夏に大流行する感染症 予防の大事なポイントは?

スポンサードリンク

毎年に夏になると注意しなければならないのは「熱中症」「食中毒」といったところですが、それ以外にもかかりやすい病気があります。

特に子供を中心に流行しますが、大人とて油断できません。

具体的にどんな病気が流行るのか見ていき、また、予防するにはどうしたら良いのか解説します。

JU019_72A

手足口病

手足口病は、「てあしくちびょう」と読みます。

エンテロウイルス等によって引き起こされる病気で、主な症状は、発熱、食欲不振、下痢、嘔吐などです。

病名の通り、手、脚、口に発疹(水疱)が見られます。

1週間程度で収まりますが、まれに重症化します。

初期症状では口内に痛みを感じるだけですが、1,2日で発疹が出てきます。

新生児がかかると重症化しやすいので注意が必要です。

ヘルパンギーナ

主にA群コクサッキーウイルスが原因で起こります。

症状は、38度もの高熱、のどが真っ赤になり、奥に水疱が数十個もできる場合があり、のどが非常に痛むのが特徴的です。

食欲が低下したり、嘔吐もあります。

2~4日が回復しますが、まれに心筋炎といった合併症を生じることもあります。

とびひ(伝染性膿痂疹)

とびひはかゆみを伴う水疱が特徴的な病気です。

2、3日で水疱は大きくなり、なかから汁がでてただれた状態に陥ります。

この汁がくせもので、離れた部位の皮膚に付着することでつぎつぎと感染していきます。

これが「とびひ」すわわち「飛び火」と呼ばれる所以です。

汗をかきやすく最近も増加しやすい夏に多く見られ、虫刺されをかき壊したところに、「黄色ブドウ球菌」が入り込んで発症します。

お風呂はシャワーだけにして、水疱を刺激しないよう泡立てた石鹸などで洗い流します。

皮膚を清潔に保たなくてはならず、プールに入ると悪化したり、他の人に感染する恐れがあるので注意です。

プール熱(咽頭結膜炎)

アデノウイルスというウイルスに完成して発症します。

プールで感染することが多いことからプール熱と呼ばれます。

しかしながら、プール以外の普段の生活でも感染します。

症状は、高熱、のどの痛み、結膜炎が出ます。

リンパ節が腫れることもありますが、1週間程度で症状は治まります。

溶連菌感染症

溶連菌はようれんきんと読みます。

「A群溶血性連鎖球菌」と呼ばれる細菌が引き起こす病気です。

主に咽頭部に感染し、咽頭炎や扁桃炎を引き起こします。

特殊な病型として、猩紅熱(しょうこうねつ)を引き起こし、ベロにイチゴのつぶつぶのようなイチゴ舌が見られることもあります。

症状が治まっても、「急性糸球体腎炎」や「リウマチ熱」など合併することがあり、注意が必要です。

無菌性髄膜炎

ウイルス性髄膜炎のことです。

髄膜炎は、脳や脊髄をつつむ髄膜が炎症を起こす病気で、このうち髄膜の中に細菌が認められるものを「細菌性髄膜炎」、認められない場合を「無菌性髄膜炎」と言います。

主な症状は、発熱、頭痛、嘔吐です。

脱水症状からの衰弱を起こしやすく、入院治療もおこなわれます。

85%近くが、「エンテロウイルス」による感染が原因であることから、手足口病やヘルパンギーナに合併することもあります。

治療方法と注意点

ウイルスによる感染症のほとんどには、病気そのものをなおす特効薬は存在しません。

脱水症状に対しては点滴、高熱には解熱剤、目の炎症には目薬といったように対症療法が中心となります。

合併症がない場合、多くは自然に治癒することから部屋を涼しくして安静にしておくことが大事です。

そして、こまめの水分補給です。

大抵の場合、のどの痛みなどで食欲がなくなりますが、食事がとりやすいよう柔らかく薄味にするなどの工夫をします。

感染症 予防の大事なポイントは?

これらの感染症は、咳やくしゃみの飛沫、排泄物を触った手などから感染します。

暑さで体力を消耗していると、感染症にかかりやすくなります。

日頃から十分な睡眠、栄養バランスの取れた食事、適度な運動をこころがけ免疫力を高めることが大事です。

以下に大事なポイントを上げます。

〇食事の前、トイレに入った後、外出先から帰宅した場合、流水とせっけんで手をしっかり洗うこと

〇こまめにうがいを行う。

〇タオルの共用は避け、洗濯物は良く乾かす。

〇プールの前後は、体をシャワーで洗い流し、目の洗浄もしっかり行う。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ