、出身地を問わずに、自治体に寄付することで、2,000円を超える場合に、所得税・住民税が控除される制度のことです。

ただ、ふるさと納税制度の存在を知っている方は多くとも、2015年税制改正で大きく変わったことを知っている方はあまり多くないのではないでしょうか。

自治体によっては、高級和牛や海産物など各地域の特産品をゲットすることができます。

ふるさとに貢献できて、さまざまなグルメを楽しめるふるさと納税は、今年からかなり使い勝手が良くなりました。

是非、今年からふるさと納税デビューをすべきです。

FA078

ふるさと納税の5つの特徴とは

ふるさと納税には、以下の5つの特徴があります。

1 生まれ故郷でなくてもOK

2 年収や家族構成により異なりますが、税金が控除される

3 使い道を指定できる

4 複数の自治体から選べる

5 手続きがワンストップ特例制度を用いて楽になっている

よくあるうたい文句としては、自治体への支援が自己負担が2,000円で済んでお礼の品をいただける、といった類のものが多いです。

最近では、大震災の支援にもふるさと納税制度があります。

石巻市の金華サバ堪能セット、いわき産トマト詰め合わせ、陸前高田市の魚介類詰め合わせセットなどが有名です。

その他にも「ふるさとチョイス」というサイトでさまざまな納税先を検索することができます。

2015年から大きく変わったふるさと納税の内容とは

多く分けて二つの改正点があります。

1 2015年1月以降、全額控除される寄付金の上限が住民税の2割程度に。

2 2015年4月以降の確定申告をする、しないを選択できるようになった。

これまでは上限が住民税の1割程度でしたので、2倍お得になったといえます。

また、ワンストップ特例制度によって、使い勝手が良くなり、今後、ふるさと納税制度がひろく普及していくと思われます。

ふるさと納税はワンストップ特例制度によって手続きが楽ちんに

確定申告が面倒でふるさと納税を敬遠していた人も、税制改正によって身近に感じられるようになりました。

具体的には、ふるさと納税のワンストップ特例制度で、寄付した自治体が5か所以下なら、なんと確定申告が不要になるのです。

次の4つを満たしていることが条件となります。

1 2015年4月以降の寄付であること

2 寄付した自治体が5か所以下

3 確定申告不要の会社員であること

4 年収が2,000万円以下であること

かなり条件がゆるいので、サラリーマンの方なら、検討する価値は絶対にあります。

FA0181

ふるさと納税のワンストップ特例制度の仕組み

時系列に追っていくと、ワンストップ特例制度の仕組みがよくわかります。

架空の人物、自治体で説明しましょう。

1 A市に住む花子さんが50,000円をB町に寄付します。

2 B町においては、花子さんから50,000円の寄付があったことをA市に連絡します。

3 A市においては、花子さんは、年間228,000円納めるところ、48,000円分減額することにします。

4 花子さんが勤める会社は、住民税を給与から天引きする際、毎月4,000円(年間48,000円)減額します。

5 結果として、50,000円の寄付に対して、住民税は48,000円減額されます。

6 花子さんは、高級な海産物セットを受けとります。

中にはクレジットカードで決済可能な自治体もあります。

控除額2倍、手続きも簡便化されたふるさと納税です。

ふるさと納税はお得じゃない?やらなきゃ絶対損なんです!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ